8/15は『すいとんで平和を学ぶ日』

本日の一品
スポンサーリンク

8/15は『すいとんで平和を学ぶ日』

すいとんの会が制定しました。

戦時の代用食とされた『すいとん』を食べながら子どもたちに戦争や原爆の愚かさや悲惨さについて語り、食糧難のことなどを話して平和の尊さを伝えるのが目的です。

日付は現在まで続く平和の始まりの日でもある1945年(昭和20年)

8月15日の終戦記念日は、平和を学ぶのにふさわしい日との思いから。

ということで、本日はすいとんに焦点を当て記事をお届けします。

すいとんといえば、そのもちもちの食感でお鍋やスープに入っているとそれだけでも割とお腹一杯になりますね。

個人的には、最近セブンイレブンで販売されていた、「野菜ときのこのもっちりすいとん」という商品が美味しかったです。野菜の旨味たっぷりのスープが少しとろみもついていて、すいとんとの相性抜群。小さめのスープですが、これだけで小腹を満たすのにはぴったりでした。

野菜ときのこのもっちりすいとん

販売エリアが限られていますが、お近かくの方は是非一度お試しあれ♪

スポンサーリンク

すいとんの歴史

というわけで、まずはすいとんの歴史に迫ります。

もちもち食感のすいとんですが、よく考えてみたらどこの地域の食べ物で、どのくらいの歴史があるか全然知りませんでした。まずは、その生い立ちを見てみましょう。

意外と歴史の長いすいとん

すいとんの歴史は長く、室町時代の書物に「水団」の字が見られます。また、資料上のすいとんの調理法は移り変わりが激しく、今日のような手びねりした小麦粉の形式が出現したのは江戸時代後期のことです。

すいとんは一般的には小麦粉で作られますが、本来は粉物を水で練り、団子にして水(汁)に入れたものという意味のため、小麦粉だけでなく雑穀の粉で作られる場合もあります。

すいとんという呼び名は全国的なものですが、料理としては中に入れる具材、出汁が地域ごとに特色があり、料理法も地域ごとに異なるため、厳密には地域によってそれぞれ異なる郷土料理であり、「ひっつみ」、「みみ」、「ちぎり」、「はっと」、「つめり」、「とってなげ」、「おだんす」など様々な名で呼ばれています。

これまでは戦中・戦後の苦難の時代で食され、美味しくないものというイメージがありますが、最近では各地の郷土料理として多くの人に親しまれています。

岩手県の郷土料理・ひっつみも今は全国的に有名ですね。僕はそれ以外のご当地名に関しては知りませんでしたが、皆様はいくつ知っていたげでょうか。

次は、すいとんの各地でのご当地料理としての姿・生い立ちを見ていきましょう。

各地に根付いたすいとん料理

ひっつみ 「ちぎって鍋へ入れる」おふくろの味

まずは、岩手県の郷土料理ひっつみから

ひっつみは農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた岩手県の郷土料理です。

小麦粉をこねて薄く伸ばしたものを手でちぎり、お鍋の中で季節の野菜とともにだしで煮込む料理です。具やだしは季節によって様々であり、川魚や川のカニ、鶏肉、きのこなどを用います。

名の由来は、「手で引きちぎる」事を方言で「ひっつむ」と言うことから名付けられました。「ひっつみ」は、地域によって「とってなげ」、「はっと」、「きりばっと」とも呼ばれます。

なめらかで喉越しの良いひっつみは、老若男女の身も心もあたためてくれる岩手県ふるさとの味です。

みみ 来福を願うハレの日の郷土料理

「みみ」は人参、里芋、大根等の根菜や南瓜などを鍋で煮込み、小麦粉を練って作った「みみ」を入れて味噌で仕上げた郷土料理です。名前は、形が農具の箕(み)に似ているところから、「福をすくいとる」という意味を込めて福箕(ふくみ)となり、これが転じて「みみ」になったという説や、形が耳に似ていることから「みみ」と呼ばれるようになったという説など様々です。

農具のみみ

「みみ」は、南アルプスの秘境十谷で源氏の武将が作って食し、戦勝を祝ったという故事から、この地域の祝いの日の代表的な食事として伝えられており、特に元旦の朝にその年の福を全部すくうという縁起を担いで食べる地域もあるそうです。

そんな十谷地域のある富士川町にはみみ作り体験ができる「つくたべかん」があります。人気コミック「美味しんぼ」で紹介されたこともあり、地元の女性たちによる手作りの特産品を求め、観光シーズンには県内外から多くの人で賑わいます。

はっと バリエーション多彩な宮城の郷土料理

小麦粉に水を加え,耳たぶ程度のかたさになるまでよく練り,適当な時間(季節により異なります)寝かせます。そして,その熟成した生地を,指で薄~く延ばしながら醤油仕立ての汁に入れ茹であげます。
また,お湯で茹でて,あずき,ずんだ,ジュウネン(エゴマ)などに絡めたりもします。
ツルツル,シコシコの食感がやみつきになる郷土料理,それが「はっと」です。

「はっと汁」の出汁や具材は,宮城県登米地方の中でも地域や家庭によりさまざま。季節の野菜やきのこ類,鰹節,煮干し,鶏,豚など,代々母から子へ受け継がれた家庭の味です。
具の中で,地域を二分するのが油麩と油揚げの存在。よい出汁がとれるこの二つの食材は,まさに東西の横綱です。
特に油麩は,小麦からとれるグルテンが主原料。今では全国でも珍しい食材となったこの油麩が,登米地方で今なお食され続けているのは,同じ小麦の「はっと」文化にも関係ありそうです。

宮城県登米といえば,今も昔も県内有数の米どころですが,お米を満足に食べられなかった昔は,この地方でも畑に小麦などの雑穀を栽培し,飢えをしのいでいました。
「はっと」文化は,ここから生まれたのです。はじめは米の代用食,でもより美味しく食べたい,そんな人々の願いのもと,今の美味しい料理へと工夫されていったのです。
登米町史には,七月七日(旧暦)の七夕に「晴れのご馳走」として,「はっと」を食したとの記述もあります。

このように、各地ですいとんはそのご当地毎の名前を持ちつつ、地域の文化にしっかりと根付いています。代用食としての側面も持ちつつ、地域によってはハレの日の食べ物としての一面も。もちもち食感でしっかりお腹に溜まるすいとんにはこんな歴史や側面があったのですね。

スポンサーリンク

すいとんを美味しく食べよう

最後に個人的におすすめなすいとんのレシピを紹介します。すいとんの入ったスープは具沢山で少しとろみがあるとしっかりすいとんにスープが絡んで美味しいですよね。

簡単美味しい!すいとん汁

材料

■ (すいとんのタネ)

薄力粉 150g

水 150cc

■ (スープ)

大根 太めで10cm

にんじん 小1本

ゴボウ 1/2

本豚コマ 200g

エノキ 小1袋

白ネギ 1/2本

細ネギ 少々

■ (調味料)

塩 小さじ1

酒 大さじ2

みりん 大さじ1

しょう油 小さじ1

ほんだし 小さじ1

作り方

1.薄力粉に水を入れてねり、すいとんのもとを作っておきます。しばらく時間をおくことでもっちりしたすいとんになります。

2.大根はいちょう切り、にんじんは斜め薄切りにします。ゴボウはささがきに切って水にはなしておきます。

3.お鍋に水1000ccと2を入れて一煮立ちしたら、食べやすく切った豚コマを入れて煮立たせます。アクを取っておきます。

4.③の煮立たせた鍋に1で作ったすいとんを入れます。カレースプーンでタネをすくい、左の人差し指で鍋の中に落としていきます。

5.④を繰り返し、約12、13個のすいとんを鍋に落としていきます。落とす場所が重ならないように。

6.⑤の鍋が沸いてきて、すいとんが煮えてきたら味付けします。塩、酒、みりん、しょう油、ほんだし顆粒を入れます。

7.最後に、根元を切り、二等分にきったエノキ、斜め薄切りにした白ネギを入れて一煮立ちさせたら出来上がり。

簡単にこれだけでも十分満腹感のある、すいとん汁ができました。

夏の冷房で冷えがちな身体に、ぽかぽかすいとん汁はいかがでしょうか。

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました