10/19はイカ塩辛の日

本日の一品
スポンサーリンク

新鮮な素材の良さを生かした塩辛を多くの人に食べてもらうのが目的に小野万が制定しました。

日付はいかの10本の足から10月、熟(19)成された味から19日に。

イカの塩辛と言えば、子供の頃は独特のクセが苦手な食べ物でした。でも、お酒を飲むようになって、いつの間にか好きになっていました。

塩辛は保存食としての意味合いもありますが、それに対して鮮度というのも味にとってとても重要ですよね。

僕が子供の頃苦手だった、その独特なクセのある味。新鮮なイカで作った塩辛は、そういったクセが殆どないとか。

本日は、そんなイカの塩辛に焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

イカの塩辛の歴史

塩辛というのは、魚介類の身を、その内蔵と一緒に塩漬けにして発酵させた、日本に古くから伝わる保存食です。 
代表的なものは、イカの塩辛やタコの塩辛等がありますが、各地方では他にも様々な食材で作られた塩辛があります。 
塩辛の歴史は古く、平安時代末期には書物の中にすでに「塩辛」という文字が書かれています。 
しかしこれは現在の塩辛と同じものかどうかは確認できておらず、現在の塩辛と同じ形で定着したのは江戸時代後半以降とされています。 
珍味として、ご飯や茶漬けに添えて出されたり、酒の肴としてとても人気の高い食品となっている塩辛ですが、最近ではさらにアレンジしていろいろな食べ方で楽しまれている様です。 
例えば、パンにのせて食べたり、パスタの味付けに使われたり・・・これまで日本食としてしか食されなかった塩辛が洋食に利用される事が多くなっているのですね。 
一見びっくりするような食べ方ですが、食べてみると意外にハマる方も多い様です。 
また、塩辛は日本だけでなく、お隣の韓国でも一般的な食品となっています。 
韓国といえばキムチですが、このキムチを作る際にも、チョッカルと呼ばれるアミの(エビの一種)塩辛が使われているのです。 
日本と同じように、そのまま食卓にも並びますが、調味料として使われる事が多くなっています。 
このアミの塩辛は、韓国の他にも、中国やフィリピンなど東アジア各地で作られ、様々な料理に調味料として使用されています。

発酵させることにより栄養価が非常に高くなります

塩辛は、魚介類の身や内臓を塩漬けにして自然に発生する酵母によって発酵させた保存食です。 
特に魚介の内臓には微生物によって作り出す酵素が豊富です。 
塩辛としてよく食されるのはイカ、カツオ、アユなどです。 
塩辛は微生物による発酵で旨みが増すだけでなく、うまみのもとであるアミノ酸が多くなり生とは違った旨みや風味が増します。 
塩辛は魚の内臓なども一緒に漬け込み、また発酵をさせるので栄養価が非常に高いのも特徴です。
材料にもよりますが、ビタミンA、アミノ酸、亜鉛、鉄などを多く含むように作られています。 
平安時代には魚のみならず獣肉を用いた塩辛もあったようですが、現在は魚の塩辛が定番です。 
特に、一番おいしいとされているのがスルメイカの塩辛。 
イカに含まれているアミノ酸は主にタウリンで、エビやイカがもつ旨み成分のグリシンも豊富です。 
また、イカは弾力があり、多くの咀嚼をする必要があるため顔面の筋肉の強化に効果的で、たるみなどを防止します。 
また、唾液には殺菌作用があるので咀嚼を多くすることは健康的だといえます。 
塩辛に麹や塩麹をたして漬けるものもあります。
麹にはでんぷんやタンパク質を分解して旨みを作る効果があるのでさらに旨みが増します。 
塩辛は栄養価が非常に高いですが、保存食としての役割から塩分が多いのも事実。 
食べすぎには気を付ける必要があります。 
塩辛が保存食としての役割を果たすためには5%程度の塩分が必要になります。

イカの塩辛の栄養素

イカの塩辛は生のイカを原料としており、新鮮なイカの栄養を豊富に含んでいます。リンや鉄、亜鉛などミネラルをはじめ、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEなど、体の調子を整えるためのさまざまな微量栄養素を含みます。

鉄やビタミンB群であるビタミンB12、葉酸は貧血の予防・改善に役立ちます。ビタミンAは視力や皮膚・粘膜の正常維持、ビタミンB群であるナイアシンは体内の代謝に関与し、皮膚・粘膜の正常維持のために働きます。また、ビタミンEは抗酸化作用があり、細胞を健康に保ちアンチエイジングにも効果が期待できます。

さらに、これらのビタミン・ミネラルの他にも、イカの塩辛には健康に役立つ嬉しい栄養素が含まれています。代表的な3つの栄養素について、それぞれみていきましょう。

タウリン

ひとつめは「タウリン」です。栄養ドリンクなどによく配合されており、名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。タウリンはアミノ酸の一種で、身体の中ではほとんど作り出すことができない成分です。

そのため、食べ物から摂取する必要があります。タウリンには、血圧や血中コレステロール値を正常化する働きがあります。また、肝機能を助けてくれる働きもあります。

ベタイン

ふたつめは「ベタイン」です。ベタインもアミノ酸の一種であり、体内でアミノ酸代謝に関与します。イカをはじめ、タコやエビ、貝類などの魚介類に多く含まれています。ベタインは、血中コレステロール値を改善する効果があるといわれています。

コラーゲン

最後は、「コラーゲン」です。コラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚のハリや弾力を維持しています。美容のためのドリンクや食品などに配合されていることもあり、有名な成分ですよね。

健康な肌・美肌を目指すためには、十分なタンパク質の摂取が必要不可欠です。タンパク質であるコラーゲンを摂取することで、健康な肌・美肌への効果が期待できます。また、発酵食品であるイカの塩辛の場合は、発酵によりコラーゲンが吸収されやすくなるともいわれています。

スポンサーリンク

イカの塩辛を美味しく食べよう

今回ご紹介するのは、僕が呑んべいになってから好きになったレシピです。

イカの塩辛という日本を代表する保存食✖️イタリアンのコラボはサクッと簡単に作れるのに…

簡単ペペロンチーノ!イカの塩辛パスタ

材料

パスタ         100g

にんにく        1片

唐辛子輪切り(鷹の爪) 小さじ1

オリーブオイル     大さじ1

ネギ          30cmぐらい

イカの塩辛       大さじ1

塩(パスタ茹でる用)  適宜

パスタ茹で汁      お玉1杯

大葉          3枚

作り方

①パスタを茹でるお湯を沸かす
その間に、にんにくをみじん切りして準備

②フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪入れて準備(火はまだつけない)

③ネギは回転させながら斜め切りして準備

④パスタを茹でる
塩を入れて、標準ゆで時間より1分早くタイマーを設定

⑤パスタ茹で上がる3分前ぐらいにフライパンに火をつける。
弱火とでじっくりにんにくのいい香りがしたら、イカの塩辛とネギを投入

⑥パスタの茹で汁を入れて、中火に。
そろそろタイマーがなる頃。
パスタを投入。グツグツ汁気が少なくなってきたら火をとめる

⑦お皿に盛って、大葉のっけて完成

簡単ペペロンチーノ!イカの塩辛パスタ by 562921
簡単!時短!在宅中のランチに!パスタのお湯を沸かし始めてから、茹で上がりの時間で出来ちゃいます

僕が普段食べているものは、本当に塩辛とニンニクだけのシンプルなものですが、もっとお洒落なレシピがあったのでご紹介させて頂きました。

単純に塩辛の塩気だけで、シンプルかつ大変美味です。塩辛のクセや臭みが苦手という方でも、加熱したりニンニクを使うことで中和され、美味しく召し上がっていただけるのではないかと思います。

そんな、簡単ながらも絶品なおすすめレシピです。

まとめ

塩辛パスタは本当におすすめです。個人的に、塩辛の臭み等々が苦手な方はたくさんいると思います。

そういった方でも美味しく食べられる良いレシピだと思います。簡単に作ることができるので、ちょっとした間食とかにも良いですね。

という所で本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました!

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました