7/25はかき氷の日

本日の一品
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。

とりてんと申します。

当ブログでは、『食』についてより深く知り、

日々の生活をより豊かにする情報の発信を目指していきます。

本日、7/25はかき氷の日。

日本かき氷協会が、1933年7月25日に日本最高(当時)気温を記録したこの日は冷たいかき氷にふさわしい日とのことから制定しました。

かき氷を 『夏氷(な(7)つ(2)ご(5)おり)』 と読む語呂合わせからとされています。

ということで、本日はかき氷に焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

かき氷の歴史

かき氷は一体いつ頃から食べられていたのか

平安時代の女流歌人・清少納言の随筆「枕草子」には、「削り氷にあまずら入れて、あたらしきかなまりに入れたる」という文章が書かれています。

これは、「削った氷にあまずら(はちみつに似た甘味料)をかけて、真新しい金属製のお椀に入れる」という意味です。

このことから、平安時代にはかき氷が食べられていたことが分かります。

冷凍庫もないこの時代は、氷はとても貴重なものだったでしょう。

幕末になると、氷の輸送もはじまり庶民にも身近な存在になってきました。

日本で初めての氷屋が開業したのもこの時期です。

その後かき氷は日本中に広まり、夏の風物詩として定着しました。

まさかかき氷の歴史を平安時代まで遡れるとは驚きでした。

進化するかき氷

戦後間もない頃に考案された、プレミアムかき氷

鹿児島県鹿児島市に「天文館むじゃき」という店があります。

この「天文館むじゃき」のかき氷は白熊と呼ばれ、鹿児島県のご当地グルメともなっています。

戦後間もない頃、昭和22年に創業者が考案したのがこの白熊です。

こんもりと盛られた氷の上に、オリジナルのミルクや蜜、たっぷりのフルーツがトッピングされた白熊は、ここでしか味わうことのできないプレミアムかき氷です。

古くから鹿児島県で愛され続けている歴史のあるかき氷です。

しろくまはコンビニスイーツとしても、最近は有名ですね。

最近の進化型かき氷

時代とともにかき氷も進化し、現在ではもはやスイーツと言っていいほどのかき氷も登場しています。

定番のイチゴやメロンだけではなく、ブルーベリーヨーグルトやパンプキンキャラメル、ティラミスなど、さまざまなフレーバーのかき氷が存在します。

マンゴーアイスブロックを削って作るマンゴーかき氷は、マンゴーの旨みをダイレクトに楽しむことができる台湾発のかき氷です。

マンゴーシャーベットとマンゴーの果肉、マンゴーソースを絡めて、思う存分マンゴーを堪能することができる人気のかき氷です。

最近は、このような高級かき氷がトレンドとなっています。

かき氷人気は年々加速中で、この夏どんな新かき氷が登場するのか楽しみです。

自宅でできる美味しいかき氷

シンプルに氷とシロップだけでも美味しい夏の風物詩かき氷。

たまには、ひと手間加えてより満足感の高いかき氷はいかがでしょうか。

台湾かき氷・雪月花

材料

■ かき氷

牛乳(特濃牛乳が好ましい)  400ml

グラニュー糖(砂糖) 大さじ2

■ プリン

■ カラメル

グラニュー糖(砂糖)      大さじ1

湯            大さじ1~2

■ プリン液

卵               1個

牛乳             150ml

グラニュー糖(砂糖) 大さじ2

バニラエッセス         数滴

作り方

1.■氷
鍋に牛乳とグラニュー糖を入れ、弱火にかけ、グラニュー糖が溶けて湯気が出て来たら火を止め粗熱を取る。

2.液体の粗熱が取れたら製氷器に入れ冷凍庫で凍らせる。

3.■カラメル
鍋にグラニュー糖と水を入れ中火にかけ、煙が立って来たら火を止め、湯を入れ(火傷注意)弱火でカラメルを溶かす。

4.プリン型にサラダ油(分量外)を塗り、カラメルを流し入れ粗熱を取る(冷蔵庫で冷やしても可)。

5.■プリン液
中ボウルに卵を割り入れ、グラニュー糖「大さじ1」を加え混ぜ合わせておく。

6.鍋に牛乳とグラニュー糖大さじ1を入れ、弱火にかけグラニュー糖が溶け湯気が立って来たら火を止め粗熱を取る。

7.⑤の卵液に⑥の牛乳を5~6回に分け、少しずつ注いで混ぜる。混ざったら茶漉し等で液を漉しプリン型に流す。

8.鍋に7のプリン型を入れ、型の1/3くらいの高さまでぬるま湯を注ぐ、鍋の蓋に布巾を包み蒸した際に水滴が落ちないようにする。

9.最初は少し強めの弱火で、沸々して来たら火をを弱め、弱火で15~20分蒸す。火が強いとすが入り易くなるので注意。

10.火を止め、10分くらい置き、粗熱を取ったら冷蔵庫で2時間~一晩冷やす。

11.■盛り付け
かき氷を作り、プリンをのせ、お好みでコンデンスミルクやチョコレートソースをかけて完成!

手間はかかりますが、その分とても美味でした。

日本で一般的な水の氷から作るかき氷と違って牛乳氷から作る分、氷自体が濃厚!

プリンも相まってとても満足感のあるかき氷でした。

スポンサーリンク

まとめ

やっと夏らしく暑くなってきたこの頃。

涼しさも満足感もある進化系かき氷はいかがでしょうか。

毎年進化を続けるかき氷。

今年はどんなかき氷が出てくるのが楽しみですね。

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました