4月05日は『新子焼きの日』|旭川の人々の心を掴んで離さない絶品グルメ 新子焼きの歴史をご紹介♪【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

旭川名物“新子焼き”の会が制定。

旭川市の名物である新子焼きを多くの人に知ってもらうことが目的。

新子焼きとは若鶏の半身を焼いてタレなどで味付けをしたもので、戦後間もないころ一部の地域では若鶏を新子(シンコ)と呼ぶ風習があり、そこから名付けられた。

日付は『し(4)んこ(5)』の語呂合わせから。

という訳で、本日は北海道グルメ新子焼きの日です。

北海道といえば、グルメの宝庫。新鮮な食材に溢れているイメージですよね。

でも、ラーメンにジンギスカンやスープカレー、そういったご当地グルメは知られていれど、

広大な北海道には、まだまだ知られていない絶品グルメがあるはず。

本日は、そんなご当地グルメの一つである新子焼きにお焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

旭川名物・新子焼きとは

https://torimasu.owst.jp/

新子焼きとは、旭川の焼き鳥屋さんでよく親しまれているご当地グルメです。同じ北海道でも旭川市だけで通じるメニューで、数キロ離れた街では一切通じなくなるというローカルなB級グルメ。

そんな旭川市のソウルフードともいえる新子焼き。それは、日本が復興へと力強く歩き始めた戦後の旭川で新子焼きは誕生しました。

若鶏の半身を素焼きにした豪快な焼き鳥で今日の疲れを忘れるほどのおいしさに誰もが心を躍らせました。

当時肉は高価な食材で、頻繁に食べられるものではありませんでしたが、新子焼きに元気をもらい旭川は復興へと力強く歩き続けました。

今でも新子焼きは庶民のごちそうとして愛され続けている世代を超えた旭川のソウルフードです。

どどーんと、若鶏の半身を丸焼きにする豪快な料理である新子焼き。

注文するときはちょっとご注意を。その豪快な調理方法から、焼きあがるまでには時間がかかります。

でも、新子焼きを注文して、待つ間に他の焼き鳥でちびちび飲むのも楽しかったり♪

https://shinkoyaki.com/story.html

「新子焼き」名前の由来

「新子焼き」は“コハダ”は出世魚っていわれてて成長と共に4回名前変えるんだわ〜。

一番小さい頃は“新子”って名前なんだけど、高級でウマイのさ〜。

https://jekhanagazoyo.blogspot.com/2021/02/blog-post_74.html

戦後、旭川で若鶏の半身焼きができたときに名前どうするべかってなったんだけど、

料理の世界では若いもんを新子っていうから、

若鶏を焼いたのは新子焼き、親鳥を焼いたのは山賊焼きって

呼び分ければいいべさってなったんだとさ。

https://www.pakutaso.com/20190919248post-23125.html

半身のまんま焼いて、肉汁閉じ込めるから、なまらウマイんだわ〜。

と、このように新子焼きの名前の由来に関しては、はっきりとした記録は残されていません。

・若鶏を使っている→コハダの若魚の時の名前・シンコから

・若鶏を使っている→料理の世界で若い職人見習いを新子と呼ぶことから

有力な説はこの二つですが、肝心ことはそこではありません。戦後間もない苦しい時代から、旭川の人々の胃袋をつかんで離さない絶品料理。美味しければ関係ないのです笑

旭川民のクリスマスの定番!?

旭川のソウルフード新子焼きはクリスマスにも大活躍です。

旭川の人々にとっては、七面鳥やグリルチキンの代わりにするのでしょう。人気のお店には予約が殺到し、その数なんと1000人前というから驚きます。

朝から晩まで黙々と新子焼きを焼くことになるのだとか。

新子焼きとは | 旭川名物「新子焼き」の会

旭川の絶品グルメ 新子焼きをお取り寄せ

食べてみたいけど、家の近くに食べられるお店がない……。そんな方には通販で購入することをおすすめします!冷凍状態で届くので、袋から新子焼きを取り出して、レンジで加熱をすれば食べられます。

そのまま食べてもおいしいですが、アルミホイルをかぶせてオーブンまたはトースターで焼くと、さらにおいしく食べられるので、ぜひお試しください。

「新子焼き」旭川名物若鶏炭火焼400g×1/若鶏半身焼き 御祝 ギフト お取り寄せ ケンミンショー (秘密のケンミンSHOW) TV放送 旭川 北海道 新子 国産 若鶏焼き クリスマス
created by Rinker
スポンサーリンク

まとめ

北海道は旭川名物・新子焼きの特集でした。

美食の宝庫 北海道においても地元の人々の胃袋を掴んで離さない絶品グルメ。

是非とも、その豪快な身にかぶりついてみたいものですね。

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました