4月20日は『ジャムの日』|保存食の定番ジャム 果物だけでなく野菜も意外と相性抜群で…【食の雑学】【食の記念日食の雑学】

本日の一品
スポンサーリンク

日本ジャム工業組合が制定。

ジャムの美味しさや魅力を多くの人に知ってもらい、ジャムの需要の喚起と消費の拡大が目的。

日付は1910年(明治43年)4月20日に長野県北佐久郡三岡村(現在の小諸市)の塩川伊一郎氏が苺ジャムを明治天皇に献上したことから。

意外と使い道豊富なジャム。定番のパンにつける食べる方法はもちろん、ヨーグルトに入れたり料理に使ったりと用途も幅広いですよね。

それだけでなく、食べやすくなることで手軽に素材の栄養素を摂取できるのも魅力的。

本日は、そんなジャムに焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

ジャムの歴史

https://www.senbikiya.co.jp/fs/senbikiya/3000

今から1万~1万5千年前、旧石器時代後期の人類が、みつばちの巣から蜜を取り、蜜を使って果実を煮たことが、現在のジャムの起源であるとされています。

ジャムは、はるか昔から人類とともにあった最古の保存食品なのかもしれません。

その後のジャムは、紀元前320年頃、かのアレクサンダー大王が東征したインドで当時貴重だった砂糖を手に入れ、本国に持ち帰り、ジャムを作って珍重したとの記録があります。

ジャムが一般的に広まり始めたのは、さらに時代を下ってから。十字軍がオリエント遠征(1096~1270年)で大量の砂糖を持ち帰ったことがきっかけとなりました。

最古の保存食ともいわれるジャム。その歴史は想像以上に深いですね。

ジャムの語源

JAMの語源は、英語の古い方言”CHAM”にあるようです。すでに使われなくなっているこの方言の意味は、「ぐちゃぐちゃ噛む」。

現在、JAMを英和辞典で引いてみると、その意味は「押しつぶす」「つめこむ」とあります。やはりJAMには、昔も今も、よくそしゃくされたもの、つめこまれたもの、という意味が込められているようです。

食品としてのジャムも、その意味の通り、消化がよく、おいしさと栄養をたっぷり詰め込まれています。

一方、マーマレードは、ポルトガルで最初に作られたジャムの原料がマルメロ(ポルトガル語でかりん)だったことから、これが転じて「マーマレード」になったといわれています。

日本における普及

日本における最初のジャムは、16世紀後半に宣教師によってもたらされたと考えられています。

当時、南蛮風を好んだとされる、かの武将織田信長はおそらく口にしたのではないでしょうか。

国内での製造記録は、今から1世紀以上前の明治10年、東京の新宿にあった勧農局でのイチゴジャム試売にはじまります。

その後、明治14年に長野県で缶詰のイチゴジャムが販売されています。

明治38~39年に執筆された、夏目漱石の「吾輩は猫である」の一節には、苦沙弥先生が”おれはジャムは毎日舐めるが・・・”とジャムにふれたくだりがあります。

庶民にはまだまだ一般的ではなかったものの、ジャムが西洋文化の味として、一般に認識され始めた様子がうかがえます。

昭和に入ると、イギリス留学から帰国した相馬正胤氏が東京の西落合に相馬果実缶詰研究所を設立し、英国風のジャムやマーマレードの生産を開始しています。

昭和10年頃になると広島では、旗道園(のちのアヲハタ株式会社)がイチゴジャムとマーマレードを製造。

山口県萩の風月堂とならび、イギリス式に比べて甘味の多い、日本人好みのマーマレードを売り出しています。

このころから、ジャムは一般に広く普及し、都市部と原料産地の両方で製造されるようになりました。

戦後は、学校給食のパン食でジャムに親しむ機会が増えたこと、洋風化志向となったことなどによって一段と需要が高まりました。

今日におけるジャムは、価格、品質の両面において、一般にひろく受け入れられており、スーパーのジャムコーナーのスペースをとってみても、欧米に劣らない人気ぶりがうかがえます。

ジャムはじめて物語|ジャムマガジン|知る・見る・体験する|アヲハタ
ジャムはじめて物語をご紹介します。食卓ではすっかりお馴染みのジャム。でも、歴史や言葉の意味となると、案外知られていないもの。ここでは ジャムの意外なルーツをお教えします。

ただの保存食じゃない!?ジャムにすることの4つのメリット

https://www.nichireifoods.co.jp/media/7435/

日本ではジャムといえば果物ですが、野菜ジャムは、ヨーロッパを中心に、野菜のポピュラーな保存方法として知られています。

たとえば、フランスでは「コンフィチュール」や「タルティネ」と呼ばれ、玉ねぎやトマト、赤パプリカなど野菜の甘さを活かしたジャムが作られています。

野菜をジャムにすると以下のようなメリットがあります。

①保存がきく

ジャムは砂糖の効果で食品中の水分を減らし、菌の働きを抑えることで腐敗を防ぎます。野菜を冷蔵庫で保存する場合1週間が限度だと思います。

しかし、ジャムにして密閉状態で保存すると未開封で1〜2年はもつそうです

②パスタやピザなど、さまざまな料理に使える

https://cookpad.com/recipe/1898301

野菜の旨みや甘みを活かしてジャムを作ると、果物とはまた違ったジャムになり、パンだけでなく、パスタやピザ、ポタージュなどいろいろな用途に使うことも可能です。

③いつでも手軽に野菜が食べられる

野菜はジャムにすると体積が小さくなるので、いつでも野菜を食べられます。たとえば、パンに塗ったり、朝ごはんの目玉焼きの付け合わせにしたりと、さまざまなシチュエーションで活用ができるのです。

④お子様や年配の方も食べやすくなる

https://www.irasutoya.com/2013/05/blog-post_8964.html

ジャムにすると野菜が柔らかくなり、繊維があまり気にならなくなりますので、小さいお子様からご年配の方でも食べやすくなります。

このように、野菜ジャムは、幅広い年齢に食べやすく、アレンジがきく保存方法なのです。

スポンサーリンク

トマトやかぼちゃだけでなく、コーンまで!?ジャムにすると美味しい夏野菜

ジャムにすると美味しい夏野菜には、どのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、ジャム作りにおすすめの夏野菜をご紹介します。

①<トマト>

https://livejapan.com/ja/article-a0001249/

トマトは煮込むことで酸味が取れ、甘みが出ます。やり方によってはかなり濃く作ることができ、市販のトマトピューレからトマトペーストのようなかたさまで、目的や好みに応じてアレンジ可能です。

未熟の青トマトを使う時は、青々しさが残った風味になります。トマトソースやピザにも使えるように、ハーブなどを入れると味に深みが出るでしょう。

②<コーン>

https://macaro-ni.jp/89344

コーンはもともと甘みの強い野菜なので、ジャムに向いています。フードプロセッサーにかけたものと、粒を残したものを一緒に煮込めば食感の変化を楽しめるでしょう。

コーンは粒を取る作業が面倒ですが、冷凍食品のコーンカーネルを使えば、調理も簡単です。

③<かぼちゃ>

https://www.on-the-slope.com/articles/feature/vegetable/articles-27872/

かぼちゃは実によって、スジっぽかったり、みずっぽかったりすることがありますが、ジャムにしておけば食感も均一になります。

ホクホクとした甘さは大人から子どもまで楽しめ、パンにぬったり、チーズケーキに入れたりと幅広い方法で活用可能です。

④<ナス>

https://life.ja-group.jp/food/shun/detail?id=7

にんにくとオリーブオイルで味付けしたもので、カナッペなどにしたり、肉の付け合わせにしたりと、ヨーロッパを中心にさまざまな料理に活用されています。

通常、皮をむいて作るので、えぐみが少なく、ナスの甘みを感じることができるでしょう。

野菜ジャムの作り方

https://www.inshokuten.com/kitchen/magazine/183

作る前にまずは、保存用の瓶を煮沸して消毒しておきましょう。
【瓶の煮沸消毒の仕方】
・鍋に水と瓶、フタを入れ、沸騰させます。
※瓶が割れると危ないので、必ず水から加熱してください!
・10分ほど加熱したら菜箸で取り出し、きれいなふきんの上に逆さにして置き、乾燥させます。

ここが大事なポイントです!

長期保存できるジャムですが、容器に雑菌があると元も子もありません。

清潔な容器をしっかりと準備しましょう。

トマトジャム

湯むきしたトマトに砂糖とレモン汁を合わせて煮るだけ。

トマトの青臭さがなくなって、とってもフルーティなジャムになります!

パンにデザートに、それに生ハムやチーズにも良く合う、万能ジャムです。

リコピンたっぷり♪夏のトマトジャム by シニア野菜ソムリエ立原瑞穂 / レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ
太陽の光をたっぷり浴びた真っ赤なトマトジャムはとってもキレイ。トマトの赤い色素成分「リコピン」もたっぷり。強い抗酸化作用があり、がん予防や紫外線による肌へのダメージ予防の効果も期待できます。

にんじんジャム

太陽を思わせる明るいオレンジ色が魅力的なにんじんジャム。

こちらは細かくしたにんじんを砂糖とレモン汁で煮たレシピです!

にんじんジャム
【材料】 人参 100g(1本弱) グラニュー糖 40g 人参の3割位 レモン汁 大さじ1 水 適量 【作り方】 ①人参を適当な大きさにきり、やわらかくなるまでゆでる。 ②はしが、かるく通る位になったら、人参と同量位のゆで汁を加え、ブレンダーかミキサーにかける。 ③グラニュー糖を加え、火にかける。 ④...

ズッキーニジャム

ズッキーニの爽やかな色がとってもきれいな、印象的なジャムです。

味はりんごジャムに似ているという方が多数の、ズッキーニジャム。不思議ですよね♪

ズッキーニジャム
野菜ジャムシリーズでトマトやキャベツをジャムにしましたが、今回はこのクセがないズッキーニをジャムにしてみました。青リンゴジャムのような感じに仕上がりました。

かぼちゃジャム

明るいかぼちゃ色が、栄養たっぷりでおいしそう!見てるだけでも元気になれそうなジャムですよね。

スイートパンプキンくらいの仕上がりだそうなので、ぜひそのままでも食べてみたいです♪

かぼちゃジャム | レシピブログ - 料理ブログのレシピ満載!

ゴーヤジャム

緑のゴーヤと、完熟した珍しい黄色のゴーヤの2種類のジャム。

レモン果汁を加えて、緑のゴーヤはマーマレード風、完熟ゴーヤはあんずジャム風とそれぞれ違った風味が楽しめます♪

ちょっとほろ苦い大人味にはまってしまいそう!

今年のカメムシは? ~レシピは『ゴーヤジャム』です~
こんにちは~ 昨日は台風が去ったあとのカラッとしたいい天気。 THE秋晴れ!というようなお天気でした。 昨日は小松菜の収穫をしていたんですけど、暑くて久々に汗をかきましたよ。 そして家に戻ると一昨日よりももっと強いキンモクセイの香り。 なんだか去年よりもにおいが強いような感じがします。 我が家には大きな...

これだけ見ても、本当に色々な野菜をジャムにできますね。

基本を押さえさえすれば、これ以外のものを試して、我が家のオリジナルジャムを作ってみるのも楽しそうですね♪

スポンサーリンク

野菜ジャムを作る時に注意しておきたいポイント

・糖分は控えめに
野菜のジャムは砂糖を入れすぎると、どれも同じような味わいになってしまい、野菜本来の旨みを感じることができなくなります。

そこで、ヨーロッパの野菜ジャムを見習って、メープルシロップや黒砂糖、りんごジュースで甘みを付けるアレンジ方法もあります。

・水分が多い野菜ジャムは腐敗に注意
野菜のジャムは、清潔なビンに、熱いうちに入れて密閉すれば日持ちしますが、空気が入ると腐敗してしまいます。

腐敗を防ぐため、ビンは必ず未使用のものを使い、冷凍保存をしましょう。

まとめ

こういった知識は、一人暮らしの僕には嬉しかったり。

どうしても一人暮らしだと、食材を使いきれずに余らせてしまうことってありますよね。

そんな時にはジャムにしてしまうのも良いかもしれません。

保存がきくだけでなく、何気ない朝食がいつもとちょっと違った雰囲気になって新鮮ですよ♪

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました