8/6は『ハムの日』

本日の一品
スポンサーリンク

8/6は『ハムの日』

日本ハム・ソーセージ工業組合が制定しました。

ただし、この日が『広島原爆記念日(原爆忌)』でもあるため、イベントや大きな行事などは開催されていません。

日付は『ハ(8)ム(6)』の語呂合わせから。

本日はそんなハムに焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

一言にハムと言っても種類様々

ハムは豚肉・猪肉のもも肉を塊のまま塩漬けした加工食品です。または、その類似品です。

英語のhamとは元々は「豚のもも肉」の意味ですが、「豚のもも肉を塩漬けにした加工食品」を指す場合が多いです。

さらにアメリカや日本においては豚のもも肉以外を用いた加工食品を指すことがしばしばあります。

ハムは豚もも肉を塩漬けにしたものという緩い定義であるため、その範疇に含まれる加工食品も多く、種類や分類法もさまざまです。

豚肉を燻煙・湯煮した製品としては、骨付きもも肉をそのまま使った「骨付きハム」、骨を抜いたもも肉を用いた「ボンレスハム」があります。

塩漬けまでの工程は共通しているが、その後の加熱や煮沸などの処理を行うものと行わないものがあります。

行わないものを日本では生ハムと称することが多いですが、逆に生ハムが一般的なスペインでは生でないハムをハモン・デ・ヨルク(ヨークハム)やハモン・コシート(煮ハム)と称して区別します。

生ハムのうちでも、燻製はするが加熱しないもの(ラックスハム)、塩漬け・乾燥のみで燻製しないもの(プロシェットやハモン・セラーノなど)に分れます・

また、塩漬けの際には追加する香辛料に地域差があり、燻製を行うものは地域によって用いる木材の種類が異なるため、それによる風味の違いも大きく、産地別に名前が付く場合も多いです。

シュバルツヴェルダー・シンケン(black forest ham)などは模倣品を含め広く知られている。中国で生産される「金華火腿」(ジンホアフオトェイ、金華ハム)などの中国ハム(火腿; huǒtuǐ、フオトェイ)も産地名で区別されるハムの一つである。中国ハムは特にカビによる風味の変化があることが特徴です。

次に日本で一般的なハムの特徴をご紹介

■ロースハム
豚のロース肉を、塩漬け・燻製・加熱したハム。

サンドウィッチに使ったり、一番身近なハムかもしれませんね。

■ボンレスハム
豚のもも肉から骨を抜いて、塩漬け・燻製・加熱したハム。ボン(骨)レス(なし)という意味。

こちらも日本で主流のハムですね。ロースハムとの違いは原料となる肉の部位。

ロースハムはその名の通り豚ロース。ボンレスハムは豚モモ肉が主流です。

■生ハム
豚の肩肉、ロース肉、もも肉を、塩漬け・燻製・乾燥させたハム。

■ショルダーハム
豚の肩肉を、塩漬け・燻製・加熱したハム。

■骨付きハム
豚のもも肉を骨付きのまま整形して、塩漬け・乾燥・燻製したハム。

■ベーコン
豚のバラ肉を整形して、塩漬け後に長時間燻製。ハムは燻製のあとにボイルやスチームで加熱するが、ベーコンは燻製のみなので、その分香ばしい。

ベーコンのカリッと感は、ハムとの工程の違いからだったんですね。

■パストラミ
牛肉を塩漬け・乾燥・燻製したもの。燻製後にニンニクや胡椒、パプリカなどの香辛料をまぶすのが一般的。

加工工程でスパイスを使用するため、単体でもしっかり味がついていますね。

サンドウィッチでもサラダでも相性抜群です♪

■ソーセージ
豚肉や牛肉、鶏肉をミンチにして腸詰し、燻製・加熱。太さ20mm未満のケーシングに詰めるとウインナーソーセージ、20mm~36mm未満でフランクフルトソーセージ、36mm以上でボロニアソーセージに分類。

日本で一般的にイメージされるハムとは違いますが。

個人的に神奈川県・宮ヶ瀬湖近くにある服部牧場で食べたフランクフルトが絶品だった思い出です。

パンからはみ出る特大のソーセージは一般的なスーパーで売られるものよりジューシーで食べ応えあります。

服部牧場|牧場のご案内
服部牧場よりご挨拶 服部牧場は昭和44年(1969年)、乳牛中心の農場として開場し、51年から3年かけて近代牧…

ハムを美味しく食べよう

このように種類がたくさんあるハムですが、最後にハムを使ったレシピをご紹介します。

個人的にはサンドウィッチに使うことの多いハム。

ハムの塩気とスクランブルエッグに隠し味として使われている蜂蜜が絶妙にマッチした逸品です。

15分で完成!ハム & エッグ マフィン

材料

イングリッシュマフィン 4個

卵 4個

牛乳 大さじ4

蜂蜜 小さじ4

胡瓜 1/2本

トマト 1個

ハム 8枚

マヨネーズ 適量

バター / マヨネーズ *スクランブルエッグ用 適量

作り方

1.マフィンを半分にスライスする。

2.マフィンの表裏両面がカリッとするまでフライパンで焼く。油は不要。

3.胡瓜、トマト、ハムをスライスする。

4.溶き卵に牛乳と蜂蜜を加えてよく混ぜる。

5.フライパンにバターかマヨネーズを溶かし、スクランブルエッグを作る。

6.トーストしたマフィンにスクランブルエッグを乗せる。

7.胡瓜を乗せる。

8.トマトを乗せる。

9.マヨネーズをかける。

10.ハムを乗せる。

11.もう一枚のマフィンを被せて出来上がり!

15分で完成!ハム & エッグ マフィン by n_u
忙しい朝にピッタリな簡単&美味しいマフィンです。フライパンを使うので、ポロポロと落ちるコーングリッツも気になりません。
スポンサーリンク

まとめ

意外と種類の多い?ハムの特集でした。

本文でも書きましたが、個人的にはサンドウィッチやフランクフルトの印象がとても強いです。

加工品ゆえに、その加工の仕方によって味も千差万別。

色々と食べ比べしてみたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました