11/7はマルちゃん正麺の日

本日の一品
スポンサーリンク

マルちゃん正麺の美味しさをさらに多くの人に味わってもらうのが目的に東洋水産が制定しました。

日付はマルちゃん正麺が発売された2011年11月7日から。

即席麺も元祖のチキンラーメンから、王道のサッポロ一番まで色々な種類がありますね。

その中でも、マルちゃんのといえば即席麺業界に革命を起こしたと言える、麺の美味しさが魅力ですよね。

今回はそんなマルちゃん正麺の美味しさの秘密を追求します。

スポンサーリンク

これが正しい食べ方!?マルちゃん正麺のポテンシャルを最大限に活かす食べ方があるらしい

インスタントラーメン市場に革命を起こした、東洋水産のマルちゃん正麺。2011年に発売を開始し4年後の2015年には累計10億食、今や同社の「赤いきつね・緑のたぬき」や「マルちゃん焼そば」と並ぶ主力商品の一つの袋麺です。

そんな『マルちゃん正麺』最大の特徴は、知らないで食べたら生麺と勘違いするほどクオリティの高い麺。初めて食べたときは絶句するほどの衝撃を受けたが、実は東洋水産が推奨する美味しい作り方があることをご存じでしょうか?

なんでもその方法だと、本当にマルちゃん正麺がさらに美味しくなるというのです…!

マルちゃん正麺の “おいしい” 作り方

いきなりだが種明かしをしてしまいます。同社の推奨する「マルちゃん正麺のおいしい作り方」は4つのポイントが存在します。

その1: 水量をきっちり量る
その2: ゆで時間(3分)を正確に計る (マルちゃん正麺はフレーバーによってゆで時間が異なります)
その3: 具を入れるタイミングを間違えない
その4: 開始1分は麺をほぐさず、1分経ったら1回だけひっくり返して少しほぐす(これが一番重要!)

③については、麺を入れてから具を投入するとお湯の温度が下がってしまうため「先にゆでておく」のが正解。そして一番重要なのが④で、1分間麺を放置することで圧倒的に美味しくなるというのです。

実はこれ、科学的な裏付けがあります。「マルちゃん正麺」のような生の麺をそのまま乾燥させるタイプは、工場では「乾燥」させるだけで、一般的な袋麺にある「蒸す」工程がない。家でゆでる時に初めて麺のデンプンのアルファ化(糊化)が起こるため、その前に箸でほぐしてしまうと麺の表面が擦れてなめらかさが失われたり、麺が切れることがあるようです。

このちょっとした、ひと手間がマルちゃん正麺のポテンシャルを最大限に発揮するのです。

アレンジ色々!?巷で有名な食べ方を色々と試してみした♪

個人的に即席麺の最大の強みはアレンジの豊富さにあると思います。シンプルに具材を追加するだけでも良いですし、根本的に味を進化させるも自由です。

という訳で調べてみると、予想外に沢山の素敵なレシピが!

今回は、その中でも特に気になったものを試してみました♪

醤油:ピリ辛風味の台湾ラーメン

まずは、寒いこの季節に嬉しいピリ辛に仕上げるレシピ、台湾ラーメンをご紹介します。一味唐辛子に代えて、ホールの唐辛子や輪切り唐辛子を使って作ると、本格的な辛さでいただけますよ。多めのにんにくを加えるのもおすすめです◎

材料

・豚ひき肉     100g

・玉ねぎ      適量

・ニラ       適量

・青ネギ      適量

・醤油       小さじ1

・砂糖       小さじ2

・酒        小さじ2

・一味唐辛子    小さじ0.5

・粉山椒      少々

・マルちゃん正麺  1袋

・水        500cc

作り方

①最初にピリ辛の”肉みそ”を作る。フライパンにラードを熱し、ひき肉とスライスした玉ねぎを炒める。しっとりとしてくれば、調味料を加え、最後にニラを入れる。

②醤油味のインスタントラーメンを普通に作り、肉みそをトッピングして完成!

少し手間はかかるものの、即席麺とは思えない満足感でした。肉みその美味しさもさることながら、麺が美味しいので大満足の仕上がりです♪

マルちゃん正麺で、「台湾ラーメン」 - おやじ食堂のお品書き
家族のための「おやじ食堂」です。 今日も、簡単でおいしい料理を作ります。 

味噌:肉野菜炒めでマルちゃん正麺

しっかりとした味わいの味噌なら、野菜炒めをトッピングするだけでも十分おいしくいただけますよね。こちらは野菜にお肉も加えた、肉野菜炒めをのせたひと品。野菜炒めを食べるように、麺を絡ませながらいただきましょう。

材料

豚肉、ニラ、もやし、長ネギ、生姜、豆板醤をお好みで♪

作り方

①中華鍋で生姜のみじん切りと豚肉、豆板醤小さじ1を炒める。

②ニラともやしも炒めたら皿に取り出しておく。空いた中華鍋で水 500mlを沸かし、添付のスープを溶かす。4分茹でた麺を湯切りしてスープを注ぎ、肉野菜炒め、長ネギをのせて出来上がり。

残念ながら、我が家には中華鍋がなかったのでフライパン調理でしたが、大満足のお味でした。味噌✖️野菜は定番の味ですが、身体がぽかぽかになるし満足感もあるしで、今の時期にはぴったりの味でした♪

2013年5月11日 | Run to be sober
Run to be sober | 走ったり...食べたり...したことを記す日記のようなもの | NO:12306
肉野菜炒めでマルちゃん正麺・味噌味/

豚骨:豚骨炒麺

まさかの焼きラーメン!なんと、炒めて仕上げるアレンジレシピもありました。スープがない分、麺にしっかりとしたお味があり、お弁当のおかずとしても使えそう。エスニック好きの方には、ナンプラーや唐辛子をかけていただくのもおすすめです。

材料

・マルちゃん『正麺』豚骨味  1袋

・豚バラ肉      30gぐらい

・ニンニク      1/2片

・タマネギ      1/4ヶ

・ニンジン      1cmぐらい

・キャベツ       刻んで茶碗一杯ぐらい

・ごま油        少々

・湯         100cc

・コショウ       適量

作り方

①ニンニクをみじん切りに、他の具材は食べやすい大きさに(ニンジンは薄く)切る。

②フライパンにごま油をひき、弱火でニンニクを炒めて香りをだす。中火にして豚バラを炒め、火が通ったらタマネギ・ニンジンを加えて炒める。

③ 『正麺』の粉末スープ+お湯を投入して煮立てる。

④別の鍋に湯を沸かし、『正麺』の麺を茹でる。1分程ゆでて麺がほぐれたら、湯切りをして③のフライパンに入れる。

⑤強火でジャジャっといためて水分をとばし(ちょっとスープが残っている程度まで)、『正麺』の特製油とコショウを加えて混ぜたら完成~。

これは本当に眼から鱗でした。マルちゃん正麺を美味しく食べるという本来の趣旨からは大分逸れている気はしますが、豚骨だからこその美味しい食べ方としてご紹介しました♪

『豚骨炒麺』
マルちゃん『正麺』 のモニター企画、第三弾っっ 醤油味、味噌味ときたんで~       今回は 豚骨味 ベースですっっ ===================…

旨塩:コショーそば

続いては、こしょうたっぷりで仕上げるコショーそばのご紹介。トッピングの野菜には玉ねぎやキャベツなど、甘みがあるものがおすすめです◎こしょう好きにはたまらないひと品です。薄切りのお餅を入れてもおいしくいただけそうですよ。

材料(二人分)

・マルちゃん正麺旨塩    2袋

・胡椒           1/3本

・豚ひき肉         100g

・もやし          1袋

・白葱           1本

・椎茸           3個

・キャベツ         1/8カット

・キヌサヤ         8枚

・片栗粉          1/3カップ

・お酢           大さじ1

・サラダ油         大さじ2

作り方

①葱は斜め薄切り、椎茸は1/4に切ります。キャベツは芯を取りざく切りに。

②中火のフライパンにサラダ油を入れ、挽肉を炒めます。

③葱、椎茸を加えしんなりするまで炒めてください。

④水1リットルとキャベツを加え強火に。

⑤沸騰してキャベツが煮えたらもやしを加えます。

⑥別の鍋でお湯を沸かしておいて、これで麺を茹で始めます(3分)

⑦もやしに火が通ったらマルちゃんの塩スープ、お酢を加えます。水溶き片栗粉を入れトロミが付いたら火を止めます。

⑧麺の茹で汁でどんぶりを湯煎し、ゆで上がった麺を盛りつけます。

⑨野菜とスープを上からかければ出来上がり。

これまた素敵なアレンジレシピ、まとい再現レシピですね。胡椒の分量が間違っていると思いませんか?間違っていないんです!僕はどこで食べたか覚えてませんが、この胡椒そば。むせるくらいの胡椒の量がむしろ丁度良い不思議な逸品です♪

『マルちゃん正麺で作る「コショーそば」』
品川駅前「天華」の名物コショーそばを食べてから、これを家でも作りたいと思いました。休みの日の朝に食べれば・・・・身も心もすっきりシャッキし楽しい休日になりそう…
スポンサーリンク

まとめ

即席麺ならではのアレンジの多様さに驚きました。

特に今回試してみた4品はどれも甲乙つけ難い素敵なアレンジでした。

強いてランク付けするのであれば、

この手があったか!という驚きがあったのが、豚骨焼きラーメン!これは最早ラーメンですらないアレンジですが、豚骨の良さをフルに活かした逸品でした。

でも、個人的に懐かしいというのも含めて、コショウラーメンの中毒性も捨てがたい…

やっぱり、どれも捨てがたい美味しい逸品でした!

という所で本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました!

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました