7/29は白だしの日

本日の一品
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。

とりてんと申します。

当ブログでは、『食』についてより深く知り、

日々の生活をより豊かにする情報の発信を目指していきます。

7/29は白だしの人

白しょうゆに『だし』を加えた調味料を日本で初めて開発し、1978年から販売している『白だし』をPRするのが目的に七福醸造が制定しました。

日付は社名である『ひち(7)ふ(2)く(9)』の語呂合わせから。

簡単に出汁の味を効かせたお料理を作れる白だし。

本日は白だしに焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

白だしの歴史

白醤油や淡口醤油に、昆布や鰹節、椎茸などから取った出汁、みりん、天日塩などを加えたもので、濃縮のめんつゆやしらつゆと同じように料理に応じて適宜希釈して使用するものです。

主に煮物や吸い物などの和食などを作る際に用いられますが、和食以外にも洋食や中華料理にも応用することができます。

白だしを用いると濃口醤油の含まれた濃縮めんつゆを用いた場合よりも素材の色を損なわずに料理を仕上げることができます。

高級料亭をはじめ、プロの料理人に重宝されているが、近年は一般家庭でも利用されています。

愛知県碧南市の七福酒造が、1978年に白醤油にだし汁をいれた調味料に白だしという名をつけて発売しました。

2010年代現在では同社以外にも多くのメーカーから発売されていますが、白醤油にだし汁をいれた調味料の発祥および開発は、白醤油をはじめて商品化した、愛知県碧南市ヤマシン醸造よって、1971年にしらつゆという商品名で発売されています。

白だしの用途

白だし一本で味が決まる万能調味料の為、様々な用途で使うことができます。

お吸い物、うどんのかけつゆ・煮物・鍋物なんでもありです。

そんな白だしですが、どんな場面で使われるのでしょうか。

①「だし」の効いた料理を手早く作れるから。

薄めるだけでしっかりと味が決まるので、味付けに失敗なし。

毎日の料理に、とても便利に使えます。

②これ1本で味が決まるから

汁物やつゆが、おいしく作れるから。

ほかの調味料を入れなくてもいいから簡単です。

③素材の色が活きるから

味はもちろん、料理は彩りも大事です。

白だしは色が淡くて、素材の色が活きるのがいいですね!

スポンサーリンク

白だしを使ったオススメレシピ

個人的に白だしを使っていて、一番弁理&美味しいと感じた一品です。

簡単!白だしで作るだし巻き玉子

材料

卵          2個 

だし         大さじ3 

しょうゆ      小さじ1 

砂糖         小さじ1 

みりん       小さじ1 

サラダ油       適量

作り方

ボウルに全ての材料を合わせ、ザルで濾す。 

2卵焼き器に油を熱し、①を少量流し入れる。半熟状態になったら手前に巻く。 

3油を足して、再び①を流し入れ、巻いた卵を持ち上げ下に卵液を流し、手前に巻く。この工程を繰り返していく。

作り方も比較的簡単です。

そして、簡単ながらもお出汁のきいてるだし巻玉子ができてオススメです。

まとめ

簡単・便利な白だしの特集でした。

今回ご紹介したレシピ以外にも様々なアイディアレシピがありますし、

今後も活躍してくれるでしょう。

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました