12/2はビフィズス菌の日|実は貴重品!?乳酸菌『より』優秀なビフィズス菌の効果【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

善玉菌の代表といわれるビフィズス菌入りの食品を食べることでおなかを良い状態に保ち、健康を維持してもらうのが目的。

日付はフランスの小児科医のアンリ・ティシェ氏がパリの生物学会でビフィズス菌の発見を発表した日(1899年12月2日)にちなんで。

お腹に優しいビフィズス菌!でも、実際にはどんな効能があるかご存知でしょうか。

また、効果的に摂取する為に、

何を食べたら良いのか?

どんな食べ合わせが効果的か?

意外と知られていないと思います。今回は、お腹の味方・ビフィズス菌に焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

ご存知でしたか!?実は乳酸菌とビフィズス菌は似て非なるもの

ヨーグルト選びのポイントは、菌にあった!

家族の健康のため、毎日の食卓にヨーグルトを並べているという方も多いのではないでしょうか。

でも、そのヨーグルト、なんとなく選んでいませんか?
ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などの菌が含まれています。
せっかくですから、腸内育菌のために、『菌にこだわった』ヨーグルト選びをしてみませんか?

腸内フローラでは、常に善玉菌と悪玉菌が闘っている!

腸内には、たくさんの菌が棲みついています。
そのなかでも、善玉菌は消化吸収を助けたり、病気に対する抵抗力をつけるなど有用な働きをします。
反対に、炎症を起こす物質や発ガン物質や発ガン促進性物質を作るなど、有害な働きをする菌を悪玉菌といいます。

善玉菌は悪玉菌を抑制する効果があり、腸内フローラでは常に2つの菌がせめぎ合っている状態です。
この時、悪玉菌が優勢になると、様々な健康リスクが高まると言われています。
健康のためには、善玉菌が優勢であることが、腸内フローラのバランスがとれた良い状態なのです。

実はレア!ビフィズス菌入りヨーグルト

すべてのヨーグルトにビフィズス菌が含まれているわけではありません。
ビフィズス菌は一般的に酸素や酸に弱く、ヨーグルトでの増殖が難しいのです。
発酵した後、製品が食べられる前に死んでしまうようなビフィズス菌も多く、生きたビフィズス菌を豊富に含むヨーグルトを作るのはさらに困難なことです。

もちろん、乳酸菌の入っているヨーグルトにも整腸作用はあります。しかし、生きているビフィズス菌の入ったヨーグルトの方がより効果が高いことがわかっています。

「腸内フローラには、乳酸菌よりビフィズス菌」が大切な3つの理由

①99.9% vs 0.1%

腸内フローラの主な舞台である大腸で、炎症を起こす原因となっている悪玉菌をやっつけるのが善玉菌。実は大腸の善玉菌である、ビフィズス菌と乳酸菌の割合は、なんと99.9%がビフィズス菌で、0.1%が乳酸菌。
あまり知られていないことですが、大腸の善玉菌のほとんどがビフィズス菌であり、悪玉菌をやっつけ、腸内フローラのバランスを良好に保つ大切な役割を果たしています。

ビフィズス菌→乳酸+酢酸

さらに注目すべきは数の差だけではなく、それぞれの菌がカラダの中でつくりだす成分。
乳酸菌が「乳酸」をつくりだすのに対し、ビフィズス菌は「乳酸」に加え「酢酸」もつくりだします。この「酢酸」が非常に重要で、より強い殺菌作用で悪玉菌をやっつけてくれるのです。

年齢と共にビフィズス菌は減ってしまう

ビフィズス菌は、生まれて間もないときからヒトの腸内に存在し、健康な赤ちゃんの腸内フローラの大半を占めています。しかし年齢とともに腸内のビフィズス菌は減少していき、中高年~老年期にかけてさらに減少。そして代わりに、健康に悪影響を及ぼすさまざまな悪玉菌が増えてしまいます。
そのため、悪玉菌を抑え、腸内フローラを良好にするためにも、ビフィズス菌をいかに大腸に多く保ち続けるかが大切です。

ビフィズス菌を増やすには、生きたまま腸まで届くビフィズス菌入りのヨーグルトや商品を毎日継続して摂取することがとくに効果的。 毎日の食事に積極的に取り入れ、善玉菌・ビフィズス菌が優勢なバランスのとれた腸内フローラを目指しましょう。

効果的にビフィズス菌を増やす方法

効率的にビフィズス菌を増やすには大きく分けて、2つ方法があります。

①もともと腸内にいるビフィズス菌の数を増やす

②外から生きたビフィズス菌を補給する

ビフィズス菌を増やすには、ビフィズス菌を増やす働きをするオリゴ糖を含む食品を摂るように心掛けることいいでしょう。比較的に野菜や果物にはオリゴ糖が含まれているものが多いのですが、併せて市販のオリゴ糖やオリゴ糖を多く含む製品や、生きた乳酸菌やビフィズス菌を含む発酵乳製品等も上手に摂ることで、効率良くビフィズス菌を増やすことができると考えられます。

また、ビフィズス菌は偏った食事やストレス、ある種の抗生物質や老化でも減少すると言われています。ストレスのない健康的な生活を心掛けることもビフィズス菌のためには大切です。

ビフィズス菌自体を摂取する方法として有名なのはヨーグルトですよね。でも、同じヨーグルトでもビフィズス菌が含まれていないものもあります。また、含まれていても微量なものも多いです。オススメは、『お腹で増える』ビフィズス菌入りヨーグルトの摂取です。

スポンサーリンク

ビフィズス菌の効果

肥満防止に効果!

脂肪の蓄積をブロックし、体脂肪率・体脂肪量の軽減に効果があったことが報告されています。

肝機能をサポート!

体脂肪の低減と同時に肝機能の悪化を示すマーカーも改善。お酒を飲み過ぎた際の健康をサポートする効果も。

脳の問題も腸にアリ!?

腸と脳は自立神経でつながり、互いに影響し合っています。最近では、「認知症患者の腸内細菌は健常者より悪玉菌が多い」、「パーキンソン病やうつ病患者には便秘が多い」、「認知症の人は腸内にバクテロイデスという細菌が少ない」などの研究発表があり、腸内環境の改善が認知症のリスクを減らすとっかかりになる可能性もありそうです。

腸活のススメ!

~腸内フローラを整えることが健康の秘訣~

腸の中には、体に良い影響を及ぼす善玉菌や、腐敗産物を作り出す悪玉菌などが常にせめぎ合ってバランスを保っています。発酵食品を摂ることで善玉菌を増やし、腸内バランスを保つことが健康のカギとも考えられています。

上記に加え、アレルギー疾患にも効果的という仮説もあります。健康の基本は食事から!腸内を整えることは良いこと尽くめですね♪

まとめ

腸内から健康な生活を!そんなビフィズス菌の特集でした。

腸内を整える食生活を意識するだけで、ダイエット効果・生活習慣病予防など様々な効果が期待できます。

腸内環境の改善だけで、それだけの効果を期待できるとは驚きでした。

でも、摂り方にはご注意を!

僕もそうでしたが、朝食代りにヨーグルトを食べる方も多いと思います。ビフィズス菌をしっかり生きて腸に届ける為にも、食後にヨーグルトを食べる等、タイミングには気をつけましょうね♪

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました