8/21は『おいしいバターの日』 

本日の一品
スポンサーリンク

8/21は『おいしいバターの日』

日本でいちばんバターの取り扱い種類が多い小売店として、おいしいバターをより多くの人に使ってもらうのが目的に富澤商店とが制定しました。

日付は1877年(明治10年)8月21日に東京・上野公園で開かれた第1回内国勧業博覧会でバターを作るための機器が出品され、バターの存在を多くの人が知るきっかけとなったことから。

というわけで、本日のテーマはお菓子作りに欠かすことのできないバターです。日本だと中々バターって高級感がありますが、バターの芳醇な香りのするクッキーとか堪らないですよね。そんな甘美な魅力を持つバターに焦点を当て、記事をお届けします。

スポンサーリンク

バターの歴史

世界中で親しまれているバターですが、そのルーツはさだかではありません。古いものでは、紀元前4千年のイスラエルの遺跡から、バターを作るための道具と推定される土器が出土しています。また、大英博物館に収蔵されている、メソポタミア文明のシュメール人の神殿跡から発掘された装飾版には、土器製のチャーンでバター作りをしていると思われる様子が描かれています。これらがバターを想像させる最古の記録といえます。

さらに時代はくだって紀元前5世紀。ギリシャ時代の歴史家ヘロドトスが著した「歴史」には、黒海北岸(今の南ウクライナ)に住む遊牧騎馬民族スキタイ人に関し「彼らは馬の乳を流し込んだ木桶を、まわりに並ばせた奴隷たちにゆすらせ、上にたまった部分をすくいとってこれを上質のものとした」といった内容が記されています。これがバターではないかと想像されます。

日本におけるバターの始まりもはっきりしません。飛鳥時代に伝わった乳文化は貴族たちの間に広まりましたが、その頃に牛乳を煮つめたりして加工されていたものが、バターや練乳、あるいはチーズに近いものだったのではとの諸説があります。いずれにせよ、武士の時代になると乳文化はすっかり途絶えてしまいます。

今のようなバターが登場するのは明治時代に入ってから。米国から日本に農業指導にやってきたエドウィン・ダンの指導により、バターをはじめとする乳加工品が作られました。明治10年に上野公園で開かれた内国勧業博覧会にも、チーズとともに出品されています。バターは西洋風食品のシンボル?というわけか、西洋っぽいことを指す「バタくさい」という言葉も生まれました。最近ではあまり使いませんね。

というわけで、バターの歴史に関して、その発祥は詳しく分かってはいません。逆にいえば、記録を確認できないほどの昔から、人々にとって上質なタンパク源として重宝されていたということでもあります。逆に、個人的に意外だったのは、一度途切れたとはいえ日本でも独自にバターに似た文化があったことです。食文化と宗教的な考えのつながりもとても興味深いものではありますが、日本の場合、それによって衰退した要素も多いところですね。

おうちで簡単・手作りバター

バター作りに必要な材料はたった2つ、生クリームと塩だけです。塩の量は生クリーム100mlに対して1gが目安で、無塩バターを作る場合には不要です。あとは、空のペットボトルと、はさみを用意します。

バターを作る上でもっとも重要なのは生クリームの選び方です。生クリームには植物性と動物性の2種類があり、クリームに含まれる乳脂肪分もメーカーごとに違います。バターを作ることができる生クリームの条件は以下の3つです。

  • 動物性のもの
  • 乳脂肪分が高い物(35%以上。できれば40%以上のものが望ましい)
  • 乳化剤や安定剤が入っていないもの(乳化剤が入った物だとかなり時間がかかる)

生クリームは冷たい方が早く固まり、バターを作る時間を短縮できます。最低でも1時間以上、使う直前まで冷蔵庫でしっかりと冷やしておいてください。

では、早速バターの作り方を説明します。

1.ペットボトルに生クリームを注ぎ入れ、ひたすら振ってください

以上‼︎

とても簡単ですが、本当にこれがけで作ることができます。製法の理屈自体は、上記のバターの歴史でもご紹介した古典的なものと一緒ですね。

もう少し詳しく解説すると、振っていくうちに段々と生クリームが固まり始め、「バシャッ」という音がして液体と固体部分に分離します。それからももう少し振り続け、完全に分離したら、液体部分だけをペットボトルの口から取り除けば、残った固形物が俗にいう無塩バターです。

残った液体はというと、こちらはホエーというものになります。もしかすると、聞いたことのある方もいるかもしれませんね。こちらも水溶性のたんぱく質や、ミネラル、ビタミンなどの栄養がたっぷり含まれているので、捨てずに飲んでしまうのがおすすめです。味も薄い牛乳といった感じで、美味しく飲めるかと思います。

スポンサーリンク

バターの栄養価

バターというとカロリーが高く、太りそうというイメージがありませんか。もちろん、摂り過ぎないに越したことはありません。ただ、バター1食分約10gのコレステロール量は鶏卵1個の約1/10と意外と控えめです。そして、それ以上に特筆すべき良い点がバターにはあります。

アンチエイジング効果があり

バターにはビタミンAが豊富に含まれています。なんとその量は牛乳の13倍!実はこのビタミンA、抗酸化作用という細胞の老化を防ぐ効果を持っているため、肌などの新陳代謝を促進し、若々しさを保つことに一役買ってくれます。

また、ビタミンAは目にいい、という話を聞いたことはありませんか。パソコンやスマホを眺める時間が多く、目が疲れ気味という人にもバターはオススメなのです。

丈夫な骨を作る成分も

原料が乳脂肪分であるバターには、もちろんカルシウムが豊富に含まれています。しかし、カルシウムはそれ単体では体に吸収されません。ビタミンDがカルシウムの吸収を促進してくれるのですが、実はバターはこのビタミンDも同時に摂取できるという優れものなのです。

カルシウムは成長期はもちろん、大人になってからは骨密度を維持する際に欠かせない栄養素です。カルシウムの働きを助けるビタミンDを同時摂取できるのは嬉しいですね。

整腸作用もあります

便秘に悩む女性は多いですよね。便秘はお腹の不調だけでなく、肌のコンディションなどにも影響してしまうため、美容にも悪影響です。そんな時にもバターが活躍してくれます。バターには乳酸菌が豊富に含まれているため、腸内環境を整えてくれるのです。

また、ピロリ菌を減らす効果もあるとの研究結果もあるため、腸だけではなく胃も健康にする効果が期待できます。

肩こりや冷え性にも効果的

ビタミンA、ビタミンDなどバターにはビタミン群が豊富に含まれています。中でも血行を促進し、血行不良を予防してくれるビタミンEが含まれていることで、肩こりや冷え性を予防してくれる効果も期待できるのです。

もちろん、それらの改善には体を温めてストレッチなどでよくほぐすなどといった行動も大切ですが、内側からも対策したい!という場合は普段の料理にバターを使ってみるのもオススメです。

まとめ

甘党な僕としては、お世話になる機会の多いバターの特集でした。カロリー高いイメージでしたが、コレステロールは意外と低いしこれからも安心して食べられますね()

嘘です、摂り過ぎはもちろん禁物ですよ‼︎

手作りバターも本当に簡単で、小さいお子さんのいるご家庭でしたら夏休みの課題とかにも良いかもしれません。簡単、かつ出来上がっていく様子がとても面白かったので、是非お試しくださいませ。

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました