5月第3金曜日は『ごちポの日』|これからの時期に嬉しい栄養がたっぷり!夏を乗り切る豚肉の魅力【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

米国食肉輸出連合会が制定。

『ごちポ』は『ごちそうポーク』のこと。軟らかくジューシーで、うまみ成分たっぷりなアメリカン・ポークの美味しさ、

安全性などをより多くの人に知ってもらい、親しみを感じてもらうのが目的。

日付は本格的な梅雨が始まる前の週末に栄養価の高いアメリカン・ポークを食べて元気に夏を乗り切って欲しいとの思いから。

個人的には、牛肉よりも大好きな豚肉。ビタミンB群が豊富な豚肉は、美容や疲労回復のための食材として良いですよね。

本日は、そんな栄養豊富な豚肉に焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

豚肉の魅力

https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/24811/

豚肉は糖質をエネルギーに変える「ビタミンB1」が豊富

豚肉はビタミンB群が豊富で、特にビタミンB1は100gあたりに含まれる量があらゆる食品の中でトップクラスです。

ビタミンB1は、糖質を体内で燃やしエネルギーへと変えるために不可欠。疲れやすい・太りやすいといった場合には、ビタミンB1が不足し、エネルギー代謝が低下しているかもしれません。

豚肉100gあたりの部位ごとのビタミンB1含有量は以下のとおり。

  • 豚ヒレ肉:0.98mg
  • 豚モモ肉:0.9mg
  • 豚ロース肉:0.69mg
  • 豚バラ肉:0.54g

牛ヒレ肉(和牛)0.09mg、鶏ささみ0.09mgなので、牛や鶏肉の10倍以上。

1日当たりの摂取量の目安は、成人男性で1.4mg、成人女性で1.1mgとされています。女性なら豚ヒレ肉100gちょっと食べれば、1日の必要量を満たせます。

ビタミンB1は体内に貯めることができないため、毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。

アミノ酸のバランスが良い「良質なタンパク質」

https://minekofujiko.hatenablog.com/entry/17592739

タンパク質は髪の毛・皮膚・臓器など体の材料となり、体を動かす・栄養や酸素を運ぶ・免疫機能で体を守るなど、さまざまな働きに関わります。

タンパク質を英語にすると「プロテイン」。

タンパク質が不足すると、疲れやすい・筋肉量の低下・回復力が遅くなるといったことにつながるため、体を動かすアスリートが積極的に取り入れています。

タンパク質は体の中に取り入れられると20種類のアミノ酸に分解され、そのうち体内で合成できないため食物で補う必要のあるアミノ酸9種類を「必須アミノ酸」と呼びます。

このアミノ酸の含有バランスの良さを評価したものが「アミノ酸スコア」。数値が100に近いほどタンパク質が有効利用される食品です。

最高値100の食品は鶏肉・鶏卵・豚肉・牛乳・ヨーグルト・大豆など。

豚肉には良質なタンパク質が含まれていて、赤身が多い部位ほど100gあたりのタンパク質の含有量が多くなります。

コレステロール値を抑える「不飽和脂肪酸」

https://cuisine-kingdom.com/tonkatsu-tokyo/

脂というと太るイメージがあるかもしれませんが、脂溶性ビタミンの吸収を促してくれるので、適度な量は人間の体にとって欠かせません。

豚肉100gあたりの部位ごとの脂質量は以下のとおり。

  • 豚ヒレ肉:1.9g
  • 豚モモ肉:10.2g
  • 豚ロース肉:19.2g
  • 豚バラ肉:34.6g

牛バラ(和牛)が50g、牛バラ(輸入)が32.9gなので、脂質は牛肉より少なめ。

豚肉には血中のコレステロール値を抑えてくれる「不飽和脂肪酸」の、オレイン酸とリノール酸が多く含まれています。

牛肉よりも多く含まれているのが、必須脂肪酸である「リノール酸」。必須脂肪酸は体内で作れないため、食品から取り入れる必要がある栄養素です。

豚のエサにはリノール酸を含む植物系の飼料が配合されていて、リノール酸が飼料に多く含まれているほど柔らかな肉質となります。

栄養豊富な豚肉の魅力!その効能とは?
豚肉の魅力はおいしいだけではありません。タンパク質とビタミンB群が豊富な豚肉は、美容や疲労回復のための食材としてもおすすめです。 特にビタミンB1は糖質を燃やしてエネルギーに変えてくれます。豚肉の効能を知って、体にもおいしくいただきましょう!

豚肉を使ったおススメレシピ

https://tenki.jp/suppl/k_kashima/2019/01/22/28754.html

豚肉とひと言に言っても、代表的なものだけでも多種多様な料理がありますよね。

ここでは、これからの時期にピッタリなスタミナのつくレシピをご紹介していきます♪

白飯と美味しい簡単しょうが焼き

材料 (4人前)

しょうが焼き用豚肉   600g位

片栗粉         お肉まぶす用

醤油(タレ用)      50cc

酒(タレ用)       50cc

砂糖(タレ用)      大さじ4+α

しょうが絞り汁(タレ用) 大さじ1

油           炒め用

作り方

①しょうが焼き用豚肉に片栗粉を両面にまぶしておく。

②醤油、酒、さとう、しょうが絞り汁、軽く混ぜ準備。

③フライパン強火で熱し油を入れ肉に焼き色がつくまで中火で裏表焼く。赤い部分がなくなったら一旦とりだす。

④フライパンにタレ用合わせた調味料をいれ、中火にかけ沸騰させる。沸騰したらお肉にタレを絡めながら、2、3枚ずつお肉を戻す。

⑤お肉を全部フライパンに戻し、全体にタレに絡んだら完成

この美しい照り♪

生姜焼きさえあれば、無限にご飯を食べられますね。ああ、お腹が空いてきました笑

白飯と美味しい簡単しょうが焼き  by ゆいなまる
片栗粉をまぶして焼くのでお肉も柔らかくタレもしっかり絡んでいて美味しいです。 濃いめの味つけ白飯もどんどん食べれらます

大葉とチーズをサンド!柔らか肉厚とんかつ

材料

豚ロース肉 厚切り   4枚

大葉          4枚

とろけるチーズ     2枚

塩胡椒 生姜 小麦粉    適量

卵           1個

パン粉         適量

油(揚げる用)     適量

作り方

①豚ロース肉は筋を切り麺棒で叩く。

※柔らかく&大きくなります(ラップ等の上から叩くと汚れ難いです)
両面に塩胡椒をする。

② ①に大葉とチーズを乗せる。更に上からロース肉を重ね、手で強めにサンドする。

③ ②に小麦粉をまぶす。
※両面・側面にしっかりまぶしましょう。

④ ③を溶いた卵液につける。パン粉をまぶす。

⑤170度に熱した油で揚げる。2分半程経ち衣が狐色になったら裏返し、更に2分半揚げる。

⑥火が通ったら完成!包丁で切るとチーズがジュワッと溢れてきます!

豚肉を使った料理といえば、こちらも外せない一品。

こちらは、ちょっと変化球で大葉とチーズがサンドされています。

大葉の香りとチーズの酸味がこれまた堪らない一品です♪

春の恵みたっぷり♪満菜ほっこり豚汁

材料 (6人分)

豚こま肉      150g

茹でたけのこ    120g

春キャベツ     1/4玉

新玉ねぎ      大1/2個

新にんじん     1/2本

ささがきごぼう   100g

木綿豆腐 1/2丁   200g

水         1000ml

ほんだし顆粒    小さじ2

合わせ味噌     大さじ4半

ごま油       適量

一味唐辛子     適量

小口切りネギ    適量

作り方

①ごま油をひいた鍋で豚こま肉を炒めて、表面に火が通ったら適当な大きさに切った野菜を入れ更に炒める。

②全体に油が回ったら水、さいの目に切った豆腐、ほんだしを入れて煮る。

野菜がやわらかくなったら味噌を溶かす。

こちらも定番の一品。汁物にすると、お野菜をしっかり取れるのも嬉しいですよね。

春の具材でタケノコを使ってみると、食感にアクセントも出て新鮮でした。

でも、個人的には豚汁に外せない具といえばゴボウ!

ごま油と合わせて香りも良くなり、最後まで美味しくいただけました♪

春の恵みたっぷり♪満菜ほっこり豚汁 by からあげビール
たけのこ、春キャベツ、新玉ねぎ、新にんじん使用で春の恵みがギュッ♡♡簡単ほっこり豚汁是非お試しを♡♡

簡単に失敗しらずな♪豚の角煮(炊飯器編)

材料

豚バラブロック肉  600g位

ちんげん菜     1束

ねぎ(青い部分)   1束

生姜スライス    数枚

卵         3個

■ 調味料

水         400㎖

酒         大さじ2杯

みりん       大さじ2杯

砂糖(三温糖)    大さじ2杯

醤油        大さじ4杯

洋がらし      少々

作り方

①豚バラ肉を3㎝〜4㎝に切ります。

②フライパンに油は引かずに、バラ肉を焼きます。

③キッチンペーパーで余分な油を拭き取りながら、しっかりと焦げ目が付くように中火で焼きます。

④炊飯器の内釜に水400㎖、砂糖大2杯、酒大2杯、みりん大2杯、正油大4杯を入れて、焼いたお肉を投入。

⑤ネギの青い部分と、生姜スライス数枚を入れて、スイッチオン!(炊飯)

⑥ゆで卵を作ります。水の中に、卵を入れ火に掛けます。(7分間)
 茹で上がった卵は、冷水に付けてから殻を剥きます。 

⑦【炊飯後】炊飯が終わったら、ネギと生姜スライスを取り出します。

⑧豚バラ肉を内釜から小さめの鍋に移します。(煮汁が少ないので小さめの鍋で)

⑨再び火に掛けて、切ったちんげん菜とゆで卵を入れて、一煮立ちさせます。(2分〜3分)

⑩※このまま数時間放置すると、卵にも味が染み、更にお肉も柔らかくなります。

⑪器に盛り付けたら出来上がりです♪

トロトロプルプルの豚肉が美味しい豚の角煮。

炊飯器を活用して、時短調理ができるのも嬉しいですよね♪

僕は、こういう角煮に鼻がツーンとするくらい辛子をつけて食べるのが大好きです。

ご飯のお供にもおつまみにも万能な一品ですよね。

簡単に失敗しらずな♪豚の角煮(炊飯器編) by カオルママ家うま♪
【簡単に失敗しらずな♪】豚の角煮(炊飯器編)- Kakuni pork
スポンサーリンク

まとめ

豊富な栄養で、これからの時期に嬉しい豚肉。

定番の調理方法だけでも、様々なものがあって毎日食べても飽きないくらいですよね。

こらからどんどん暑くなってきて、夏バテも怖いところ。

今夜はガツンと豚尽くしでスタミナ補給しませんか。

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました