1月25日は『中華まんの日』|牛豚どっち派!?中華まんの歴史と絶品お取り寄せ中華まんをご紹介【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

明治35年のこの日に日本最低気温マイナス41度が旭川市で記録されたことから、ホカホカと暖かい中華まんを食べるのに最適な日ではないかと制定されました。

この日に中華まんを食べると風邪をひかない、受験に合格するという逸話もあります。

制定されたきっかけが、中華まん自体の生い立ちとは全く関係ないというのも面白いですね。

そして、ひと言に中華まんといえど、今や定番どころから奇抜なものまで様々なものがありますね。

定番の肉まんやあんまん。ピザまんなんかは奇抜な感じはしますが、今や定番になりつつあります。

変わった所ではスライムまんやミクまんなんてのもありましたね。日本人にとっては馴染みの薄い、青い食品でしたが味自体は中々のものでした。

という訳で、本日はそんな中華まんに焦点を当て記事をお届けします。

スポンサーリンク

中華まんの歴史

中華まんの起源

中華まんじゅうの起源は、中国の三国時代(220年頃)、名将・諸葛孔明が作らせたことで知られています。孔明は南蛮征伐の帰途、川を渡ろうとしましたが、風雨のため川が氾濫し渡れません。川をしずめるためには、人頭を水神にささげ祭るという信仰に従わなければならないのですが、戦いで失われた人命をこれ以上損うことが出来なかった孔明は、それに代わるものとして小麦粉を水で練って皮を作り、羊と牛の肉を包んで、人頭に似せたまんじゅうを作りました。これを水中に投じたところ、見事に風雨が静まったという話が残っています。このまんじゅうが肉まんの始まりとされています。 

今まで色々な食品の起源を調べてきましたが、これはかなり特殊な由縁ですね。

日本への伝来

日本の饅頭は、1349年に禅宗の僧と一緒に中国から渡来した元の林浄因が奈良に伝えたと言われています。林浄因は禅宗のお茶と一緒に食べる菓子として饅頭を使う事を考えましたが仏教では肉食を禁じられていたため、代わりに小豆を使った饅頭を考案し、これが日本の饅頭のルーツとされています。 その後、林浄因は、奈良で塩瀬と言う店を立て評判になり、日本に定着したのち餡や皮の製法にさまざまなバリエーションが産まれ様々な饅頭が作られる様になりました。

現在、林浄因は饅頭の祖として、奈良市の林神社に祀られています。

中国の『饅頭』が日本の「まんじゅう」

日本で一般に「中華まん」としてイメージされる具の入ったものは、中国では包子(パオズ、バオズ)と呼ばれています。
現在の中国で饅頭(マントウ)といえば、小麦粉の饅頭の皮の部分だけで具の入っていない一種の蒸しパンで長崎の卓袱料理の一品でトンポーローを包む饅頭に似ています 。

西のぶたまん、東の肉まん

日本の東側で「肉」といえば、食肉全般を指しますが、西側ではそれぞれに牛肉は「肉」豚肉は「豚肉」鶏肉は「かしわ」と呼んでおり、 「肉まんと」いえば「牛肉」が入っていることになり、豚肉が入っているまんじゅうは、やはり「豚まん」と呼ぶのがぴったりということです。「肉まん」「豚まん」の違いと同様に、お好み焼きの場合も牛肉と玉子入りは「肉玉」、豚肉と玉子入りは「豚玉」と呼んでいます。

東日本で『肉まん』といえば確かに豚のイメージが強いですね。肉まんに限らず、日本の場合ら東西でお肉へのイメージが大分変わりますね。どこら辺から変わるか調べてみるのも面白いかもしれませんね。

種類色々!日本の中華まん

次は定番どころから変わり種まで。現在、通販で入手できる中華まんを色々とご紹介していきます♪

五十番 神楽坂本店 | 元祖肉まん

昭和32年から半世紀続く伝統の肉まんです。直径は10cm以上と大きく、じゅわっと溢れる肉汁とキャベツのシャキシャキとした食感を楽しめます。厳選された小麦粉を使用した皮は真っ白でツヤツヤ。適度な歯ごたえのある食感でやみつきになるでしょう。

江戸清 | クルミ入り黒ゴマあんまん

黒ごまと小豆に豚の腹脂を練り込んで炊き上げた餡が魅力の中華まん。しっとりした舌ざわりと豊かな香りが口いっぱいに広がります。くるみも入っているので、爽やかな後味を感じられるでしょう。お茶菓子や小腹が空いた時のおやつにもおすすめです。

皆招楼 | 牛まん

北海道すすきので1日約1000個売り上げる大人気の中華まん専門店・皆招楼の牛まん。餡の柔らかさ・具の大きさ・皮の水分量のバランスにこだわった製法で作られています。

味付けは濃厚なコクを感じられるオイスターソースで、なめらかな皮には北海道産牛乳を使用。甘じょっぱい美味しさを堪能したい方にうってつけですよ。

井村屋 | ゴールドあんまん

コンビニエンスストアでも気軽に購入できる井村屋・ゴールドあんまん。通常1回のところを2回発酵しているので、もちもち感や旨さがより際立った仕上がりです。

存在感のある大きな小豆も魅力のひとつ。北海道産大納言小豆をたっぷり使用しじっくり丁寧に炊きあげた餡は、まろやかなとろみを楽しめます。甘さ控えめなので男性の方にも喜ばれる逸品ですよ。

聘珍樓 | 肉まん

横浜中華街で老舗の名店・聘珍楼の肉まん。皮を割ると、粗挽きの上質な豚肉と大きめにカットされた野菜がぎっしり詰まっています。中でもくわいは、シャキシャキとした歯ごたえを感じらますよ。

牛乳を練り込んだ皮はほんのりと甘い風味。野菜本来の美味しさも引き立つよう上品な味付けなので、年配の方やお子様にも喜ばれるでしょう。

井村屋 | ゴールドピザまん

二段発酵製法で作られた井村屋・ゴールドピザまん。イタリア産トマトペーストのフレッシュな酸味と、産地の違う2種類の奥深いチーズのコクが相まって旨さが口の中いっぱいに広がるでしょう。刻んだオリーブのあっさりした味も良いアクセントになっています。

なめらかな皮も特徴のひとつです。こだわりの特色技術で痛まないよう包んでいるので、もっちりとした食感を実現。表面を湿らせてから電子レンジでチンすると、ふっくらジューシーに仕上がりますよ。

江戸清 | 豚まん

直径11cmとインパクトのある大きさが特徴の中華まんです。上質な国産豚肉のほかに、シャキシャキの野菜とえび・かになどの魚介も入っていてとてもボリューミー。それぞれが持つ旨味が調和し、豊かな風合いを生み出しています。

きめ細かくやわらかな皮は、分厚く腹持ちが良いので夕食にもぴったり。このほかにピンクの皮で包んだ紅白セットもあるので、入学式やお祝いごとのギフトとしても重宝するでしょう。

皇朝 | 世界チャンピオンの肉まん

中国料理世界チャンピオンが手がけた、横浜中華街で連日行列を作る大人気の肉まんです。こだわりの国産豚肉とネギを使用し、味付けは日本人好みに追及された濃いめの醤油ベース。つなぎを一切入れていないので、凝縮された肉本来の旨味が堪能できます。

味のバランスを重視して考えられた、小さめサイズも美味さの秘訣。餡を優しく包むもちもちの皮は、ほどよい弾力ととろける食感で、噛めば噛むほど肉汁が染みわたります。食べ方ガイドブックもついてくるので、お家で手軽に楽しみたい方に適していますよ。

岩崎食品 | 長崎角煮まんじゅう

トロットロの分厚い角煮が1枚ドーンと挟まれた岩崎食品・長崎角煮まんじゅう。上質な豚バラ肉に時間をかけてだしの旨味を染みこませているので、ジューシーな仕上がりです。脂のこってりとしたクドさもなくさっぱり食べられます。

生地は肉の甘みを引き立たせるようふわっと軽やか。具をサンドしたたべやすいスタイルなので、皮と肉をバランスよく味わうことができますよ。

蓬莱 | 豚まん

大阪名物として圧倒的人気を誇る551蓬莱の豚まんです。豚肉はミンチではなく、あえてダイス状に荒切りにカットされ食べ応えばっちり。そこへ玉ねぎのやわらかな甘さが加わり、美味しさを生み出しています。

ひとつひとつ丁寧に包まれた皮も魅力。具材の旨味がより一層際立ち、まろやかな風味を感じられるので思わず笑顔になれますよ。

パーティーやお出かけの際の軽食にもぴったり。2個入から大人数で楽しめる10個入まであるので、さまざまなシーンで大活躍するでしょう。

スポンサーリンク

電子レンジで上手に温めなおすコツ

通販で購入した冷凍ものでも、店舗で直接購入してきたものでも、自宅で食べるとなると温めなおしが必要です。お店での出来立てのおいしさを味わいたいなら蒸し器を使うのが一番ですが、小腹を満たしたいだけの時にはちょっと面倒ですよね。そんなときに、電子レンジで上手に温めなおすコツをご紹介します。

温める前に水分を加えるのがポイント

皮をふっくらさせるためには、水分をまんべんなく加えてあげることがポイントです。レンジに入れる前には皮全体を軽く湿らせる・霧吹きでたっぷり水分を吹きかけるといった工夫が必要。またラップをかける時には、ピッタリ密着させすぎず、ふわっとかける程度にとどめておくようにしましょう。

マグカップを使えば蒸し器代わりに!

ちょっとしたアイデアとして、マグカップを使った温め方をご紹介します。方法は至って簡単。水を少し入れたマグカップの上に直接中華まんを置き、温めるだけ。ちょうど蒸し器のような構造になるため、適度な水分を与えながら、ふっくらと仕上がりますよ。

まとめ

という訳で、中華まんの特集でした。今回は食事にもおやつにもぴったりな中華まんをご紹介しました。コンビニエンスストアでも買えるものから、本格的なお店の味をお家で楽しめるものまで、自信を持っておすすめできるものばかり。

中でも、長崎角煮まんじゅうは個人的に思い入れもあり特におすすめです!トロトロの角煮とふわふわ生地の相性は絶対に食べてみる価値ありです♪

あんまんや豚まんなど定番も、味の種類も豊富にあるので、この機会にぜひ味わってみてくださいね。

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました