10/26はきしめんの日

本日の一品
スポンサーリンク

愛知県名物の『きしめん』をもっと多くの人に食べてもらうのが目的に愛知県製麺工業協同組合が制定しました。

日付は食欲の秋である10月と、『きしめん』の特徴であるツルツ(2)ル(6)感を表した26日の組み合わせから。

今回も、最近増えている気がする麺類特集です。特に意図している訳ではないのですが、僕のサイトは麺類の特集が多めですね。

理由は僕が麺類大好きだから←

とはいえ、僕はきしめんってあまり食べたことがありません。幅広麺が特徴的なご当地麺のイメージが強いですね。

ということで、そんなきしめんに焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

きしめんの定義

誕生の歴史

きしめんは江戸時代から親しまれてきた平打ちのうどんで、江戸時代前期の文芸作品『好色一代男』にも登場しています。当時江戸では「ひもかわ」、名古屋では「きしめん」と呼ばれていました。 きしめんの起源や語源には諸説あり、東海道芋川(現在の愛知県刈谷市)名物の平打ちうどんとも、三河池鯉鮒宿(現在の愛知県知立市)名物のキジ肉入りうどん(きじめん)とも考えられています。

きしめんの特徴と定義

「名古屋きしめん」は一般的なうどんに比べ、幅広で薄いのが特徴。口当たりなめらかでツルツルしている反面、コシは弱いので小さなお子さまでも食べやすいですよ。かけそばが一般的ですが、夏場はザルきしめんにするのも◎ 日本農林規格の「乾めん類品質表示基準」によれば、幅4.5mm以上、厚さ2.0mm未満の帯状、という基準が設けられています。 

うどんやほうとうとの違い

うどんとは

うどんとは、食塩と小麦粉に水を練って麺にしたもの。香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどん、長崎県の五島うどん、群馬県の水沢うどん、富山県の氷見うどん、愛知県のきしめんなど、全国にさまざまな名物うどんがあります。

ほうとうとは

ほうとうは山梨県の郷土料理で、平打ちうどんに似てますがうどんではありません。最大の違いは、塩を加えずに練り上げること。麺のように伸ばさず、すいとん風にちぎって食べることもあります。

基本の作り方と食べ方

きしめんの食べ方は一般的なうどんと同じく、きつねうどんやカレーうどん、煮込みうどんなどさまざま。基本的な具材は、ネギや油揚げ、かつおぶしです。ツルッとしためんとダシの香りを引き立てる、カマボコや青菜、きのこなどもよく用いられています。 一般的なうどんより多めの塩水で練ってあるため、水分が多くゆで時間は短め。ダシは、濃いめのかつおダシを使うのが名古屋流です。

スポンサーリンク

きしめんの人気アレンジ3選

1. みそ煮込みきしめん

名古屋風に、赤味噌を使ったみそ煮込みきしめんです。鶏肉やかまぼこの旨味が溶け込んだダシで、しっかりと味付けます。寒い冬に食べたら、ポカポカになりますよ♪ 濃厚な味なので、名古屋ではごはんがセットになっていることも!

名古屋名物味噌煮込みきしめん by ゆきさん | レシピブログ - 料理ブログのレシピ満載!
全国的に知られるようになった『なごやめし』ですが、まだ食べたことがないという方も多いようです。 赤味噌を使った料理がよく知られていますが、こちらは先日ご紹介したばかりの味噌カツと並んで有名な味噌煮込み...

2. ほうとう風きしめん

豚汁のようなコクと、ほうとうのようなカボチャの甘みを両方味わえる欲張りなきしめんです。隠し味の鶏ガラスープで、旨味もいっそうアップします。野菜もおいしくたっぷり食べられるので、栄養バランスもバッチリですよ!

かぼちゃ入りで甘さ倍増♡豚汁&ほうとう風あったかきしめん♡ by あいのおうちごはん / レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ
かぼちゃの甘味がしっかり感じられるスープできしめんにも絡むうまさです♡ 鶏ガラを入れることでコクもアップし間違いない美味しさです^^

3. パルミジャーノレッジャーノ梅きしめん

こちらは白だしとしらす、たたき梅、大葉など、さっぱり食材をゆでたきしめんに混ぜるだけ。香り高いパルミジャーノがアクセントになっています。意外な組み合わせですが、不思議とよく合いますよ。ササっと作れるので、飲んだあとのシメにもオススメです。

パルミジャーノレッジャーノ梅きしめん。 by ささきのりこ。 / レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ
混ぜるだけ。パルミジャーノ以外は全て和の素材。不思議に合います。

まとめ

今回調べていて意外だったのは、きしめんが味噌味意外にもあるということです。というより、味噌でなくかつおだしの方が主流とは意外でした…

僕としては一度食べたことのある味噌味が主流だと思っていました。ちょうど、ご紹介したレシピ①の味噌味が印象深かったです。それは、観光客目線だったというのもあるのですかね。

という所で今回はここまでです。最後までお読み頂きありがとうございました!

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました