4月06日は『コンビーフ記念日』|汎用性抜群のコンビーフ あの缶の秘密と絶品レシピをご紹介♪【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

1875年(明治8年)の今日、コンビーフの台形の缶が特許登録されたことから。

缶が台形をしているのは、昔は中身を手で詰めていたため、台形のほうがつめやすかったことによる。

サンドイッチの定番具材であるコンビーフ。それだけなく、保存性の良さと下味がつけられていることから、お手軽料理のお供としても大活躍ですよね。

そんな食卓で大活躍のコンビーフ。今回は、あの独特な台形の缶詰の秘密から絶品レシピまで。コンビーフに焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

コンビーフの歴史

https://www.fnn.jp/articles/-/24573

発売当初は缶入りではなかった

アンカー瓶
国産コンビーフ第1号の容器。
コップ型のガラスと、ブリキ製の蓋でできています。

まずはコンビーフの歴史についてい。日本にコンビーフが入ってきたのはいつでしょうか。

「日本国民が深刻な食糧不足と栄養不足に陥っていた戦後の混乱期、進駐軍が民間に放出していた食糧品の中に、六角形の缶に入ったコンビーフがあったそうです。

栄養豊かな『コンビーフ』を、なんとか日本国内で製造できないかという趣旨で開発が始まりました」(川商フーズ)

そんなコンビーフだが、発売までには様々な苦労があったといいます

「原料には工場周辺の農耕牛が利用できましたが、缶を作るブリキの入手が困難でした。陶器の壺などで試作を重ねた末、ガラス容器で発売を開始しました。

しかし、手間がかかり、殺菌や加工、輸送の面でも苦労の連続でした。1950年に、ようやくブリキの入手が可能になり缶へ切り替えました」(川商フーズ)

実は、庶民に馴染みのある味だった

https://www.amazon.co.jp/%E5%B7%9D%E5%95%86%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%8E%E3%82%B6%E3%82%AD-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%88-80g-%C3%976%E5%80%8B/dp/B08961GDCD

発売後の人気は、果たしてどうだったのでしょうか。

「当時牛肉は非常に高価だったため、自ずとコンビーフも高級品でした。それに加えて知られている商品ではなかったので、本当に売れるのかと心配でしたが、いざ発売してみると想定よりもよく売れました。進駐軍が放出していたり、海外で捕虜になった兵士が収容所で食べていたりと、実は馴染みのある味だったのです」(川商フーズ)

売れ行きは好調だったが、売れたことでまた、苦悩と直面することになります。

「牛肉100%ですと高価になってしまうので、安価で同様の食感と味が作れないかと試行錯誤しました。その結果、馬肉と牛肉を混合した『ニューコンビーフ(現在のニューコンミート)』を開発したところ、大ヒットとなりました」(川商フーズ)

その人気ぶりは、原料が間に合わないほどだったといいます

「輸入も自由化されていませんでしたので、当時の担当者は原料肉を求め、世界中を捜し歩いたようです」(川商フーズ)

商品の開発者がいくつもの苦難を乗り越え、今日のコンビーフが生まれたのです。

あの独特な台形の形の秘密

https://www.oricon.co.jp/photo/5518/257680/

コンビーフのような、ほぐし肉の缶詰は古くから製造されていたと言われます。
コンビーフが製造され始めたころ、缶切りはまだ、一般家庭に普及していませんでした。
そんな状況下、現代のコンビーフ缶についている、缶を開けるための道具(巻き取り鍵と言います)は、「どんな人にも、簡単に安全に開けられるように」と、開発された方法です。

あのオーソドックスな、台形の缶の形状にも、意味がありました。昔は、

手詰めで缶に肉を詰めていましたが、そのとき隙間があくと、その部分が変色してしまう。それを防ぐための、みっしりと「詰めやすいカタチ」、それが台形の「枕缶」。

面積の大きい缶の底側のほうからだと、隙間なく詰めやすいことから、採用されたといいます。
最近では製造技術も進み、丸型のイージーオープン缶や、力の弱い人にも開けやすい、プラスチック容器に入ったコンビーフも、店頭に並ぶようになりました。

『保存食』としての目的を果たすためにも、必要な形だったのですね。

小ネタ・缶切りや巻取り鍵が生まれる前の世界

最近の缶詰は、イージーオープンの缶詰が多くなっています。つまり、「缶切り」がなくても、簡単に開けられる缶詰が増えています。(缶切りを使ったことのない人も、増えていると聞きます。イージーオープンではない缶詰に関して、缶詰メーカーの「お客様相談ダイヤル」には、あの、輪っかがないから、開けられない。「この缶詰、不良品ではないのか!」という、クレームのお電話もあるとか。)
もともと、缶詰は、「常温・長期保存」を実現するために生まれた技術。実は、缶詰という食品のパッケージ技術が実用化されてから、それを開けるための専用の道具、「缶切り」が開発されるまで、結構、待たなければなりませんでした。それは、なんと、76年程!
それまでは、缶詰の「取説」に、「この缶は、斧とのみで、開けてください」と表記されていたといいます。

開け方がワイルドw

今の便利な暮らしからは信じられませんね。

売切れ続出!?ノザキのコンビーフ枕缶が販売終了へ

寂しいことに、あの定番の台形の缶詰は製造終了してしまいました。

あの巻取り鍵でクルクルと開けていく様は、ワクワクする楽しさがありましたよね。

しかし、唯一無二のあの形。1950年から約70年間製造してきた製罐(せいかん=缶を製造すること)設備(ライン)の老朽化が原因で、『枕缶』の供給ができなくなりました。

長年、美味しさとワクワクを届けてくれた枕缶の製造ライン。

残念ではありますが、やはり機械の寿命には勝てなかったようです。

世界的に見ても珍しいラインだったため、部品供給も難しくなったようですね。

スポンサーリンク

コンビーフの栄養価

コンビーフのカロリーは、100グラムあたり203kcal。
塩漬けにした牛肉をフレーク状に加工し、牛脂で固めて作るコンビーフの缶詰のカロリー。

【コンビーフの栄養(100g)】

・糖質(1.7グラム)
・食物繊維(0グラム)
・たんぱく質(19.8グラム)

一般的に牛の外もも肉・すね肉がコンビーフのサンドイッチやコンビーフハッシュのレシピに用いるコンビーフの原料に使われます。

コンビーフは、ナイアシン・ビタミンB12・ビタミンE・ビタミンB2・ナトリウム・鉄・亜鉛・銅などの栄養成分を含み、脂質が多く、和牛ヒレ肉と同程度に高たんぱく。
炒め物・スープ・パスタ・コンビーフの炒飯・コロッケといったコンビーフ料理も人気。

お手軽に、たんぱく質を摂取できる食品として、トレーニング食にちょうどいいですね♪

コンビーフのおススメの食べ方

コンビーフポテトサンド

材料

■ コンビーフポテトサラダ

じゃがいも          大きめ2個

☆コンビーフ         80g1缶

☆マヨネーズ         大さじ5〜6

☆塩胡椒           適宜

☆黒胡椒           お好みで

レタス            2枚

○マスタード         適宜

○マヨネーズ         大さじ2

食パン8枚切り         6枚

作り方

①コンビーフポテトサラダ じゃがいもは皮を剥き水に晒してからレンジで柔らかくなるまで温める

②熱い内にマッシャーで潰して☆の材料と混ぜ合わせる

③サンドイッチ 食パン2枚に○を混ぜ合わせたものを塗り、片方にポテトサラダをたっぷり乗せる

④よく洗い適当な大きさに千切ってしっかり水切りしたレタスをサラダが見えなくなるように上に敷き、もう一枚のパンで挟む

⑤残りも同じように作る。軽めの重しをして少し置き、食べやすい大きさに切る

コンビーフの塩気が、マヨネーズでマイルドになって◎

手軽に作れる、コンビーフ料理の定番ですね。

コンビーフポテトサンド by タエ°
昔よく行ったパン屋さんのコンビーフ入りのポテトサラダの入ったサンドイッチが美味しかったのを思い出しで、挑戦してみました。

山ごはん~コーンビーフのカレー味ごはん

材料(2人分)

アルファ米                       150g

コーンビーフ                      80g

カレー粉                        小さじ2

S&B シーズニング ガーリックライス          1/2袋

水                           450ml

作り方

①アルファ米と水をコンロにかけ、沸騰したら弱火にして蓋をして5-10分水分がほんの少しになるまで煮る

②カレー粉とシーズニングをくわえてよく混ぜ,さらにコーンビーフを入れたら火を止めて10分蒸らす。

これは目からうろこ!

こんなにお手軽に作れるので、野外ではもちろん自宅での時短レシピにもGOODです♪

それにも関わらず、味も栄養価もバッチリ。

ぜひ、我が家の定番食に加えたい一品です。

山ごはん~コーンビーフのカレー味ごはん by ぼなぺちアコ
山ごはん、簡単にできるカレー味ごはんを作りました。

コンビーフハッシュ レッツ!オムレツ!

材料

オキハムのコンビーフハッシュ    1袋

溶き卵               2個

サラダ油              小さじ1

盛付用野菜             適量

作り方

①コンビーフハッシュは袋のまま軽く手でほぐしておく。

②熱したフライパンにサラダ油を入れ、溶き卵を流し込み軽く焼く。

③卵が半熟のうちに①のコンビーフハッシュを中央にのせ、包むように卵を折りたたむ。

④お皿に乗せ、お野菜を添え、お好みでケチャップをかけて出来上がり!

コンビーフの程よい塩気で、味付け不要の一品。

ふわふわの卵と、コンビーフ特有のお肉感で満足感の高い一品でした♪

コンビーフハッシュ レッツ!オムレツ! by オキハム
お中元・お歳暮に頂く機会の多い「コンビーフハッシュ」フライパンで炒めて、卵でくるんと包んで完了! 
スポンサーリンク

まとめ

お手軽ながらも、クセになる味わいのコンビーフ。

シンプルな塩味だけの味付けだからこそ、色々なレシピに活用できて便利ですよね。

しかし、あの独特の缶詰とマキマキがもうなくなってしまっていたこと地味にショックでした。

それだけ愛されていたということでもありますが、今後も新パッケージが新たな定番として食卓を飾っていくのでしょうね。

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました