4月12日は『パンの記念日』|パンの歴史と世界の個性的なパンたち【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

パン食普及協議会が1983年に制定。

1842(天保13)年4月12日、江川太郎左衛門という代官が、『兵糧パン』と呼ばれるパンを日本で初めて本格的に製造したことから、この日を記念して。

4月12日を『パンの記念日』、毎月12日を『パンの日』と設定。

パンの歴史もまた深いものがあります。欧米のイメージが強いですが、意外にもパンの原型は古代エジプトというのは有名なお話。

本日は、そんなパンの歴史や種類について記事にしていこうかと思います。

スポンサーリンク

パンの歴史

http://www.japan-bread.jp/jp-mgzn/history-of-japanese-bread.html

今から8000年〜6000年ほど前、古代メソポタミアでは、小麦粉を水でこね、焼いただけのものを食べていました。これがパンの原形とされています。

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/maidon/17-00008

こちらが、古代メソポタミアのパンを再現したものだとか。

発酵パンでないので、ふっくら感がなく固そうな仕上がりですね。

古代メソポタミアのパンは無発酵でしたが、その後、古代エジプトでおそらくほんの偶然から「発酵パン」が誕生し、食物として、また、供え物としても、作られるようになりました。

http://hayashihiroko.net/?p=724

古代エジプトパンを再現したものがこちら。

偶然とはいえ発酵させてある分、中身は現代のものと似た雰囲気がありますね。

それでもやはり、ふっくら感はまだまだ劣ります。

古代エジプトから古代ギリシャへ、パン作りが伝えられると、製パン技術を身につけた専門のパン職人が登場して、ブドウ液から作られたパン種も使われるようになり、いよいよパンは量産されるようになったのです。

パンはヨーロッパからアジア、アフリカへも伝えられ、世界各地で主食として取り入れられるようになりました。
日本には、戦国時代に、鉄砲とともに伝えられたとされています。

その6年後イエズス会のフランシスコ・ザビエルらが、日本でもパン作りを始めましたが、キリスト教が禁じられてからは、長崎などで西洋人のために細々と作られていただけでした。
日本人のためにパンが作られたのは、1840年に中国で起こったアヘン戦争がきっかけでした。

徳川幕府は、日本にも外国軍が攻めてくることを恐れ、兵糧としてパンを作らせたのです。

https://blog.goo.ne.jp/ryuzojiryuzoji/e/5a04f1ea81b5197da5700a5201ff9880

江川太郎左衛門が作ったとされる兵糧パンを再現したものがこちら。

とにかく固い!噛み切れないくらい固いそうです。

でも、保存性には優れていて、現在再現されたものを販売しているところでは、

賞味期限を1年に設定しているのだとか。

現代の非常食・乾パンの保存期間が2年ということを考えると、

江戸時代の技術も侮れないですね。

米飯では炊くときの煙が敵方にとって格好の標的になりかねません。

それに比べ、固いパンは、保存性と携帯性の面ですぐれていると考えたからでした。
幸い、この非常食は活用されずにすみましたが、このときパン作りの指揮をとった江川太郎左衛門は、「パンの祖」として知られるようになりました。
1854年に鎖国が解かれると、横浜、神戸など港町を中心に、パン作りが広がりました。

1869年、現存するパン屋でもっとも古い「木村屋総本店」が銀座に開業。5年後には、日本独特の「あんパン」が発売され、人気商品になりました。
第二次世界大戦後は、食生活の洋風化が進み、パンは米に次ぐ主食としてすっかり定着しました。

日本のあんぱんに関してはこちらの記事をご覧ください♪

種類色々、世界のパンをご紹介

フランス

バゲット

https://macaro-ni.jp/45424

日本でフランスパンと呼ばれるハードタイプのパンの代表で、砂糖や牛乳などは使わず、小麦粉・パン酵母・塩・水だけで作られています。

表皮はパリッとした状態でこんがり焼けていて香ばしく、内部は大小さまざまな気泡がたくさんあり、十分に膨らんでボリュームがあり、クリーム色がかったものがよいパンとされています。

いわゆる「フランスパン」はバゲット以外にも大きさや形によってパリジャン、バタール、ブールなどいろいろな種類があります。

パン・ド・カンパーニュ

https://kneader.jp/recipe/

「田舎のパン」という意味のフランスの田舎では家庭で手作りされているという素朴な風味のパンで、バゲットなどと同様に小麦粉・パン酵母・塩・水だけで作られるシンプルな配合です。

大ぶりで丸型や卵型に成形されるものが多く、スライスしていろいろな具材をはさんだサンドイッチとして、また料理に合わせて食べてもよい食事パンです。

クロワッサン

https://www.amazon.co.jp/

バターやマーガリンをパイ生地のように折り込んで焼き上げる、三日月型のパン。

その歴史は17世紀のオーストリア・ハンガリー帝国の首都・ウィーンに始まります。

当時のウィーンに、トンネルを掘って侵入しようとしたトルコ軍にいち早く気が付いたパン職人に対して、褒美として三日月(トルコ軍の旗の印)型のパンを作る名誉が与えられたのがその始まりです。

パン・オ・ショコラ

https://newsphere.jp/culture/20180927-1/

クロワッサンの生地でチョコレートを包み、四角い形に成形したパンで、フランスではクロワッサンと並んで売られていることが多い代表的な菓子パンです。

ブリオッシュ

http://nanohana22.sakura.ne.jp/bread/bri.htm

マリーアントワネットの結婚によって、ウィーンのパン職人からフランスへ伝えられたと言われています。

バターと卵をたっぷり使ったパンで、豊かな風味と柔らかな食感が楽しめます。フランスでは朝食によく食べられています。

クグロフ

https://www.cuoca.com/articles/kouglof-recipes/

フランスのアルザス地方やオーストリア、スイス、ドイツで古くから伝わるリッチなパン(菓子)で、砂糖、バター、卵、乳をふんだんに使い、干しブドウなどのフルーツを練りこみます。

中央に大きな穴の開いたクグロフ型は僧侶がかぶる帽子を意味しているという説があります。

イタリア

フォカッチャ

https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/05301.html

「フォカッチャ」とは、イタリア語で「火で焼いたもの」という意味。

イタリア北部ポルトフィーノの郷土料理で、ピザの原型とも言われる円形のパンです。

ピザのように具材をのせて焼くことはありませんが、生地にオリーブオイルが練りこまれ、ハーブなどで風味づけされていることが多く、そのままでおいしく食べられます。

チャバタ

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/bf21a64406247b26bd2d52dff858a641.html

「チャバタ」は、イタリア語で「スリッパ」が語源の平べったく四角いかたちのパンです。

表面はかりかりと香ばしく、中は水分をたっぷり含む気泡が大きいもちもちした食感の生地で、噛みしめると小麦の旨味と甘みが口の中に広がります。

シンプルな味わいを持つチャバタはオリーブオイルとよく合い、生ハム、チーズなどお好みの具をはさんでサンドイッチにも最適です。

グリッシーニ

https://macaro-ni.jp/1176

イタリアにはグリッシーニという細長いスティック状の食事パンがあります。

あっさりとした塩味とクラッカーのような食感が楽しめます。

グリッシーニは17世紀にイタリアのピエモンテ州トリノで生まれ貴族階級の間で流行しました。

生ハムを巻いてアンティパストにしたり、パスタ料理と一緒に食べたりします。

パニーニ

https://camelia.co.jp/magazine/book/208

1970年代にミラノで生まれたイタリア風サンドイッチ。

「パニーニ」とは「小さなパン」という意味で、そのとおり小さな丸型パンに、生ハムやモッツアレラチーズなどの具をはさんで食べます。

この小さなパンには、フォカッチャやホワイトブレッドが使われます。

ドイツ

プレッツェル

https://ippin.gnavi.co.jp/article-5716/

中世ヨーロッパではパン屋のシンボル、語源は「組み合わせた腕」を意味するラテン語の「ブラキアテルム」やイタリア語の「ブラッチャッテロ」からきています。

小麦粉、イースト、塩、水から作られ、焼く前にアルカリ溶液(通常は水酸化ナトリウム溶液であるカセイソーダを2~4%に薄めた液を使用)に漬けて焼いてあり、表面が赤褐色をしています。

塩味と、カリカリとした食感がビールにあうパンです。

ライ麦パン

https://www.brotland.jp/rye_bread

ドイツを代表するパンのひとつで、ロシアや北欧などの比較的寒冷な地域でよく食べられています。

ドイツでは、ライ麦で作るパンをロッゲンブロート、小麦で作るパンをヴァイツェンブロートと言います。

ライ麦と小麦を混ぜ合わせたものをミッシュブロートと言い、ライ麦の方が多いものをロッゲンミッシュブロート、小麦のほうが多いものをヴァイツェンミッシュブロートと呼び分けています。

ライ麦の割合が高くなるほどしっとりと重たく独特の酸味を持つパンになります。薄くスライスすると美味しく食べられます。

カイザー・ゼンメル

https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/04749.html

オーストリアやドイツのテーブルパンです。

丸いパンの表面に5本のカーブ(星型)の切れ目が入っており、ゴマやけしの実がまぶされていたりします。

ドイツ語で「カイザー」は皇帝を意味しています。

イギリス

スコーン

https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/08006.html

パン酵母ではなく、ベーキングパウダーで膨らませた、スコットランドに古くから伝わるビスケットです。

18世紀の貴族の間で流行したアフターヌーンティーに欠かせないものとなりました。

割れ目から上下二つにし、クロテッドクリームやジャムをのせ、紅茶と一緒にいただきます。

イギリスパン

https://www.sconemania.com/entry/

イギリス食パンや山型食パンとも呼ばれます。

イギリスではティンという焼き型を使うことからティンブレッドと呼ばれています。

型を使いますが、ふたをしないため、自然に発酵し、山のような形になります。

薄くスライスしてカリカリにトーストし、バターかマーマレードをあわせるのがイギリス流です。

イングリッシュマフィン

https://macaro-ni.jp/44937

伝統的なイギリスのパンであるイングリッシュマフィンは、吸水率が高く中の生地がしっとりして噛み応えのある食感が特徴です。

専用の型で八分ほど火が入ったところで完成します。

バターをしみこませるために、ナイフを使わないでフォークや手などで二つに割り、トーストします。

現在ではイギリスよりもアメリカでポピュラーなパンです。

デンマーク

デニッシュペストリー

https://ameblo.jp/tegonepain-monamie/entry-12350036654.html

発酵した生地にバターを幾重にも折り込んで作られた、サクサクとした食感の、パンとお菓子の中間的なリッチなパンです。

甘いクリームやフルーツでトッピングし、形も様々でいろいろな種類があります。

デンマークではヴィエンナ・ブロート「ウィーン風なパン」と呼ばれます。

もともとウィーンのパン職人から伝わったもので、デンマークで完成されたといわれます。

日本初のデニッシュペストリーは、タカキベーカリーが、デンマークのデニッシュペストリーを再現しようと試みて、昭和37年に発売しました。

同社によれば、当時発売した「デンマークロール」は、本来のデニッシュペストリーとは全く違うものだったということです。

アメリカ

食パン

https://tenki.jp/suppl/romisan/2020/03/15/29277.html

パン食の朝ごはんといえば、この食パンを思い浮かべる人が多いでしょう。

食パンとは元来、主食として食べられるパンを指しますが、上蓋のない焼型で焼く山型食パンや、蓋つきの焼型(プルマン型)で焼く角食パンが一般的です。

ロールパン

https://kneader.jp/recipe/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%B3/

バターや卵を生地に練り込み、薄く延ばした生地をくるくると巻いて焼き上げたパンです。

パン業界では、「バターロール」の表示をするためのバターの添加量について、自主的に基準を決めています。

ベーグル

https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/05299.html

アメリカのドーナツ型のパンとしてよく紹介されますが、もともとはユダヤ教の「清浄食(コーシャー食品)」として食べられてきたユダヤ人のパン。

今ではアメリカのポピュラーなパンの一つで、チーズやサーモンなどをはさんで食べるのが一般的です。

ところで、ベーグルの作り方には大きな特徴があります。

それは、焼く直前に生地を一度ゆでること。これによって小麦粉のでんぷんがアルファー化され、独特のもちもちした食感が生まれます。

シナモンロール

https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/03479.html

中型〜小型サイズで作られるアメリカの菓子パン製品です。

リッチな生地をシート状に伸ばしてバターを塗り、砂糖、シナモンをまんべんなく覆うようにふりかけます。シナモンと相性の良いレーズンもよく使われます。

ロール状に巻き込み、輪切りにして焼きあがった後にアイシングで仕上げることで、甘みの強いソフトな食感となります。

スポンサーリンク

まとめ

こうやって改めて見ると、ひと言にパンといっても様々な種類がありますね。

食べ慣れたものから、見慣れないものまで。主食という大事なポジションだからこそ、国ごとに違った魅力や特色があります。

そんな世界のパンたちを色々と食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました