3月02日は『ご当地レトルトカレーの日』|国民食カレー 各地で進化を遂げたカレーから厳選10品をご紹介【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

全国各地にあるレトルトカレーを通して各地域の魅力をより多くの人に知ってもらうのが目的にご当地レトルトカレー協会が制定しました。

日付は、カレーの日が1月22日でレトルトカレーの日が2月12日であることから、1月、2月に続いて3月。さらに、22日、12日のつながりで2日に。

レトルトカレーと侮ることなかれ!今はどんどん味も良くなって美味しいものが増えていますよね。

そして、ご当地カレーといえば、高級和牛が使われるような贅沢なものから、ジビエを使った変わり種まで気になるものを挙げたらキリがありませんw

という訳で、今回はそんな気になるご当地カレーから厳選した10品をピックアップしてお届けします♪

スポンサーリンク

ご当地レトルトカレーおすすめTOP10

10位:プロット | 埼玉ご当地カレー 猟師工房 ジビエ鹿肉カレー 

ヘルシーでさっぱりした味わいのジビエカレー

国産鹿肉を使い、東京大学「狩人の会」と共同で開発した埼玉県のご当地カレー。鹿肉は脂肪分が少なく、ビタミンBやカル二チンが豊富に含まれています。またジビエは狩猟肉で、餌は自然由来のためとてもヘルシーです。

程よくスパイシーな風味とジビエのさっぱりした味わいがマッチし、一度食べるとクセになる味わいですよ。

という訳で、早速出ましたジビエカレー!とはいえ、スパイシーなカレーだからこそジビエ特有の臭み等も全然なく美味しく戴けました。

9位:高島食品 | 海鮮スープカレー

本場北海道のスープカレーを自宅で堪能できる

本場北海道のスープカレーは、レトルトだと味が薄くなりがち。でも、高島食品のものは濃厚で美味しいとリピーターが多く存在します。ホタテやイカなど海鮮の旨味と、スパイスのピリッと感が相性よくマッチした一品で、焦がしバジルやタイムの風味もアクセントに。

海鮮に加え、じゃがいも・人参・玉ねぎなどの野菜もごろっとたっぷり入っており、ボリューム満点ですよ。

レトルトのスープカレーだからといって期待を裏切りません!スープの中にはしっかりと具材の旨味が凝縮されていて大満足♪レトルトと思えない具材の豊富さも魅力です。

8位:北都 | 北都 大間のまぐろカレー

青森県大間港で水揚げされたマグロを使用

ブランドマグロとして有名な、青森県大間のマグロを使用したご当地カレーです。マグロの旨味がスパイシーなカレーに程よく溶け込み、海の風味を存分に味わえます。

マグロの独特の臭みもなく、どちらかというとさっぱりした味わい。北都のご当地カレーシリーズには、マグロの他にホタテやカニカレーも発売されています。海の幸が好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

魚介好きとしては気になっていた一品!先のスープカレーと違い、マグロ自体が肉肉しいので違和感なくカレーとして食べられました。

7位:レインボー食品 | 広島名産 かきカレー 中辛

牡蠣が丸ごと入った満足感がうれしい。本場の味を楽しんで

ご当地レトルトカレーの中でも、特に有名なものの一つがこの広島県の「かきカレー」。長年お土産として、またお取り寄せグルメとして人気の高いベストセラーです。

やはり人気の決め手はその味と、牡蠣が丸ごと入っているという満足感の高さ。ココナッツミルクなどでマイルドめに仕上げたベースのカレーとスパイスが、牡蠣の旨味をより引き立てています。まさに牡蠣を前面に押し出した「ご当地」感満載の一品です。

意外と続く海鮮カレーシリーズ!カレー大好き国であるのと同時に海産国でもある日本ならではの特徴ですね。こちらももちろん美味しいですが…

個人的には牡蠣は牡蠣そのものの味で楽しみたいところかな。

6位:自由軒 | 自由軒 名物カレーレトルトパック

大阪の老舗店「自由軒」のカレー

明治43年に創業し、大阪で一番古い洋食屋として有名な「自由軒」のレトルトカレーは、ペーストされたルーをフライパンに入れ、白いご飯と混ぜて食べるのが特徴的。仕上げに卵黄や、別売の四代目ウスターソースをトッピングするとより美味しくいただけますよ。

実店舗は現在も大阪・難波千日前にあり、地元民や観光客に愛され続けています。休日は何時間も待つこともある老舗の味わいを、おうちでもぜひどうぞ。

レトルトカレーの枠からは少し離れた感がありますが、個人的に今回食べてみた中ではベストヒットです♪

このB級グルメ感に大満足w

5位:神戸ビーフ食品 | 神戸牛カレー

神戸牛を使った贅沢な味わい

神戸牛の卸売・加工品販売をしている神戸ビーフのカレーは、日本三大和牛として名高い神戸牛を使ったご当地カレーです。

大きな神戸牛がごろっと塊で入っており、食べ応えは十分。程よくスパイシーなルーと相性良く絡みあい、食欲をそそります。値段は高めですが、その値段に見合った贅沢な味わいを堪能できるでしょう。

これはある意味ご当地カレーの大本命だと思います。なかなか、日本各地の高級和牛を食べ比べというのはお財布的にもキツいですよね。

でも、ご当地和牛カレーで食べ比べすれば、わりとお財布に優しいかも…!?

銀座匠苑にくいち【にくいち神戸牛カレー】(180g)【RCP】 【ご当地カレー/レトルトカレー】
created by Rinker

4位:伊藤久右衛門 | 宇治抹茶カレー

治抹茶を使ったユニークなご当地カレー

宇治抹茶の鮮やかなグリーンが目を引く、ユニークなご当地カレー。一見味の想像をし難いと感じるかもしれませんが、宇治抹茶のコクとカレーの風味は意外にも相性よくマッチします。

宇治抹茶の風味を第一に考え、優しい色味のホワイトペッパーをベースにしているのがポイントです。そこへ、フェネグリーク・コリアンダー・シナモンといった複数のスパイスを調合して作られています。個性的なご当地カレーを食べてみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ここにきて少し奇抜なカレーが!

これは食べていて不思議な気分になりました。しっかりとお茶の風味はします。だけど、しっかりカレーなのです。予想外の二つを紡ぐスパイスの妙。一度試してみる価値アリです♪

3位:ヤチヨ | よこすか海軍カレービーフ 

明治の「海軍カレイライス」を食べやすく再現

明治時代に海軍に伝わっていたレシピをもとに、食べやすく再現したご当地カレーです。大きな具がゴロゴロと入り、果実の甘みを感じるこの味は、日本のカレーの原点ともいえるもの。

カレー好きの方には有名な商品で、ECサイトのレビューでも、味について評価する声を数多く確認できます。ご当地カレーの中では比較的リーズナブル・オーソドックスで、チャレンジしやすい一品ですよ。

原点にして頂点

これがカレーだ!というシンプルさ、かつそれでいて王道の美味しさはハズレなしです。

2位:北海道産直グルメ ぼーの | 北海道極旨スパイシースープカレー

チキン・ホタテ・角煮の3種類から選べるスープカレーセット

産直グルメを扱うショップの商品は、北海道名産であるスープカレーを自宅で美味しく堪能できる嬉しいセット。

旨味の詰まった北海道産のホタテだけでなく、チキン・角煮の3種類から選べるところも見逃せません。それぞれ違った風味や食感、旨味を楽しめるので、好きな味をチョイスしてみてください。

3年の歳月をかけて誕生したこちらのスープカレーは、特製オニオンペーストに、20種類のスパイスを入れて作られた香りの高さも魅力。旨味と辛さのバランスが良いスープカレーです。

これまた贅沢すぎふスープカレー!やっぱり、スープカレーは具材の豊富さが一番の魅力ですよね。その点、これに勝てるものは中々ないと思います。むしろ、レトルトの土俵でなく、おみせのものとも勝負できるレベル!?

北海道産直グルメ ぼーの北海道極旨スパイシースープカレー
created by Rinker

1位:吉田ハム | 飛騨牛ビーフカレー

レトルトとは思えないような美味しさで、絶賛の声多数!

ブランド牛の飛騨牛がとにかくふだんに、ごろごろと入れたご当地カレーです。「贅沢さ」という点では、数あるご当地レトルトカレーの中でも指折りではないでしょうか。

牛肉は表面を焼いた上でしっかり煮込み、数種類の野菜の旨味や隠し味の郡上味噌と合わせて、上品なカレーに仕上げています。

岐阜県の健康こだわり食材の店認定レストランである、覇楼館のオーナーシェフ開発。材料・レシピどちらにも一切妥協のないこだわりの味で、本格派にもおすすめできる一品です。

最後は王道のビーフカレーがトップを飾って終了!

とはいえ、ただのビーフではありません。和牛の代表格・飛騨牛をふんだんに使用したカレーは絶品のひと言です。ただ高級食材を使うだけでなく、こだわりの調理方法で作られたカレーは上品でスパイスの後味がよい食べやすいカレーでした。

created by Rinker

まとめ

今回、様々なご当地カレーを食べてみましたが、どれも工夫の凝らされた一品ばかりで大満足でした。

意外性No.1という意味では宇治抹茶カレー

ボリュームに大満足という意味では北海道極旨スパイシースープカレー

ジャンクやB級グルメ好きの僕としては、味だけでいったら自由軒 名物カレーレトルトパックといったところでしょうか。

今回ご紹介したもの意外にも、日本全国様々なご当地カレーがあります。

その中から新しい味を追求したり、自分好みの逸品を探してみるのも良いかもしれませんね。

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました