10/14は焼うどんの日

本日の一品
スポンサーリンク

焼うどんを全国に広め、その歴史、地域に根ざした食文化を理解してもらうのを目的に小倉焼うどん研究所が制定しました。

日付は、2002年10月14日に静岡県富士宮市の「富士宮やきそば学会」との対決イベント「焼うどんバトル特別編~天下分け麺の戦い~」を行い、北九州市小倉が焼うどん発祥の地として有名になったことから。

実は僕の地元・静岡と遠く離れた小倉で意外な繋がりがありました。

焼うどんといえば、味付けにも好みや文化がでますね。僕は焼うどんと言えば醤油味派ですが、焼うどんの日を制定した小倉焼うどん研究所としてはソースが原点とか。

本日はそんな焼うどんに焦点を当て、記事をお届けします。

スポンサーリンク

焼うどんバトル特別編~天下分け麺の戦い~

焼うどんバトル特別編~天下分け麺の戦い~は、2002年に開催された町おこしイベントです。

ある意味、2006年にスタートし話題になった、ご当地グルメの祭典B-1グランプリの先駆けともなるイベントですね。

B-1グランプリは全国区のイベントですが、こちらは一対一の熱い戦い。

我らが富士宮焼きそばも美味ですが、今回は小倉焼うどんが勝利を収めたようです。

そんな、小倉焼うどん。どんな料理か気になりますね!

小倉焼うどん

小倉焼うどんとは言いますが、実は「焼うどん」も北九州の小倉が発祥地とされています。
終戦直後、鳥町食道街の「だるま堂」店主が、焼そば用のそば玉がなかったため、干しうどんをゆがき焼いて出したところ大好評だったのが始まりとされています。

というのもあって、小倉で生まれた焼うどんはソース味。そして、焼きそばの麺をうどん麺にした形で提供されています。

スポンサーリンク

色々な焼うどんの形

今回調べていて、焼うどんの発祥がソース味だったというのは意外でしたが、醤油味の焼うどんの発祥というのは調べてもわかりませんでした。

個人的には関東圏では、醤油味が主流かと思っていましたが…

逆に調べてみると、ご当地グルメとしてソースでも醤油でもない第三の焼うどんの存在も確認できたので、そちらをご紹介します。

いわてまち焼うどん

岩手県岩手郡岩手町で企画・販売されている焼うどん。2009年(平成21年)6月、同町の飲食業者が「町ご当地グルメ研究会」を発足させ販売を開始しました。同名称で製造・販売を行うための規則として「会に加盟すること」「町内の江刈内の指定製麺業者が開発した専用うどんを使う」「町産食材を3種類以上使用する」こととされています。専用麺は県産醤油を練り込んだ「黒」と、県産塩を使った「白」の2種類があります。

見た目は、同じ岩手県盛岡市のジャージャー麺に近いものがありますね。

亀山みそ焼うどん

三重県亀山市で企画・販売されています。2008年(平成20年)、亀山市の商店主や市職員ら有志が地域おこしのために企画したものですが、もとは市内にある焼肉店の「裏メニュー」として40年以上にわたって提供されていたものです。また、一部の家庭でも同じたれを使用していました。赤味噌ベースの調合した味噌だれを利用して焼くこと以外、レシピに決まりごとはありません。地元の祭りの屋台での販売を経て、2009年(平成21年)6月に地域おこしとして市民団体が旗揚げしました。

ちゃんぽん焼き

兵庫県姫路市周辺で食べられている麺料理で、焼きそばと焼きうどんを合わせたもの。姫路では定番グルメになっています。

麺にさを二種類使っているというのも他になく、個性的ですね。

津山ホルモンうどん

兵庫県佐用町および岡山県美作地方中東部(津山市など)の郷土料理をもとに企画され、佐用町および津山市で販売されています。

キムトマ焼うどん

群馬県藤岡市で販売されているご当地グルメの焼きうどんであり、トマトソースとキムチを合わせた「キムトマソース」をかけ、スクランブルエッグや鰹節をトッピングした料理。

大邱の焼きうどん

大韓民国大邱広域市は、日本から伝わった焼きうどんがヤキウドン(야끼우동)という名前でご当地グルメになっている。唐辛子粉とニンニクで甘辛く味付けされ、具にはタマネギ・キャベツ・カボチャ・モヤシ・キクラゲ・ニラ(夏場)・ほうれん草(冬場)・エビ・イカ・豚肉が使われる。約30年前に開発され、主に中華料理店で提供されています。

おまけ・富士宮焼きそばも美味しいですよ♪

富士宮やきそばは、通常のやきそばとは製法や調理法、使う食品が異なる点があり、次の3つが挙げられます。

①富士宮やきそば専用の麺を使用する。富士宮やきそば学会は「マルモ食品」「曽我めん」「叶屋」「木下製麺所」の麺を指定麺としている。

②油かす(富士宮では「肉かす」と呼ぶ)を使用する。

③仕上げに削り粉をふりかける。

具を炒めた後に指定麺(蒸し麺)を入れ、すぐ少量の水を注いで炒める。水分が飛んだところでやきそばソースを入れてかきまぜる。具とトッピングは、肉かす(油かす)やキャベツなどであり、完成後にサバやイワシの削り粉を振り掛けて食べるのが一般的とされます。店や家庭によっては、イカ、ひき肉、桜えびを入れることもあります。桜エビは富士宮市に程近い駿河湾の名産でもあります。

この肉かすと節粉のジャンクな感じがたまりません!地元贔屓かもしれませんが、これぞB級グルメの王道だと思います♪

スポンサーリンク

まとめ

こうして見ると、一言に焼うどんといっても色々ありますね!個人的に特に気になったのは、ちゃんぽん焼きです。麺を二種類も使ってどんな食感なのか気になります。

近場で食べることが出来そうなのは、キムトマ焼うどんですね。これは近いうちに、実際に食べてご報告できたらと思います。

という所で、本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました!

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました