7/12の注目食品:ヘルシーで健康に!機能性食品・豆腐

本日の一品
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。

とりてんと申します。

当ブログでは、『食』についてより深く知り、

日々の生活をより豊かにする情報の発信を目指していきます。

7/12のテーマはお豆腐です。

毎月12日は、とう(10)ふ(2)の日。

畑の肉とも言われる大豆からできているお豆腐について、

より深く学んでいきましょう。

スポンサーリンク

健康維持に最適!機能性食品・豆腐

お豆腐といえば、大豆からできている食品です。

大豆からできているので、タンパク質を多く含むことは広く知られているかと思います。

しかし、お豆腐にはそれだけでなく、

からだを調性し、健康を維持促進させる機能性食品としての効果も発表されています。

機能性食品とは?

からだの調子を整える機能を強調した食品のことです。

食品に含まれる、病気予防や老化防止に効果のある成分を抽出し、

効果的に摂取できるよう開発されたものを機能性食品と呼びます。

お豆腐の場合、その加工の過程でより効果的に健康に効果的な栄養素が凝縮される為、

機能性食品と定義されています。

具体的にどんな効果があるの?

機能性食品がすごいというのはわかったけど、具体的にどんな効果があるの?

・たんぱく質リノール酸

血圧・コレステロールを下げ動脈硬化に効果

・レシチン、βコングリニシン

脂肪代謝・脂肪肝にも効果

・レシチン、コリン

記憶力を高め、脳の老化・ボケ防止に効果

・サボニン

活性酸素の抑制により、成人病や老化防止に効果

・女性ホルモンに煮たイソフラボン

骨粗しょう症、がん、動脈硬化に効果

・トリプシンインヒピタ

糖尿病の治療や予防に期待

・オリゴ糖

腸内の善玉菌、ビフィズス菌を増やす

・カルシウム

骨や歯に、ストレスにも効果

・ビタミン類

美肌等に効果

ざっと上げたたけでも、これだけの効果があります。

食生活の荒れやすい現代だからこそ、食生活改善に効果的な食品と言えます。

お豆腐を美味しく食べよう

次に、そんな素晴らしい栄養素効果を持つお豆腐を美味しく食べるレシピを紹介します。

これなら安心して間食できる!?豆腐ドーナツ

材料

・小麦粉  80g

・ベーキングパウダー  4g

・おからパウダー  16g

・メープルシロップ  20g

(砂糖で代用する場合は  15g)

・豆腐  50g

・油  適量

作り方

  1. 秤の上にビニール袋を乗せる。
  2. 袋の中に、小麦粉、ベーキングパウダー、おからパウダーを分量通り入れていく。砂糖を使う場合は、ここで入れる。
  3. 袋の口を閉じ、振って粉類を混ぜ合わせる。
  4. メープルシロップ、豆腐を加え、全体的に混ざるように揉む。
  5. 成形し、揚げ焼きする。

コツ、ポイント

油を熱する前に生地を入れてしまい、弱火でじっくり揚げ焼きしましょう。

高温で揚げると、中に火が通る前にも焦げてしまうかもしれません。

引用元:クックパッド  faquico様

私も試作してみましたが、素朴な甘みがありとても美味でした。

素材の持ち味を活かしつつ、優しい味のドーナツで、

安心して食べられるおやつです。

スポンサーリンク

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございます。

素朴な味わいの中に、現代人に必須な栄養素を多く含むお豆腐。

お豆腐パワーで、これからの季節をおいしく健康に過ごしましょう。

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました