6月以外の22日は『カニカマの日』|花の都パリでも大人気!?日本の誇る大発明カニカマ【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

かに風味かまぼこ『カニカマ』の美味しさをより多くの人に味わってもらうのが目的に制定されました。

日付は、かにのハサミの形状が漢字の『ニニ』に似ていることから毎月22日を記念日に。

ただし、6月22日は『かにの日』であるため、本物のかにに敬意を表して除く。

カニカマといえば、シンプルにそのままでも美味しく、サラダにしてもよし、果てはかに玉なんかにも使えてシンプル故に万能ですよね。

それでも、昔は魚のすり身であることが分かる味ではありましたが、最近のものはより本格的にカニ風味になったりしています。

今回は、そんなカニカマに焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

カニカマ誕生秘話

https://umito.maruha-nichiro.co.jp/article70/

日本の誇る大発明カニカマ。どんな発想から生まれたのでしょうね。

少しお高めな食材カニを気軽に食べられるようにするため?

いえいえ、実は違うのです。本来は別の食べ物の代替品を目指して開発をしていたのですが…

当初は人工クラゲを開発していた

https://www.sumida-aquarium.com/column/details/652.html

1970年代、珍味業界では、珍味に使う原料として中国からクラゲを輸入していました。しかし、長崎で起きた中国国旗焼き打ち事件による後遺症で、中国からクラゲの輸入がストップ。業界は、その代替品の開発を早急に求めていました。
そこで、株式会社スギヨは新製品開発のための研究所を設置し、代替品の研究開発を開始。試行錯誤の末、アルギン酸、卵白、塩化カルシウムを使い、ほぼクラゲに近い食感はできたが、調味付けをすると食感がまったく違う別物になりました。出来上がった最初の人工クラゲは失敗作でした。

意外な事実!元々、実はコリコリ食感のクラゲを目指していたのです。調味された後の食感を感じると想像がつきませんよね。

失敗作から生まれた、ひとつの希望

その後も人工クラゲの製造に行き詰まり、諦めかけていたその時、「われわれの本業である蒲鉾なら、調味付けができるはずだ」と日頃から考えていた3代目社長の杉野芳人は、材料に蒲鉾を使うことを提案しました。
蒲鉾を使用して出来上がった試作品を食べてみると、またしても失敗作でした。しかし、味覚が非常に良く、口当たりがカニの身そっくりなものが完成したので、開発チームは心から浮き立ちました。そして1972年、初のカニ風味かまぼこ「かにあし」を販売することとなりました。

予想が一転、百年に一度となる大ヒット

https://thegate12.com/jp/article/3

開発したかにあしを築地市場に持ち込んだときは、「刻んだ蒲鉾なんか売れない。」と、ほとんどの問屋が口をそろえて言いました。しかし、一つの問屋だけが、面白い着想だと言って興味を持って買い取り、かにあしを売り出してくれました。開発陣は、祈るような気持ちで反響を待ちました。
すると、市場に出した途端にたちまち話題になり、いきなり大ヒット製品へと登りつめました。二ヶ月ほどで爆発的な売り上げを達成し、増産に次ぐ増産となりました。

当時はかにあしを積んだトラックが市場に到着すると、業者が奪い合いになるほどの人気製品となったとのこと。

本物を目指し、さらなる進化を遂げる

世界初のカニカマの誕生以降も、スギヨはさらなる研究開発を進め、2004年にはより本物のカニに近づいた製品「香り箱」を発売し、業界を驚かせました。
高度な分析力や、様々な専門知識を持った技術者による、固定概念にとらわれない研究スタイルが、新たな奇跡を呼びこんだのでしょう。今後も「本物の蟹を超えたカニカマ」を合言葉に、開発チームは挑戦を続けます。

失敗は成功の母!意外と歴史を見ると失敗から生まれたものって数多くありますよね。

面白いことにプラスチックや電子レンジも失敗やうっかりから生まれたんですよ。

カニカマ|商品開発秘話 | 株式会社スギヨ
カニカマは家庭の定番の食材となりましたが、開発や発売に至るまではさまざまな挑戦がありました。

補足:元祖カニカマ論争

上記ではスギヨが開発したと記載したカニカマですが、実は元祖かどうかには諸説あります。もちろん、スギヨ説も有力ですが、同様の時期に広島の蒲鉾屋を生業とする大崎水産という会社も発売しています。

大崎水産では、別商品のカニの加工過程で魚肉にカニのエキスが混ざることで、カニそっくりの味がすることを発見。これをソバ状にしてそれを束ねて締め付ければ、カニ足肉のように、筋目のついたものができるのではないかと考案しました。

その為、形状としてはスギヨが開発したものよりも、一般的なカニカマのイメージに近い形状ですね。

ただ、機械化に手間取って生産数を伸ばせなかったこと。また、手作業で作ったものも、個々人によって品質にムラがあり販売拡大には後れを取っています。

更に、水産業界最大手のマルハニチロも元祖を名乗っています。

マルハニチロの初期製品は他社二つと違って、実際にカニを使用しています。とはいえ、単体では使えないような小型のズワイガニを使用し、それに現在のカニカマにも使われているスケトウダラのすり身を混ぜた商品でした。

三社三様に元祖を主張していますが、それぞれが現在のカニカマにつながるピースを考案しているのが面白いですね。

パリのオシャレなカフェでカニカマを♪海外でカニカマが人気な理由

https://madamefigaro.jp/travel/cityguide/parisguide/201805-82-cafe-de-la-poste.html

カニカマが海外でも人気というのは意外と有名ですよね。中でも、フランスにおいては特に顕著で、サラダとして食べられることも多いとか。

ここでは、その人気の秘密を調べてみました。

カニの代替として好適
世界中で、高価な天然カニの資源が減少しています。すると価格が上がるため、本物の価格に比べて安いカニかまは歓迎されています。
また、最近まで、魚介類をあまり食べていなかった国・地域、例えば米国の内陸部、東欧などでは、カニかまは『殻付きでないから食べやすい』『魚臭さがない』点が歓迎されているようです。

寿司ブームがけん引

https://livejapan.com/ja/in-tokyo/in-pref-tokyo/in-akihabara/article-a0001726/

世界で起こっている日本食・寿司ブームもカニかま人気の理由です。はじめは日本食レストランや寿司バーで人気となり、次第に現地のレストラン、ホテルも料理に使用するようになり、今では量販店チェーンで売られ、一般家庭で食べられています。
また、1990年代初頭の欧米における狂牛病(BSE)問題で、肉食から水産物への切り替えが始まりましたが、その時期と“日本食・寿司ブーム”が重なり、さらに日本食は低カロリー(脂肪)・低コレステロールだとする“健康食ブーム”も追風になったと考えられます。

環境保護の観点から
「カニかまは、資源枯渇の心配のない魚種、例えば『すけとうだら』から作られます。そのため、水産資源、地球環境にやさしい食べ物という観点からも、注目を集めているようです。

カニアレルギー向け
カニかまは、一部のアレルギー・フリー製品に限定されますが、カニアレルギーが心配な人も食べられる点が歓迎されています。

世界のカニかま人気は、実に多くの理由が複雑に絡み合って起こっているようだ。奥野さんはこうまとめる。

カニはおいしく、誰もが食べたいものである一方、高価なお金持ちの食べ物です。その代用品のカニかまは値段が安い上に、味・食感・見た目が本物そっくりで、カニを食べた気分を味わえる、庶民の味方。しかも 調理に手間がかからなく、料理のアレンジがたくさんあって便利という利点も。さらに、薄味なので自分の好きなように味付けできるといったところも受けている理由だと思います。

スポンサーリンク

ここまで進化した!?カニカマおススメ3選

最近のカニカマはすごいのです。それこそ、本物との差が分からなくなってくるくらいです。今回は、そんな中から評判の3品をご紹介します。

スギヨ「かにちゃいまっせ 6パック 576g」

もう、見かけからそっくりで驚きですよね。口にした時の食感・身のほぐれ方まで本物そっくりです。細かいところまで再現にこだわる探求心に感服します!

カニそのもの スギヨ「かにちゃいまっせ 6パック 576g」
created by Rinker

大崎水産「マリンフレッシュ 450g」

これまた、本物そっくりの香りにまずびっくりです。最初から食べやすいサイズになっているので、袋から出してそのままサラダ等に使えるのも便利ですね。冷蔵庫に入れておけば、食卓のレパートリーも増え、華やかになりそうです。

身のほぐれも良く、極細の繊維状の身は本当にカニそっくりです。

ズワイガニの味 カネテツデリカフーズ「業務用ほぼカニ」

カニ由来の食物繊維『キトサン』を配合しています。ぎゅっと詰まった細くて短い繊維が口の中でほどけ、カニそっくりの食感も実現しています。

食感と旨味のバランスが良く、非常にカニ感あふれる仕上がりになっているので、本物のカニと同じような食べ方をしても良いですね。

ズワイガニの味 カネテツデリカフーズ「業務用ほぼカニ」
created by Rinker

お家で本格カニ料理みたい!?カニカマ使用のおススメレシピ3選

手軽にコスパ良くカニ気分を味わえるのがカニカマの最大の魅力ですよね。

今回はそんなカニカマのおススメレシピをご紹介します。

もやしとカニカマのナムル風小鉢

もやしたっぷりの節約おつまみならこちら!もやしときゅうり、そしてカニカマを使ったナムル風のおかずは、さっぱりと食べられますよ。おつまみとしてはもちろんのこと、ちょっとした箸休めにもぴったり。いろいろなシーンで活躍してくれます。

【あとうもう1品に】やみつき!もやしとカニカマのナムル風 by 松田みやこ / レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ
1年を通して価格も安定している上、ヘルシーなもやしを使ったナムル風の簡単和え物です。 味付けにすし酢を使うことでさっぱりと食べられ、箸休めのおかずとしてもおすすめです。

とろとろカニカマコーンスープ

コーン缶とカニカマで作る簡単スープです。やさしい味わいのスープは、とろみが付いているのでお子さんも食べやすく喜んでもらえるのではないでしょうか。手早く作れておいしいスープ。カニカマは、最後に加えて彩りよく仕上げましょう♪

とろとろかに玉コーンスープ
SnapDishに投稿されたkayopyさんの料理「とろとろかに玉コーンスープ (ID:yKXDva)」です。「2017 3 3コーン缶とカニカマで作る 簡単スープです 寒い日には とろみがついたスープが温まりますね」かに玉 スープ コーン

ふわとろ卵のカニカマあんかけ

ふわふわ食感の半熟たまごに、とろりとしたカニカマ入りあんかけをかけたひと品。最後にふわりとてっぺんに盛るねぎがポイントですよ。カニカマはたっぷりと使いましょう!ご飯にのせて丼として食べるのもおすすめです。

ふわとろ卵のカニカマあんかけ - macaroni
「炒め卵のあんかけ」のレシピと作り方を動画でご紹介します。ふわとろの卵にかにかまを入れた甘酢あんかけをたっぷりかけました。卵に味をつけることであんと馴染み、一緒に食べた時さらにおいしくなります。ご飯の上にのせて丼にするのもおすすめですよ♪
スポンサーリンク

まとめ

今回、僕も試しに作ってみて、特にふわとろ卵のカニカマあんかけが絶品でした♪

僕はご飯に乗せて食べたのですがトロトロの玉子とカニカマの風味・食感がまさに相性抜群!ペロッと完食しちゃいました。

それにしても、カニカマ単体の完成度も素晴らしい。失敗から生まれたヒット商品ですが、絶えず貪欲に開発を続ける姿勢に感服しました。

これは、本物を超える日も近いかもしれませんね。

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました