9/3は『グミの日』

本日の一品
スポンサーリンク

9/3は『グミの日』

『グミ』の美味しさ、素晴らしさを多くの人に知ってもらうのが目的にUHA味覚糖が制定しました。

日付は『グ(9)ミ(3)』の語呂合わせから。

スポンサーリンク

グミの歴史

ドイツでは強く噛む必要のある食べ物が少なくなり、歯に関する病気にかかる子供が増えていました。そのため硬い菓子を作ることで子供の噛む力を強くし、歯にかかわる病気を防ごうと作られました。1920年ボンのハンス・リーゲルが果汁をゼラチンで固め、コーンスターチをまぶして作り、ハリボー社を設立して販売しました。ドイツの土産として有名ですが、最近では日本国内のバラエティストアやコンビニエンスストアでも売られています。カッチェスやトローリなども有名。日本のグミになれている私たちには驚くほど固く、まさにゴムのような食感ですね。

グミ発祥の理由は、健康上の理由からなんですね。特に、ハリボーのあの固い食感はそれを如実に表していますね。

日本での登場

日本では1980年に明治製菓が発売した「コーラアップ」が初の製品です。子供向けの菓子として知られていましたが、1988年に同じく明治製菓が発売した「果汁グミ」が女子中高生を中心にヒットし、市場が大きく拡大しました。このころ、明治製菓は将来の需要増を見込んで大幅な生産ライン拡大をしたため、一時はグミに関する商品企画ならどんなものでも通ると言われ、ひもグミなどの珍奇な商品も現れました。

ひもグミは、子供の頃どこで噛み切るのか悩みながら食べた覚えがあります笑

外国製と日本製のグミの違い

外国製のグミは歯ごたえのある食品を作るという当初の目的を満たすため、ゼラチンを30〜40%含み硬い食感を持つものが多い。対して、日本製のものは必ずしも上記の様な目的を持たないので一般的にゼラチン分は20~30%で全体的に柔らかめの製品が多いが、ゼラチンはその成分の大半がコラーゲンであるので、女性にアピールするためにコラーゲン(ゼラチン)の量を多くした製品も増えてきています。果汁グミには、1袋 (54g) あたり3g前後のコラーゲン(ゼラチン)が含まれており、「グミにはコラーゲンがいっぱい」とパッケージに謳われています。

柔らかい食べ物が増えた現代だからこそ、日本も固いグミが必要かもしれませんね

良く噛むことの健康効果

よく噛む習慣を、付けることで身体に良い様々なことがあります。合言葉は…

ひみこの歯がいーぜ

ひ:肥満予防
これはよく知られていることですが、よく噛むことによって脳にある満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防いでくれます。だいたい食べ始めて約30分くらいで脳の満腹中枢が作用し、食欲を抑えてくれると言われています。よく噛んでゆっくりと食べることにより、肥満や、糖尿病、高脂血症などの予防にもつながっていきます。

み:味覚の発達
よく噛んで食べると、味細胞が刺激され、食べ物の素材の味がよくわかるようになります。

こ:言葉の発音がはっきり
成長期によく噛んで食べることにより、お口の周囲の筋肉が鍛えられ、顎の発達が良くなって歯並びが良くなる効果が期待できます。歯並びが良いか悪いかで滑舌にも大きく関わってきます。大人の場合でも、よく噛むことによって噛む筋肉、表情筋が鍛えられ、表情が豊かになり、発音が良くなる効果が期待できます。

の:脳の発達
噛む刺激というのは、すぐ近くにある脳に伝わりやすく、よく噛むことが脳細胞を刺激し、脳の血流もよくすることで、脳を活性化することがわかっています。子供の場合は学力の向上、高齢者の場合には認知症予防効果を期待できます。

歯:歯の病気予防
よく噛むと、唾液腺が刺激されて唾液がたくさん出るようになります。唾液は消化酵素としての働きだけではなく、お口の中を洗い流す自浄作用、酸を中和する緩衝作用、細菌と戦う抗菌作用、酸に溶かされた歯を修復する再石灰化作用などの働きを持っています。このような働きにより、虫歯や歯周病を歯から守ってくれています。

が:がん予防
唾液には様々な酵素が含まれており、例えば、ペルオキシターゼという酵素は、発がん物質の発がん作用を消してくれる働きも持っています。噛むことによって、唾液がたくさん出るので、このような働きが盛んに行われるようになります。

いー:胃腸の働きを促進
よく噛むと、唾液がたくさん出て、唾液に含まれるアミラーゼ、マルターゼ、リパーゼなどの酵素によって消化が行われ、胃腸の消化を助けてくれます。

ぜ:全身の体力増進と全力投球
人は力を出す時、歯を食いしばって力が最大限に発揮されます。また、しっかりと噛み合わせができないと、体の平衡バランスも悪くなり、転倒しやすくなることもわかっています。このように、噛み合わせは運動能力に大きく関わっています。

スポンサーリンク

まとめ

小腹を満たしてくれるのはもちろんですが、最近のゴージャスな味のグミは、甘酸っぱく後引く美味しさですね。

それだけでなく、よく「噛む」ことは、上記の効用の他にも、骨盤の発育促進、脊柱を正しく保ってくれる働き、顎関節症の予防、情緒の安定、頭痛や肩こり、腰痛などの予防、視力改善などにも効果があると言われています。つまり、よく噛むことは、歯の健康、美容、体の機能など、体全体の改善につながってくると言えます。

食べておいしく、健康に。食べることが大好き人間からは理想的ですね

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました