3月04日は『バウムクーヘンの日』職人技がが光る!?バウムクーヘンの歴史と魅惑の進化系バウムケーヘンをご紹介【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

1919年(大正8年)3月4日に広島県物産陳列館(のちの原爆ドーム)で行われたドイツ俘虜展示即売会で、カール・ユーハイム氏がドイツの伝統菓子のバウムクーヘンを出品したことから制定されました。

というわけで、本日はバウムクーヘンの日です。バウムクーヘンといえばドイツ伝統のお菓子のひとつ。幾重にも重なった生地が特徴的ですよね。少しお行儀が悪いですが、小さい頃なんかは無駄に一枚づつ剥がして食べたという人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなバウムクーヘンに焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

バウムクーヘンの歴史

バウムクーヘンはドイツ発祥のお菓子です。

ドイツ語でバウムは「木」、クーヘンは「お菓子」を意味します。

輪切りにすると木の年輪のような模様が現れるのが特徴で、名前の由来にもなっています。

この年輪のような模様は、バウムクーヘンを作る際に生地を棒の表面に少しずつかけながら、棒を回して焼き上げることを繰り返すことで出来上がります。

一層一層丁寧に焼き上げるバウムクーヘンは、まさに職人技が効いた手間のかかるお菓子なのです。

バウムクーヘンの起源には諸説ありますが、その中でも有力なのは紀元前のギリシャに誕生した、木の棒に生地を巻きつけて焼いた「オベリアス」というパンの一種だったという説です。

なお、他には中世ポーランドの伝統的なケーキ「シャコティス」や、クリスマスツリーのような形をしたフランスの伝統菓子「ガトー・ア・ラ・ブロッシュ」が起源だという説もあります。

そして、1800年代の初めにドイツでバウムクーヘンが生まれ、そのバウムクーヘンが日本に伝わったのは第一次世界大戦の際。

バウムクーヘンで有名な製菓会社「ユーハイム」の創始者カール・ユーハイムが、日本に捕虜として連れてこられたときに、広島県物産陳列館でバウムクーヘンを焼いたのがはじまりです。

戦後も日本に留まったカール・ユーハイムは、菓子職人の資格を活かして「明治屋」や東京・銀座の「カフェ・ユーロップ」に勤め、1921年に横浜で「ユーハイム」を創業しました。

その後、バウムクーヘンは瞬く間に日本で広まり、現在では普段のお菓子として、結婚式の引き出物としてと、日本人にとって欠かせないお菓子となりました。

食べてよし、贈ってよしの有名店のバームクーヘン5選

次は定番から変わり種まで、現在お取り寄せ可能な絶品バウムクーヘンをご紹介します。自分へのご褒美に。大切な人・取引先への贈り物に。珠玉の逸品をいかがでしょうか。

ユーハイム リーベスバウム

  • 外側をホワイトチョコレートでコーティングされた美味しいバウムクーヘン
  • ユーハイムは店舗数が多く、実際にお店で商品を確認しやすい
  • ユーハイムのバウムクーヘンは比較的リーズナブルなので、ちょっとしたお礼や普段のおやつにぴったり

お返しや手土産に適したバウムクーヘンをお探しなら、日本におけるバウムクーヘンの始祖にして大定番のユーハイムは外せません。

ユーハイムを代表する人気商品「リーベスバウム」は、扇形にカットされたバウムクーヘンが個包装されており、わざわざ切り分けることなく手軽に食べられるのが魅力。

周囲がホワイトチョコレートでコーティングされていることで、生地の甘さとは別の甘さがプラスされ、バウムクーヘンの美味しい味を一層引き立てています。

ユーハイムの「リーベスバウム」は、比較的リーズナブルな価格なのも嬉しいポイント。

個包装にもかかわらず高い価格ではないので、ちょっとしたお返しや、自分や家族のおやつとして気軽に購入できておすすめです。

治一郎|治一郎のバウムクーヘン 8cm

突然ですがバウムクーヘンの層は何層か、考えたことはありますか?
10層未満のものも普通で、専門店のものでも10~20層が一般的です。
そんななか、治一郎のバウムクーヘンは、しっとり、ずっしりの24層。
職人が焼き上がるまでつきっきりで世話をし、ギリギリの火加減で「薄く」「レア」に焼成するため極上のしっとり感が出来上がるそう。
職人の緊張感が伝わってきそうに美しい仕上がりのバウムクーヘンをお楽しみください。

次は王道中の王道から。職人技の光る極薄の層は圧巻の一言です。その重厚な味と、意外にも甘さ控えめなところは万人受けしそうですね。その点含め、自分へのご褒美にはもちろん、贈り物にも最適な一品です。

マダムシンコ(MADAME SHINCO) バウムクーヘン

斬新なスイーツを生み出すマダムシンコは、2006年に設立されたブランドです。煌びやかなパッケージデザインも特徴で、トレンドに敏感な人から注目されています。

年輪が薄めのバウムクーヘンは、職人が細かく火力や焼くスピードを調整しながら仕上げており、独特な食感を楽しめるのが魅力です。
ベーシックなタイプに加えて、見た目や味が個性的なタイプもラインナップされています。

大阪で有名なバウムクーヘンのため、関西ならではのものをお取り寄せしたいときにもおすすめです。

次は少し変わり種もピックアップ!マダムシンコのバウムクーヘンは定番の美味しさもさることながら、変わり種な味もまた絶品です。『映える』その見た目はギフトにもぴったりですね。

柳月 バウムクーヘン

日本で誕生した柳月は、畑作や酪農が盛んな北海道の素材をもとに、お菓子を製造するブランドです。個性あふれる商品を数多く生み出し、ファンをとりこにしています。

バウムクーヘンはオリジナリティあふれるものが揃っており、外側のコーティングや生地のフレーバーなどがユニークです。
定番のもののほかに、季節や通販限定の商品もあるので、飽きることなく楽しめます。

また、たくさん食べられる大きめサイズと少しだけ食べたいときに便利な個包装タイプから選べるのも、お取り寄せで人気の理由です。

こちらも少し変わり種のバウムクーヘン。マーブル柄の見た目がこれまた『映え』ますね。もちろん、味の方も絶品。しっとりとした食感の中に、チョコレート部分の甘さとパリパリ感が良いアクセントとなっています。

銀座 ねんりん家 バウムクーヘン

唯一無二のバウムクーヘンを扱う銀座 ねんりん家は、2007年にスタートしました。独自の食感の商品を作り上げ、たくさんの人に選ばれ続けている有名ブランドです。

バウムクーヘンには、柔らかさが印象的なタイプから皮がカリッとしたタイプまで、個性のある食感のものが揃っています。
どのタイプもほかには無い口当たりなので、とっておきのバウムクーヘンをお取り寄せしたいときにおすすめです。

じっくり味わえる単品とあわせて、食べ比べができる詰め合わせも人気です。

ギフト・お土産の新定番となりつつある銀座ねんりん家のバウムクーヘン。もはや、文句なしの逸品ですね。バウムクーヘンらしい内側のしっとり感と、打って変わってアクセントとなる外側のバリバリ感。味はもちろん、食感も楽しめる珠玉の逸品です♪

スポンサーリンク

まとめ

どれも絶品!バウムケーヘンの特集でした。シンプルなものは、その素朴な味からついつい食べ過ぎちゃいそうですね。その一方で変わり種たちも負けじとその個性を発揮しています。

こうしてみると、バウムクーヘンもまた日々進化をしていますね。昔ながらの王道なシンプルスタイルも捨てがたいですし、『映える』進化型バウムクーヘンも捨てがたい。

今度のご褒美はどんなバウムクーヘンにするか悩みどころですね♪

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました