9/12は『秋のメープルもみじの日』|もみじ饅頭だけじゃない!?広島名物もみじにまつわる新名物【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

9/12は『秋のメープルもみじの日』

5月26日の「メープルもみじの日」と同様に、秋にも『メープルもみじ』シリーズの販促と、広島県がもみじの名所であることを国内外に発信することが目的にサンエールが制定しました。

日付は、1966年9月12日に広島県の県の木がモミジに決定したことから。

広島といえば、もみじ饅頭が有名ですね。そして、もみじ饅頭といえば日本三景にも数えられる厳島が発祥の地とされています。

そんな紅葉に縁のある広島で、紅葉を模った洋菓子として登場したのが、このメープルもみじシリーズです。

モンドコレクション最高金賞にも選ばれたこの商品。本日はメープルもみじに焦点を当て、記事をお届けします。

スポンサーリンク

メープルもみじとは?

メープルもみじフィナンシェは広島県のお菓子です。

「もみじの国広島 楓乃樹」から発売されている、メープルもみじスィーツのシリーズの一品。

他にも、「メープルもみじチョコレート」や「メープルもみじラングドシャ」、「メープルもみじバームクーヘン」などのメープルシリーズのお菓子があります。

広島県を代表する銘菓に「紅葉饅頭」がありますが、紅葉饅頭の見た目はそのままに和菓子から洋菓子へ、紅葉を模ったフィナンシとして登場したのがこのお菓子です。

砂糖楓の樹液からつくられるメープルシュガーを使用しており、さっくりとした食感が特徴です。

早速、食べてみました

個包装されている袋を破るとメープルの香りで、それだけでも幸せになれます。

そして、とてもさっくりとした食感。驚くほどにさっくりとしています。

それでいて、全くもさもさしていないので、食べやすくて美味です。
さっくりとしたフィナンシェには、メープルの香りと風味が。
フィナンシェのアーモンドパウダーの香ばしさも美味しさを誘います。

これは、ぜひ他のシリーズも食べてみたいと思いました。

スポンサーリンク

メープルもみじのこだわり

独自製法、温度管理の遵守。焼き菓子の魅力の一つである香ばしさを出す為、しっかりと焼成しています。

メープルシロップはカナダ・ケベック州の100%PureMapleを使用しています。メープルシロップは他の甘味料に比べてビタミン・ミネラルが豊富で63種類のポリフェノールが入っている。加熱しても栄養を損なわない。

そんな原生林が生み出す天然の栄養を使った風味豊かなメープルもみじフィナンシェです。

まとめ

紅葉饅頭の緑茶にぴったしな甘さも良いですが、洋菓子の香り豊かな甘みも良いですよね。

中々、遠出し辛い状況ではありますが、お取り寄せグルメで少しでも旅行気分を味わうのは如何でしょうか。

メープルもみじフィナンシェ8個入り[楓乃樹]|ぐるすぐり
2015、2016、2017年モンドセレクション3年連続金賞受賞しました、楓乃樹の代表作「メープルもみじフィナンシェ」。 外はさくっと、中はしっとりとした食感に、メープルのふんわりした甘さ、アーモンドパウダーの香ばしさが広がります。 楓乃樹のメープルは、カナダ・ケベック州産を100%使用しています。 □オーブント...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました