4月01日は『WHOPPERの日』|圧倒的ボリューム!バーガーキングの魅力と炎上覚悟のユニーク広告をご紹介♪【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

バーガーキング・ジャパンが制定。

自社の商品のハンバーガー『WHOPPER』(ワッパー)には『とてつもなく大きいもの』『大ぼら』『うそ』などの意味があることから、エイプリル・フールの4月1日を記念日に。

また、バーガーキングが 2014年で誕生から 60周年となったのを記念して。

個人的に大好きなハンバーガーチェーン・バーガーキング。他社を圧倒するボリュームの看板商品ワッパーが魅力的なのはもちろん、

過去には「おいしさ保証」キャンペーン 満足できなければその場で返金といった奇抜なプロモーションを仕掛けるチェーンとしても有名ですよね。

そんな群雄割拠のバーガーチェーン業界でも個性的なバーガーキング。しかし、そんなバーガーキングについて話すと必ず付きまとう話題がもう一つ。

そもそも店舗がない!

そうです、人気や話題性の割にはあまり店舗を見かけませんよね。

それもそのはず、現在バーガーキングの店舗数は2020年時点で98店舗と、業界1位のマクドナルドの2909店舗と比べると圧倒的に少ない店舗数です。

今回は、そんなバーガーキングの店舗数が伸び悩む理由と魅力に迫ります。

スポンサーリンク

どうして少ないバーガーキング~日本での歴史~

https://www.pakutaso.com/20190402112post-20541.html

日本では中々店舗数の伸び悩むバーガーキング。でも、世界的に見ると実は店舗数2位の巨大チェーンなのです。

それにも関わらず、日本では上手くその地位を築けていません。まずは、その理由を考えていきましょう。

運営会社の不安定さ

米国で生まれたバーガーキングですが、海外進出するにあたり本社直営のフランチャイズ方式ではなく、各国毎に地元企業と業務提携を行う方式で欧米を中心に多くのチェーン店を展開しています。

日本で展開したバーガーキング・フランチャイズ事業を手がけた企業は、

  1. 1993年にアメリカ・バーガーキング社とフランチャイズ契約を結び、独自にチェーン展開していた西武商事
  2. 1996年にアメリカ・バーガーキング社の持株会社である、イギリス企業グランド・メトロポリタン社と提携、事業を展開していたバーガーキングジャパン(旧)を設立したJT
  3. 2007年に共同出資会社バーガーキング・ジャパン(新)を設立したロッテとリヴァンプ
  4. 2010年に上記会社を買収したロッテリア(韓国法人)
  5. 2017年にアメリカ・バーガーキング社とフランチャイズ契約を締結した投資ファンド、 アフィニティ・エクイティ・パートナーズがあります。

こうして見るだけでも、日本における経営の不安定感が伺えますね。

日本進出から30年足らず。途中、日本から撤退した空白期間があるにも関わらず、

これだけ多くの運営元が関わっています。

西武商事・JT運営期(1993年-2001年)

西武商事の運営方針としては、自社物件で保有する西武線沿線のテナントビルへの展開、プリンスホテルなどの西武グループのリゾート施設内を活用した店舗事業展開を計画していましたが、

米バーガーキング社との間で拡大戦略と事業展開についての意見の相違があり、後に既存店の営業は継続したまま、提携関係のみ解消することになりました。

既存店の運営を引き継ぎ、日本市場でのバーガーキング事業を継承したのは、日本たばこ産業(JT)が1996年に設立したバーガーキングジャパン株式会社です。

1990年代後半からは、日本マクドナルドが打ち出した平日半額キャンペーンなど低価格競争の激化や、西武グループの経営状況悪化もあり、メニュー単価が高いバーガーキングの店舗は客足が遠のき経営は悪化しました。

このため2001年3月末をもってバーガーキング・ジャパンは営業を終了し、日本から撤退しました。

https://middle-edge.jp/articles/I0000565

この時代は、ある意味マクドナルドの黄金期でもありますよね。

ボリュームのある反面、単価としては高い部類のバーガーキング。

デフレ時代の日本では、不利な戦いを強いられることになりました。

ロッテ・韓国ロッテリア運営期(2007年-2019年)

2006年11月29日、「ロッテリア」を運営するロッテと、ロッテリア再建に携わる企業支援会社リヴァンプ(REVAMP)が共同出資し、新会社「株式会社バーガーキング・ジャパン」を資本金1億円で設立。米バーガーキング社(BKC)と

2006年12月25日にフランチャイズ契約を締結しました。

その後、徐々に店舗数を増やしていくものの、2017年にアフィニティ・エクイティ・パートナーズが新たにバーガーキングとフランチャイズ契約を締結。

ロッテリア(韓国法人)が運営する店舗も平行して営業を続けていましたが、2019年5月に全22店舗を閉店。同年9月、ロッテリア(韓国法人)はバーガーキングを運営するバーガーキング・ジャパンホールディングスの全株式をアフィニティ・エクイティ・パートナーズに100億ウォンで売却しました。

売却した背景には、毎年100億ウォン台の赤字を計上していたことが原因だったといいます。

空白期間を経て、満を持して再上陸!

とはいかず、ここでもバーガーキングは苦境に立たされます。

口述しますが、話題性のありチェーンではあるものの、日本におけるチェーンとしての『立ち位置』を確立できなかったことが大きな要因です。

アフィニティ・エクイティ・パートナーズ運営期(2017年-)

2017年10月7日、バーガーキングアジアパシフィック株式会社と、香港の投資ファンド、アフィニティ・エクイティ・パートナーズが、マスターフランチャイズ契約を締結したと発表。アフィニティ社は、日本におけるバーガーキング事業の運営会社としてBKジャパンホールディングスを設立し、店舗展開を行うこととしました。

BKジャパンホールディングスでは積極的な店舗展開を続けるとし、2019年5月に閉店したロッテリア(韓国法人)系の22店舗とほぼ同数の20店舗を、2019年末までに新規オープンするとしました。

また同社では運営母体の変更に伴い、店舗ブランドの再構築を進める方針としています。

なお、アフィニティ・エクイティ・パートナーズは2016年に韓国のバーガーキングを買収しています。

ここでようやく現行の運営元に。

韓国での運営実績のあるアフィニティ・エクイティ・パートナーズは、

店舗数が少ないとの声を受け、2021年1月から3月にかけて、東京・千葉・大阪・広島エリアに7店舗の出店。

今後も出店を進め、「約70年後の2090年に日本一の店舗数を誇るハンバーガーチェーンになる」ことを目標としているのだとか。

立ち位置不明!?日本におけるマーケティングの問題

https://www.pakutaso.com/20171211360post-14657.html

世界においては確固たる地位を築いているバーガーキング。でも、日本における不振の原因は運営元が安定しないこと以外にもありそうです。

ここでは、その原因を考えてみましょう。

バーガーキングの弱点は「値引き」の多さ?

バーガーキングの弱点はどこかというと、その1つは販売戦略にもあります。バーガーキング・ジャパンのホームページを見ると、キャンペーンと銘打った商品の値下げが、2017年だけで50回近く実施。特に「無料」や「半額」といった文字が多く見受けられました。

こういった戦略は、もちろん集客に一定の効果は見込めますが、見方を変えれば通常価格で購入する客を自ら減らしていることでもあります。週に1度は何かしらの商品が無料や半額で購入できると知っている店で、あえて定価を支払う消費者はそう多くないでしょう。

あると嬉しいクーポンやキャンペーン。でも、頻繁過ぎると、その時『だけ』行く人ばかりになってしまいますよね。

それに、そういったものを使いこなせる人だけが得するものは、他の人に損をさせた『気分』にしてしまうデメリットもあります。

日本における立ち位置を確立できなかった

今や、日本にも乱立するバーガーチェーン。バーガーチェーンといえば、どんなお店は皆さんは想像するでしょうか。

多くの人は、マクドナルド。中には、モスバーガーを想像する人も多いかもしれません。

でも、人気はあれどバーガーキングを思い浮かべる人は、それほど多くないと思います。

それは、イメージ戦略・立ち位置を確保することにおいて、上記2社に後れを取っている為です。

マクドナルドといえば、最大手・安いイメージを持ちながらも、ハッピーセットといった子供向けメニューを展開することで家族層に訴求するチェーンですよね。

マクドナルドの施策・方針として、子供のころからマクドナルドの味に親しんでもらい、未来の優良顧客に育てる!

そういった考え方があるというのは有名ですよね。

一方で、モスといえば高級志向・素材の味を大切にしている等々、マクドナルドとは方向性の違う価値観で訴求し、女性客の支持も受けているチェーンです。

モスについての記事はこちらをご覧ください♪

しかし、バーガーキングといえば、そのボリューム感と話題性のあるプロモーションで一定の支持は受けるものの、支持層はコアなファン層になりがちです。

そうなると、どうしても店舗数を増やすことが売り上げの増加に結び付きにくい。ブランディングというのも難しいものですね。

バーガーキングの魅力

https://block.fm/news/burger_king_recommend

そうはいっても、個性的な魅力を持つことに変わりないバーガーキング。

コアなファンしかいないから伸び悩む?でも、考え方を変えれば、人によってはどっぷりハマる魅力があるとも言えます。

次は、そんなバーガーキングの魅力に迫ります。

看板商品 ワッパー

バーガーキングでは、大きいサイズのハンバーガーのことをワッパーと呼びます。英語で「Whopper」とは「とてつもなく大きい」という意味で、4オンス(約113g)のビーフパティをサンドしています。

最近はファーストフードでもカロリーオフのバーガーが増える傾向にありますが、バーガーキングのワッパーは、カロリーなど気にせずに大きなバーガーを食べたいという人に人気があります。

バーガーキングのワッパーが人気の理由は、大きさもさるごとながら、その美味しさです。バーガーキングのワッパーはバーガーチェーンでは珍しい直火焼きで、ジューシーで香ばしい仕上がりになっています。

圧倒的ボリューム

バーガーキングのワッパーが人気なのは、ボリュームがたっぷりとあるからです。マクドナルドなど人気バーガーチェーンのハンバーガーと比べると、ワッパーの大きさは約1.5倍はあるでしょう。

小さなバーガーでは物足りないという人や、アメリカンサイズの美味しいバーガーを食べたいという人にたいへん人気があります。

その大きさをわかりやすくするために、マクドナルドと比較してみましょう。

大きさを比べる際、分かりやすいのはバーガーの直径でしょう。バーガーキングのワッパーの直径の大きさは約13センチ、ワッパージュニアの大きさは約9センチです。

マクドナルドのハンバーガーの大きさは、直径約9センチなので、ワッパージュニアとマクドナルドのハンバーガーのサイズはほぼ同じといえるでしょう。ただしワッパーは、マクドナルドのハンバーガーより一回り大きいことになります。

大きさを比べたところで、次に重さを比べてみましょう。バーガーキングのワッパーの重さは278g、ワッパージュニアの重さは145g、マクドナルドのハンバーガーの重さは106gです。バーガーキングのワッパーやワッパージュニアのほうがずっしりとした重さがあります。

ワッパーやワッパージュニアが重量があるのは、パティの大きさやサンドされている野菜の量の違いによります。ワッパーのパティは約113g、マクドナルドのバーガーのパティは約45gです。

もはや、倍近い差が…

あの満足感も数字にしてみると改めて納得ですね。

バーガーキングの「ワッパー」はカスタマイズできる

バーガーキングの特徴は、他のバーガーチェーンと異なり、ハンバーガーカスタマイズできることです。「HAVE IT YOUR WAY」と呼ばれているシステムで、中にサンドする具材を増量したり抜いたりすることができます。

特にオニオンやピクルスは気になる人が多く、あらかじめ作るときに抜いてもらうことができます。また、具材やソース、ケチャップなどは無料で1.5倍まで増量することができます。野菜を多めにしてもらったり、トマトのみを増量してもらったりと、お好みでカスタマイズできます。

https://gourmet-note.jp/posts/12002

有料・無料ありますが、自分好みにできるのは魅力的ですよね。

僕は、たまに行くときはガッツリ食べたくて、

思わずパティ増量しちゃいます♪

スポンサーリンク

個性抜群!?ユニークなプロモーション

バーガーキングというと、ユニークな広告で話題を生むことが多いですよね。前述の「70年後には日本一の店舗数」をはじめ、マクドナルド秋葉原昭和通り店の閉店の際には、2軒隣りのバーガーキング秋葉原昭和通り店で一見、労をねぎらいつつも、縦読みをすると「私たちの勝チ」と読めるポスターを貼りだしました。

そんなユニークな広告の多いバーガーキングですが、隠されたメッセージに気づいてもらえないことも。

最近の気づかれなかったものとしては、「THE FAKE BURGER(ザ・フェイク・バーガー)」の中に仕込んだ仕掛けがあったそうです。

ザ・フェイク・バーガーは2020年10月23日から11月5日までに限定発売された商品で、名前の通り中身は“謎”とされていました。

バーガーキングのハンバーガーは直火焼きのパティを使用することにこだわってます。それに反して、ザ・フェイク・バーガーは“イモ”を挟んで仕上げた、その名の通り“フェイク”なバーガーでした。そのため、価格もお手頃な単品290円(“ニクなし”)としていたそうな。でも、全く価格のダジャレには反応されなかったとか笑

この画像はバーガーキングのパテは直火焼きでグリルしているのをアピールする為に、店舗を燃やした自虐的すぎる宣伝ポスター

こちらは本家米国での過激なプロモーション

勝手に比較しちゃう

あえてマックに一度立ち寄った上でスルーしてバーキンに行くと激安クーポン

Burger King | How to do the Whopper Detour

ライバル企業であるマクドナルドへの当てつけが酷すぎるw

店舗を増やして欲しいというTwitterでの声に…

まさかの店舗数の不利対策!? バーガーキング×エイブル コラボ

自宅の近くにバーガーキングがない?だったら、バーガーキングの近くに住めばいいじゃない!

そう言わんばかりのまさかのコラボレーションが実現。

その発想はなかったw

でも、次に引っ越すときには参考にしたいと思ってしまう自分がいます笑

バーガーキングの近くに住む
バーガーキングタウン物件情報サイト「BK TOWN ROOM」

まとめ

日本では店舗数も少なく、中々苦戦しているバーガーキング。

でも、その味や個性的なプロモーションからは目の離せないものがありますね。

僕からはひと言。

いいぞ、バーガーキング!もっとやれ!笑

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました