10/15はきのこの日

本日の一品
スポンサーリンク

日本特用林産振興会が1995(平成7)年5月に制定しました。

椎茸を始めとするきのこ類の消費拡大が目的です。

日付は、10月がきのこ類の需要が高まる月で、その月の真ん中の15日であることから。

という訳で、本日はきのこの日です。きのこ類も結構好き嫌いが別れる食材ではありますね。食べることが大好きな僕としては大好きな食材です。

椎茸ないしエノキを焼いたものに、ちょろっとお醤油をかけて食べるのが好きです。本日はそんなきのこに焦点を当て、記事をお届けします。

スポンサーリンク

きのこ類の栄養価

きのこって、あまり栄養がないイメージがないでしょうか?僕はそんなイメージでした。でも、意外と栄養豊富で…

低カロリーなのに栄養豊富?

きのこは、どの種類も100gで20kcal前後と、非常に低カロリー。そのうえ食物繊維たっぷりで食べごたえがあるため、ダイエット中にもうれしい食材ですね。
それだけではなく、きのこには栄養も豊富に含まれています。具体的には、どの成分にどのような健康効果があるのかまとめてみました。

  1. ビタミンB1・・・疲労回復のビタミン。糖質の代謝を行い、脳や神経系の働きを維持する。
  2. ビタミンB2・・・美容のビタミン。皮膚や粘膜を健やかに保つ。
  3. ビタミンD・・・カルシウムの吸収を促進する。骨を丈夫にするのに必要な栄養素。エルゴステロールを保有するきのこを2~3時間天日干しにして紫外線を吸収すると、ビタミンDが生成される
  4. ミネラル・・・骨や体を作り、体の調子を整える。
  5. 食物繊維・・・きのこには不溶性の食物繊維が豊富。腸のぜん動運動を促し便秘を解消する。
  6. β-グルカン・・・細菌やウイルスに対する抵抗力を高め、大腸がんの予防も期待できる。

きのこの効果・効能は種類によって違う!

先ほど、きのこの栄養素についてまとめましたが、これ以外にも種類によってさまざまな栄養を含んでいます。その効果は種類によって異なるので、目的別に選ぶのもおすすめです。

「しいたけ」で老化防止

◎脳の老化防止に効果的

しいたけに含まれる「グルタミン酸」は、脳の栄養素として欠かせない成分で、脳の老化防止に効果があります。

◎生活習慣病の予防

しいたけに含まれる「エリタデニン」は、コレステロール値を下げる作用があり、動脈硬化の予防が期待できます。また、しいたけに含まれる「レンチオニン」と「グアニル酸」には、血小板が集まって塊になるのを抑える作用があり、血液をサラサラにする効果が期待できます。

◎がんの予防に効果的

「レンチナン」という成分が、がん細胞の増殖を抑制する作用があり、抗がん作用が期待されています。

◎骨粗しょう症予防

しいたけには、紫外線を浴びるとビタミンDに変化する「エルゴステロール」が含まれています。食べる前に日光に当てるとビタミンDが倍増するのでおすすめ。ビタミンDはカルシウムの吸収を促すため、カルシウムを含む食品とともに摂取することで骨粗しょう症の予防になります。

「まいたけ」で美容・免疫力アップ

◎肌荒れを防ぐ

肌荒れを防ぐ「ビタミンB2」と「ナイアシン」、お肌の潤いを保つ「トレハロース」、シミやそばかすの原因となる「メラニン」の活性化を抑える「チロシナーゼ阻害物質」が含まれています。これらにより、美白効果や、ストレスが原因で起こる肌荒れを予防・改善する働きがあります。

◎免疫力アップ

まいたけは、免疫の活性力を高め、細菌やウイルスに対する抵抗力を高める効果がある「β-グルカン」の含有量が、きのこの中でもトップクラス。 インフルエンザ予防にも期待ができるといわれています。

「エリンギ」で便秘・むくみ解消

◎便秘・むくみ解消

エリンギはきのこの中でも食物繊維が豊富なので、便秘解消に効果的です。また、体内の不要な塩分を排出し、むくみを解消する役割を担う「カリウム」も豊富に含まれています。

◎ダイエットにも効果的

中性脂肪の吸収を抑える働きがあるので、ダイエット効果にも期待ができます。食事で摂取した中性脂肪は小腸で「リパーゼ」という酵素によって分解され、体内に吸収されますが、エリンギにはこのリパーゼの働きを弱める効果があります。

「ぶなしめじ」で二日酔い・肌トラブル改善

◎二日酔いに効果的

ぶなしめじには、二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド」を分解するのを助ける「オルニチン」が豊富に含まれています。オルニチンを多く含むことで有名なものは、しじみ。ぶなしめじには、このオルニチンがなんと、しじみの5~7倍含まれているのです。アルコールの分解を助ける働きがあるので、二日酔いのときや、お酒の席で食べるのもおすすめです。

◎肌トラブルにも

オルニチンには、アルコールの分解を助ける働きがあるだけでなく、肌のターンオーバーを促進する効果もあります。肌が乾燥したり、くすんだりなどの、あらゆる肌トラブルに効果があるといわれています。

「えのき」で疲労回復・ストレス対策

◎疲労回復

えのきは、きのこの中でも「ビタミンB1」が豊富です。そのため、他のきのこよりも疲労回復に効果的です。

◎ストレス対策

えのきには、神経の高ぶりを抑制する神経伝達物質「GABA」が含まれているため、ストレスをやわらげる効果が期待できます。また、体をリラックスさせる働きにより、安眠を促進します。

「ヤマブシタケ」で認知症予防

◎記憶力アップで認知症予防にも

ヤマブシタケに含まれている「ヘリセノン」という成分が、記憶力向上やアルツハイマー型認知症の予防に効果が期待できます。なんとこのヘリセノン、食品ではヤマブシタケにしか含まれていない成分なのです。ヘリセノンのサプリメントは、通販などで販売されています。

きのこを美味しく食べよう

上記のように、意外と栄養のあるきのこ類。次はそんなきのこを美味しく食べるレシピをご紹介します。でも、きのこ類は好き嫌いの別れる食材。きのこ嫌いの人でも食べられそうなレシピを試してみました。

きのこ嫌いのための和風オムレツ

材料

卵         1個

油         適量

鶏ミンチ      100g

玉葱        1/4個

冷凍ほうれん草   25g

えのき       1/4パック(50g)

だしつゆ(4倍希釈)  大さじ1、小さじ1

片栗粉       小さじ1/2

水         小さじ1

作り方

①玉葱は薄くスライスに。えのきは石づきを切って4等分する。

②熱したフライパンに薄く油をぬり、鶏ミンチを焼く(この時、あまり触らない)

③鶏ミンチの色が変わってきたら、①とほうれん草を入れて炒める。

④火が通ったら、だしつゆ大さじ1で味付けし、水分が出てきたら、水溶き片栗粉を入れて味を落ち着かせる。

⑤卵を割りほぐし、小さじ1のだしつゆを混ぜておく。別のフライパンを熱し、油をぬり、卵を入れる。

⑥⑤に④の具を入れ、包んでできあがり

きのこ嫌いな子供のために♪和風オムレツ by ♥️RDキッチン♥️
きのこ嫌いな子供でも知らないうちに食べちゃう和風オムレツです。

食べてみた♪

先に言ってしまうと、僕はきのこ嫌いというわけではないので、感想が少しあてにならないかもしれません。

それでも、苦手を克服する上で、まずはそのものが見えないというのは重要なポイントですよね。

そして、卵のまろやかさに包まれているので、えのきのクセもだいぶ抑えられているように感じます。えのき自体がきのこ類の中でもクセのない部類なので、きのこ嫌いを克服する第一歩に最適かもしれませんね。

そして、次にきのこ好きの視点から。具沢山のオムレツで大変美味でした。具沢山なオムレツというのというのも良いですね。だしの味が効いていたり、お肉の味がえのきよりも強いので、それ程えのき自体は気になりませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

栄養が殆どないと思っていたきのこですが、意外と豊富でしたね。

しかも、種類によって様々な効果が期待できるので、日々の食事に取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

という所で、本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました!

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました