3月16日は『十六団子』|五穀豊穣への願い 十六団子の意味と『16』に纏わる日本の文化をご紹介【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

東北地方の各地に残る風習で、この日に田の神が山から戻ってくるとされ、団子を16個供えて神を迎える行事。

これだけ見ても、静岡生まれの僕としては何のことやらさっぱりです。でも、東北のお祭りというのは地域の風俗史が色濃く残る個性的な魅力的なものが多いですよね。

今回は、その中でも食べ物が深く絡むお祭りということで調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

「十六団子」とは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「十六団子」とは、3月16日、春になり山から下りてくるとされる「農事の神様」のために作られる16個の団子のことです。

田畑を耕して生活しているころ、人々は五穀豊穣を司る神様「農事の神様」がいると考えていました。

農閑期になると山へ戻り「山の神」として冬を越し、暖かい春になると人々が暮らす里山へ戻り「田の神」として田畑を見守るとされています。

「農事の神様」は杵や臼で餅をつく音を聞き里山に降りてくると言われているため、農作業をはじめる3月16日に「田の神おろし(農神おろし)」といって餅をつき、16個のお団子をお供えするようになったそうです。

「十六団子」は、16日にお供えすることからつけられた名前ですが、「16」と和菓子の風習には、深い関りが昔からあるそうです。

室町時代以降に「嘉詳喰い(かじょうぐい)という風習が広まり、旧暦の6月16日に無病息災を祈願し16個のお餅を無言で食べるというもの。

これが江戸時代になると16文(当時の通貨)でお菓子を買い、笑わずに食べることで無病息災で過ごせるという風習に。

古くは、平安時代中期に流行った疫病を抑えるため、仁明天皇(にんみょうてんのう)が6月16日に16種の餅や菓子を神前にお供えして疫病除けや人々の健康と幸福を願い「嘉詳(かしょう/かじょう)の儀式」を行ったことが始まりと言われています。

このことから、お団子を16個供えるようになったという説もあるようです。

「16」という数字がこうして繋がっているのはおもしろいですね。

1つの行事の中に、さまざまな歴史や人々の願いが込められていると思うと、とても感慨深いものです。

五穀豊穣を司る農事の神様を祀るお祭りというのは、八百万の神々を信奉していた日本らしい文化ですね。

それにしても、『16』という数字が日本の風習の随所に見られるというのも面白いですね。

当ブログテーマからは外れてしまいそうですが、それをテーマに調べてみるのも面白いと思いました。

十六団子の供え方

なぜ神様の供えるものがお団子かと言うと、それは神様をお迎えする方法に理由があります。

お団子は杵と臼で餅をついて作りますが、その杵と臼をゴンゴンと打ち鳴らし音を立てることで山の神様にお迎えをする合図としたと言われています。

現在では杵と臼を使ってお団子を作る方法は少なくなり、米粉や上新粉に砂糖を加えて作った16個の小さいお団子をお供えして家族で食べるのが一般的な行事の行い方です。
また、家に神様をお迎えするためにお団子を供えるのではなく、地域によっては恵比寿様や大黒様が祀ってある場所に十六団子を供えるという風習もあります。

もともとの風習がかたちを変え、しかしその本質はそのままに伝統として受け継がれていると言えますね。

十六団子が根付いている地域

十六団子は米作を主とする多くの地域で伝えられてきましたが、特に東北地方や北陸地方に伝統行事として多く残っていると言われます。

作った16個のお団子を枡の中に入れて神様に供えるという供え方が各地で行われてきました。

十六団子と言うと今では3月の伝統行事と捉えられていますが、神様を山にお見送りする11月16日にも16個のお団子を供える風習があります。

このあたりは地域の伝承によっても違いのあるところです。

米作の始まる時期に行う行事と終わる時期に行う行事。

どちらを、若しくは両方行うかは少し地域差があるようですね。

日本の文化における団子とは

十六団子に限らず、日本の文化や伝統行事には団子を取り入れたものが多くあります。

旧暦の8月15日の満月の日を十五夜と呼び、月見団子やススキを供えるお月見は、現在も楽しまれている文化です。

月を信仰の象徴と捉え、秋の収穫の始まりと重なる満月の日に団子を供えて豊かな収穫を祈ることが習慣となり、それが受け継がれています。
また春と秋のお彼岸には、仏教の習わしとして仏様やご先祖様に彼岸団子を供えるのが伝統です。

春の訪れとともに新しく芽吹く命と、秋の実り豊かな収穫に感謝する意味が込められていると言われています。

古くから団子を供えるという行いは、人々が自然に感謝し五穀豊穣と無病息災を祈る習慣に繋がります。

日本の伝統文化でもある団子を、感謝の気持ちや長寿の願いとともに楽しむのもいいのではないでしょうか。

~無病息災・今年も十分な収穫ができることを祈って~ 十六団子を作ってみよう

山から降りてくる神様にお供えする十六団子。うるち米を乾燥させてから粉にした上新粉で作ります。

うるち米はもち米に比べてアミロースが多い分、ネバリが少なく歯ごたえのある食感になります。胃腸を始めとする消化器系全般を丈夫にする働きに優れ、体に力をつけてくれます。

材料(16個分)

上新粉    200g

熱湯     150~180cc

砂糖     お好みで少量

作り方

①ボウルに上新粉(好みで砂糖を加えてもよい)を入れて熱湯を注ぎ入れ、箸でかき混ぜる。

②触れるくらいの温度になったら、手でよくこねる。

③ネバリが出てきたら16等分にして丸める。

④蒸し器に濡れ布巾を敷き、団子を等間隔に空けて並べ、フタをして強火で約10分蒸す。

⑤器に盛る。完成!

素朴な味わいで美味でした♪現代食は味の濃いものが多いですが、たまには身体を労わりつつ、こういうメニューも多いですね。

旬の食材・健康レシピ - 十六団子
天気に基づく健康予報をお届けする「バイオウェザーサービス」。日々のお天気と季節病・気象病のリスクをチェックして日常生活の健康管理に役立て下さい。
スポンサーリンク

まとめ

お月見を始め、日本の文化にはお団子にまつわるものも多いですよね。

しかし寂しいことに、近代化するにつれて忘れ去られてしまった慣習も多いのも事実。

でも、十六団子は日本の豊かな四季の移り変わりを感じることのできる素敵な行事なので、後世までしっかり残していきたいものですね。

そして、今回のレシピは十六団子はもちろん、お月見などにも使える汎用的なレシピなので是非活用してみてくださいね♪

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました