10/8はハイボールの日

本日の一品
スポンサーリンク

ウイスキーのソーダ割りの美味しさをアピールするのが目的に制定されました。

日付は1937年(昭和22年)の10月8日にサントリーウイスキー角瓶が発売されたことから。

今回も今日は何の日企画です。本日、10/8はハイボールの日。少し前から、ハイボールはプチブームになっていますね。

僕も飲みに行った時は、最初は定番のビール。少し飽きてきた頃にハイボールというのが、お決まりのパターンです。

定番の割り方から、少し味変した割り方まで色々な楽しみ方を出来るハイボール。

という訳で、本日はハイボールに焦点を当て、記事をお届けします。

スポンサーリンク

ハイボールに合うウィスキーの選び方

ウイスキーって奥が深くて難しそう…、と思っている人もまずはハイボールから楽しんでみるのはいかがでしょうか。

どんなウイスキーでも自由に組み合わせられるのがハイボールの醍醐味。

ですが、以下のポイントを知っておくと、よりぴったりのものが見つかるかもしれません。

粗さを感じるくらいの、若いウイスキーがおすすめ!

ハイボールに合わせるウイスキーは、ストレートで飲むと少々刺激を感じるくらいの粗さが残った、若いものがおすすめです。若いウイスキーをストレートでいただくと、鼻にツンとくるような強みを感じることがありますが、ハイボールにすることで、その刺激がほどよく緩和されるというわけです。ウイスキーの若々しさと、炭酸のシュワシュワ感も見事にマッチします。

また、そういったウイスキーは年代物より低価格なのも嬉しいポイント。ストレートやロックと違い、ハイボールはごくごく飲むという飲み方なので、ついつい消費量も増える傾向が。コストを抑えたウイスキーを選ぶことで、気兼ねなく楽しむことができます。

飲む場面に合わせて種類を選ぼう

どんな場面でハイボールを飲むかで、どの種類を選ぶかおおまかな見当をつけることができます。ここからは、場面別に合わせやすい種類を見ていきましょう。

料理に合わせるなら、くせの少ない爽やかなものを

料理に合わせていただく場合は、ウイスキー自体にクセが少なく飲みやすいものがおすすめです。種類で言うなら、スコッチのブレンデッドやジャパニーズなどが合います。スコッチ・ジャパニーズ・アイリッシュ・アメリカン・カナディアンが5大ウイスキーとされています。その中でも、スコッチのブレンデッドはスムースな口当たりで飲みやすいものが多く、料理の種類を選びません。さらに、安価な商品も多いため、気軽に楽しむことができるのもポイントです。

ジャパニーズウイスキーは、日本人好みの芳醇さと軽やかさが感じられます。優雅な香りで料理に深みを与えてくれますよ。和食にも合わせやすいのが特徴です。

じっくり飲むなら、スモーキーさや甘さの残るものを

単体でじっくり味わいたい時には、主張の強いウイスキーを選びましょう。スコッチウイスキーやバーボンがおすすめです。スコッチウイスキーの中でも、ピートの効いたスモーキーなものは炭酸で割ることで、ピートの香りがより際立ち香り高くなります。

バーボンはアメリカンウイスキーの中でも、甘みを感じられる種類です。内側を焦がした新樽を使うことで、バニラやキャラメルのような甘い香りを生み出すため、ハイボールにした際に、芳醇な香りを楽しむことができます。女性の方や初心者の方は、入門編として試してみるのもおすすめです。もし食事に合わせるなら、このハイボールに合わせておつまみを考えるといいかもしれません。

ハイボールに合うウイスキーのおすすめ人気ランキング10選

ハイボールに合うウイスキーの選び方を見てきましたが、ここからは実際に人気のある商品をランキング形式で見ていきましょう。どんな場面で飲みたいか、想像しながら見てみてくださいね!

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキングをもとにして順位付けしています。

10位:サントリーホールディングス | シングルモルトウイスキー 山崎

世界中から愛される名ウイスキー、山崎。華やかでかわいらしささえも感じるフルーティな香りは、炭酸水で割っても崩れることはありません。山崎を使ったハイボールは、飲食店でも大人気。癖がないため、料理を選ばずに楽しめますよ。

9位:アサヒビール | 竹鶴ピュアモルト

2020年3月31日から数量限定で発売されている竹鶴ピュアモルト。美しい琥珀色はグラスに注ぐだけでうっとりしそう。炭酸水で割ることでほどよい樽香がより一層引き立ち、ごくごくと飲めてしまいます。自然あふれる土地で育まれたモルトを組み合わせて作り上げたこのウイスキーは、ニッカウイスキー自慢の商品です。

8位:ザ・マッカラン | ザ・マッカラン 12年

どんな飲食店にでもあるような普通のハイボールには飽きた、という上級者におすすめしたいザ・マッカラン12年。スモーキーな香りが特徴的なスコッチウイスキーの中でも、バニラやドライフルーツの甘い香りが感じられ、飲みやすく仕上がっています。マッカランシリーズの中でも一番スタンダードなタイプなので、ハイボールとして十分楽しめるでしょう。

7位:ラフロイグ | ラフロイグ 10年

ちょっと癖のあるハイボールに挑戦したい人におすすめなのが、ラフロイグ。スモーキーな香りが特徴のウイスキーですが、炭酸水で割ることで香りがより一層引き立ちます。スモーキーさだけでなく、鼻からスッと抜けていくやさしい甘みがなんとも癖になりそう。お酒好きの方へのギフトにしても喜ばれそうですね。

6位:ニッカウイスキー | フロム・ザ・バレル

モルトとグレーンをブレンドし、そのあと再度樽詰めして再貯蔵(マリッジ)させたウイスキー。濃厚で厚みのある味わいなのに、繊細さも感じられるおいしさです。

炭酸水で割っても繊細な香りは失われず、濃厚なコクもそのまま楽しめますよ。ほかとは違う平たいボトルがかわいらしく、手に取りやすい価格も魅力。気軽に試してみてほしいウイスキーです。

5位:ペルノ・リカール・ジャパン | ザ・グレンリベット 12年

フルーツやはちみつの甘さが感じられるおしゃれなウイスキー。薄くて細いグラスでハイボールを楽しむと、食卓がきれいに映えます。炭酸水と割ることで、良い意味でウイスキーっぽさが薄れてスパークリングワインのように楽しめる味わいです。

癖も少ないので、ハイボール初心者の方に振る舞うのも◎。暑い夏の日のホームパーティーや、おしゃれな女子会に似合いそうです。1本自宅に置いておくとさまざまな場面で楽しめますよ。

4位:サントリーホールディングス | 知多

多くの飲食店で見かける知多ハイボール。知多はハイボールにしてこそ魅力が最大限活かされます。癖が少なく、すっきりと爽やかで軽い飲み心地は、ハイボール初心者から上級者まで幅広く楽しめそう。

スタンダードなハイボールはもちろん、すだちや生姜を入れても楽しめます。出汁のきいた和食に合わせれば、お互いの魅力が引き立ち合って思わずうっとり。ハイボール初心者ならまずは試してみてほしいウイスキーです。

3位:サントリーホールディングス | 白州

今ではなかなか手に入らなくなってしまった日本が誇るウイスキー、白州。キンキンに冷やした薄いグラスで楽しめば、もうハイボールの最高峰にたどり着いたかのような気分にしてくれます。お値段は張りますが、高いお金を払ってでも飲みたいウイスキーです。

豊かで美しい自然の中で育まれた白州は、爽やかでどこか森の香りが漂います。最後は鼻からスッとかすかにスモーキーな香りが抜けていき、思わず虜になってしまいそう。

嬉しいお祝いごとがあったときに、大切な人とおいしい食事を楽しむときに、そんな素敵な時間に合わせてほしいウイスキーです。

2位:サントリーホールディングス | サントリーウイスキー 角瓶

癖がなく誰でも楽しめるハイボールならこれ。お値段もさほど高くないので、頻繁に自宅でハイボールを楽しみたい方におすすめです。安っぽい味はしないので、来客に出しても◎。レモンを絞るとより一層おいしくなりますよ。

唐揚げなどの揚げ物と相性がよく、こってりした油も口の中ですっきりします。たくさん飲む方には、4L入りとお得な容量でも売られていますよ。

毎日の晩酌に、休日の昼間に、と毎日大活躍してくれるウイスキー。おいしくてお得な定番のハイボールが楽しみたいなら、ぜひ角瓶を手にとってみてくださいね。

1位:アサヒビール | ブラックニッカ クリア

ハイボールの定番、ブラックニッカのクリアです。とにかく安さでは群を抜いているので、大勢で宅飲みするときや、大きなジョッキでごくごくと飲みたい方におすすめ。

ウイスキー独特の香りが苦手な方にも飲んでほしいという思いから、スモーキーなフレイバーがしないノンピートモルトを使用。ウイスキーはちょっと苦手だけど、ハイボールに挑戦してみたいという方でも手を出しやすい商品です。

定番のヒゲデザインも親しみやすさがあって◎。すっきりクリアな味わいで誰とでも楽しめるウイスキー、「今日はパーッと飲もう!」というときにぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

という訳で、今回はハイボールの特集でした。個人的な好みで言えば、ハイボールにするのであれば、サントリーの角瓶が一番好きです。ド定番ではありますが、やはりクセがなく飲みやすいのが良いですね。特に、食べること大好きな僕としては、お酒<食事なのでどんな料理にも合うクセのなさはGOODです。

とは言え、試したことのない銘柄もあったので、今後飲んでみたいところ。皆さんは、どのウィスキーがオススメでしょうか。

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました