10/31はぜんざいの日

本日の一品
スポンサーリンク

出雲地方では旧暦の10月が神在月と呼ばれ、その神在祭に振る舞われた『神在もち(じんざいもち)』が『ぜんざい』の語源となったと言われていることから出雲観光協会が制定しました。

日付は神在月(出雲以外の地では神無月)の10月のなかでも、『せんざい1031』と読める語呂合わせから。

寒くなってきた今日この頃。甘くて暖かいぜんざいは身も心も暖まり良いですね。

ぜんざいの起源にも諸説あるようですが、東西でイメージするものの違いもあるとか。

関東方面では汁気のない餡そのものをぜんざいと呼びますが、関西方面では粒餡を用いた汁物のことを言うとか。

これは関東では、お汁粉のイメージにちかいですね。

本日はそんな寒い時に嬉しいぜんざいについて記事をお届けします。

スポンサーリンク

ぜんざいの歴史

ぜんざいは、出雲地方の「神在(じんざい)餅」に起因しています。

出雲地方では旧暦の10月に全国から神々が集まり、このとき出雲では「神在祭(かみありさい)」と呼ばれる神事が執り行われています。

そのお祭りの折に振る舞われたのが「神在(じんざい)餅」です。その「じんざい」が、出雲弁(ずーずー弁)で訛って「ずんざい」、さらには「ぜんざい」となって、京都に伝わったと言われています。

「ぜんざい」発祥の地は出雲であるということは、江戸初期の文献、「祇園物語」や「梅村載筆」(林羅山筆:儒学者)、「雲陽誌」にも記されています。

ぜんざいとお汁粉の違い

冒頭でも、ちらっと説明しましたが両者の違いは割と曖昧で、更に言えば東西でも異なっています。

ここでは更に詳しく違いを見ていきましょう。

辞書による定義

ぜんざい

「善哉餅のこと。関西ではつぶしあんの汁粉。関東では餅に濃いあんをかけたもの。」

おしるこ

「小豆あんを汁状にし砂糖を加えて煮たものに焼き餅 (もち) や白玉団子などを入れた食物。御膳 (ごぜん) 汁粉・田舎汁粉など。汁粉餅。」

一言では語れないぜんざいとおしるこの違い

辞書による定義を見ると分かるように、そもそもぜんざい(善哉餅)の定義が日本国内で統一されておらず、関東と関西で地域差があるようです。

そのため、「ぜんざいとおしるこの違いはコレ」と一言で言い切ることはできなさそうですね。それにしても辞書の定義だけを見てもなかなか違いが分かりにくいと思うので、改めて以下にいくつかの視点から、ぜんざいとおしるこの「違い」に焦点を当てて解説しようと思います。

関西におけるぜんざいとおしるこの違い

関西では、あずきを溶かした汁のことをぜんざいと言い、あずきの汁に焼き餅や白玉団子を入れたものをおしること呼んでいます。

つまり、関西では焼き餅や白玉団子等の具が入っているかどうかが、ぜんざいとおしるこの違いということですね。

関東におけるぜんざいとおしるこの違い

続いて、関東では、餅にあんをかけたものをぜんざいと言い、あずきの汁に焼き餅や白玉団子を入れたものをおしること呼んでいます。同じものように思えますが、主役が餅なのかあんなのか、という点で異なるようです。

つまり、関東のぜんざいは餅が主役であるため、必ずしも餅があんにどっぷり浸かっている必要はなく、あんが餅の「タレ」のようにかかっているだけでぜんざいと呼べます。一方で、関東のおしるこはあずきの汁が主役であり、餅はあくまでも具であるため、汁気たっぷりのあずき汁の中に餅が浸かっていなければおしることは呼べないのです。

関西と関東におけるぜんざいの違い

前述の定義に沿うと、関西のぜんざいと関東のぜんざいとでは、餅が入っているかどうかという点と、汁気が多いか少ないかという点において異なります。

餅がなくて汁気が多いのが関西のぜんざいで、餅があって汁気が少ないのが関東のぜんざいということですね。

関西と関東におけるおしるこの違い

では、おしるこの地域差についてはどうでしょうか。定義に沿って考えると関東も関西も違いはないように思えます。

しかし、一説によると関西ではこしあんで作られたものしかおしること呼ばないのに対し、関東ではこしあんで作られていても、つぶあんで作られていてもおしること呼ぶという違いがあるのだとか。

結局ぜんざいとおしるこの違いは何か、地域差があって一言では語れませんでした。今回は地域差も含めて、4つの視点から両者の違いについて考察してみましたが、果たして本当なのかどうか、関西出身の人と関東出身の人両方に聞いてみると面白そうですね。

スポンサーリンク

まとめ

関東と関西で文化が違うことは多々ありますが、こちらも面白い結果となりました。静岡出身の僕は…

・ぜんざい→汁気のない餡➕お餅

・汁粉→粒餡、こし餡を問わず汁気のある餡

このイメージでした。同じ言葉でも地域によって差があり、発展しているのは面白いですね。

ぜんざいに限らず、情報の伝達手段が口伝や書物だけだったからこそ、不確実な形で伝わりやすい時代。

そういう過去があったからこそ、伝わる過程で変化し、現代において様々な名物が残されていると考えると面白いかもしれませんね。

という所で本日はここまでです。最後までお読み頂きありがとうございました!

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました