5月06日は『ふりかけの日』|ふりかけの歴史と進化 たかがふりかけと侮ることなかれ!進化系ふりかけの魅力【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

国際ふりかけ協議会が制定。

大正時代、当時の日本人のカルシウム不足を補う方法として魚の骨を砕いてご飯にかけて食べる、ふりかけの元祖を考案した熊本県の薬剤師・吉丸末吉氏の存在を知らせることと、ふりかけという食文化の発展が目的。

日付は吉丸氏の誕生日が1887年(明治20年)5月6日であることから。

個人的にお弁当の楽しみの一つふりかけ。定番のおかかやゆかり、のりたまが美味しいのはもちろん、最近では進化系ふりかけも多数出ていて、

選んでいて楽しいですよね。

今回は、そんなふりかけの魅力に焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

ふりかけの歴史

https://www.syokuraku-web.com/gift/10406/

冒頭でも書きましたが、実はふりかけを考案したのは熊本県の薬剤師さんです。

時は遡り大正時代初期のこと。カルシウム不足を補うために薬剤師さんは魚の骨を粉にして食べることを思いつき、また胡麻や青のりを調味料に加えることで魚が苦手な人でも食べられると考え、

それをご飯に乗せて食べたことが「ふりかけ」の始まりです。
このふりかけを「ご飯の友」という名前で商品化し、今ではふりかけの元祖とも言われています。
今でも様々な改良がされているものが熊本県にあるメーカー、株式会社フタバから発売されています。

上記の画像がふりかけの元祖『ご飯の友』です。

元祖とは言え見た目は現代のものと殆ど差がなく、

この時点で完成された感じですね。

その後大正14年、福島県にある食料品店の主であった甲斐清一郎氏が白身魚を乾燥させ粉にしたものを昆布の粉と混ぜ、

醤油ベースで煮込んだものを乾燥させ、胡麻や海苔を加えた商品を考えました。

まさしくこれが好評であり東京へ進出し、本格的なふりかけ事業を始めたのです。これが後にお馴染みとなった「丸美屋」の起源となっています。
当時「ふりかけ」は高級品だったため、一定の階級の人々しか食べられていなかったようです。

時代が変わるにつれて今では「ふりかけ」というと庶民の味方のような存在ですね。
今は様々なフレーバーのふりかけが販売されており、ご飯に乗せただけで食欲をそそる香りや味わいになるという魅力がありますね。

実は海外でも人気のふりかけ

お米大国と呼ばれる日本では、ご飯のお供という考えがあり「ふりかけ」は日本の食文化の一つです。
白いご飯にふりかけをかけるだけで、ご馳走の味へ変わるので不思議ですね。
長年日本で愛され続けている「ふりかけ」は近年海外へ進出しつつあり、アメリカでは人気のようです。

しかしアメリカは米を主食としないので、ポップコーンに混ぜたりと(ハリケーンポップコーンと呼ばれています)日本とは違った使い方で食べられているそうです。

そのハリケーンポップコーンというのがこちら♪

ポップコーン×おかきを組み合わせた和洋折衷なお菓子です。

これをふりかけで味付けすることもあるのだとか。

こう聞くと、確かに相性良さそうですね。

続々登場!進化系ふろかけ

https://mognavi.jp/news/matome/95777/

日本人の栄養不足解消の為にと生まれたふりかけ。日本人に愛され続けて約120年、今でも続々と進化を続けています。

ここでは、ふりかけの進化系ともいえる新たな形をご紹介していきます。

◆ヘルシー無添加系

『TKGたまごかけごはん専用ふりかけ』250円/24g/フタバ

https://www.futabaen.net/shopdetail/000000000076/

しょうゆの代わりにぴったり。天草の削節、塩、魚醤を使い、くせのあるさばの魚醤の香りが生卵の臭みを抑えてくれる。公式オンラインショップ「ふたば苑」などで購入可能。

朝ごはんの新定番になるかもしれない一品 卵かけご飯×ふりかけ

魚醤・削り節、そして海苔の香りだけでも十分に美味しい一品ですが、

そこに卵のまろやかさが加わるともう…♪

TKGたまごかけごはん専用ふりかけ
created by Rinker

『メープルシロップとくるみのおかかふりかけ』500円/50g/ON THE UMAMI

https://www.on-the-umami.com/c/original/gohanotomo/8203

控えめな甘みと、くるみ×おかかが、思いのほかご飯にマッチ! 公式オンラインショップ「ON THE UMAMI」で購入可能。

これは中々想像のつかない味ですね。

とはいえ、おかか味なのでご飯との相性抜群なのはもちろん、

スーパーフードであるクルミを使っているので栄養価もGOODです♪

『味噌汁ふりかけ』300円/35g/通宝

飲むみそ汁から、食べるみそ汁へ!をコンセプトに作られたふりかけ。フリーズドライ加工されたみその顆粒がいい味を出している。

『納豆ふりかけ』300円/40g/通宝

2015年に「全国ふりかけグランプリ」で金賞を受賞した逸品。袋を開けると香るフリーズドライ加工のひきわり納豆とのりがたっぷり! 温かいご飯にかければ粘りも出る。

全国ふりかけグランプリでも金賞を受賞した通宝のふりかけ。

ピックアップした2点以外にも食べてみたいのがたくさんありますね。

◆天かす入りガッツリ系

『混ぜ込み悪魔めし』130円/20g/浜乙女

おいしくて食べすぎるといわれる『悪魔のおにぎり』が、ご飯さえあれば簡単にできる商品。ポイントはサクサクの天かす、青のり、天つゆ、青じその4つの食材。混ぜ込むだけでなく、ふりかけても楽しめる。

コンビニおにぎりでも話題になった悪魔のおにぎりをご自宅でも。

もうその美味しさは悪魔的!

無限に御飯が進むのでご注意を笑

『誘惑のふりかけ牛ブタ』『誘惑のふりかけ海老イカ』各200円/各40g/大森屋

カロリーを気にせず思いっきり食べたいというニーズに応え「ガツガツとご飯が進むふりかけ」をコンセプトに開発。濃い味付けとサクッとした食感の天かすにご飯が進むこと間違いなし! 

◆パッケージ進化系

『ゆかりペンスタイル』500円/6g/三島食品

https://mishimashop.jp/shop/item_detail?category_id=0&item_id=2476227

発売50周年を迎える人気ふりかけ『ゆかり』のペン型ケース入り。中身の補充も可能で、キャラ弁作りやプレゼントにもおすすめだ。

ちょっと衝撃的な見た目のこの商品。

ただ食べる分には不便そうなこの商品ですが、最近はやりの『映える』お弁当作りには重宝しそうですね♪

『のっけるふりかけ〈なめ茸山菜〉』『のっけるふりかけ〈韓国のり風〉』各250円/各100g/丸美屋

https://www.catalinacoupons.jp/offers/4143

ドライふりかけに比べ、より生タイプで楽しめる瓶詰めふりかけ。おかず感覚で食べられる。

具材感の強いしっとりタイプのふりかけも最近の流行りですね。

その中でも、これはかなり具材感の強いタイプ。

ふりかけと侮れない満足感がありますよ♪

スポンサーリンク

まとめ

愛されて常に進化を続けるふりかけ。王道進化から変わり種まで、種類豊富で目移りしちゃいますね。

さて、今日はご飯のお供にどんなふりかけを選ぼうかな♪

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました