1月07日は『七草』

本日の一品
スポンサーリンク

セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ、ホトケノザ(オオバコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)が春の七草。

この日の朝、七草を入れたおかゆを食べると健康に過ごせるといわれます。

新年に若菜を食べる中国の習慣が伝えられたもの。

定番ですが、1月7日は七草粥を食べる日です。お正月の濃い味料理で疲れた胃を労る日でもありますね。

田舎育ちの僕は、小さい頃七草を集めて七草粥を作るイベント等にも良く出ていました。

素朴な優しい味が懐かしくもありつつ、子供心には一緒についてきた塩昆布の方が美味しいなと思ったり笑

今回は、そんな七草粥の由来について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

七草粥の由来

「七草粥」とは、1月7日の人日(じんじつ)の節句の行事食。その日の朝に「春の七草」が入ったおかゆを食べると、1年間を無病息災で過ごせるとされています。春の七草は、歌でおなじみ「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」の7種。お正月の暴飲暴食で疲れた胃腸を労り、冬に不足しがちなビタミンも補える、理にかなったお粥です。「七草粥って、ちょっと苦手」という人のために、中華風七草粥の作り方も紹介します。

七草粥とは?

七草粥は正月行事の一つと思われがちですが、本来は1月7日の「人日(じんじつ)の節句」の行事食です。人日とは文字通り「人の日」という意味で、古代中国では元日はトリ、2日はイヌ、3日はイノシシ、4日はヒツジ、5日はウシ、6日はウマ、7日は人の日としてそれぞれの占いをし、8日に穀を占って新年の運勢を見ていたそうです。

人日の日には7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願う習慣もありました。これが奈良時代の日本に伝わり、年初に若菜を摘んで食べて生命力をいただく「若菜摘み」、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習と結びつき、現在の七草粥の形になっていったとされています。

春の七草とは

七草粥に使うのは、この季節に若菜が生える7種類の「春の七草」。「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ七草」と五・七・五調で歌って覚えている方も多いのではないでしょうか。春の七草は、お正月の暴飲暴食で疲れた胃腸を労ったり、冬に不足しがちなビタミンを補ったりしてくれるので、この時期にぴったりなのです。

■せり:水辺の山菜で香りがよく、食欲増進に 

■なずな:別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材 

■ごぎょう:別称は母子草。草餅の元祖。風邪予防に使われた

■はこべら:目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなった 

■ほとけのざ:別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富 

■すずな:カブのこと。ビタミンが豊富 

■すずしろ:ダイコンのこと。消化を助け、風邪の予防にも

七草粥のおすすめの食べ方は「中華風」!

かつて、七草は畑や野道で探しながら摘むものでしたが、今はスーパーなどで「七草セット」が売られていて、手軽に作れるようになりました。とはいえ、「七草粥ってちょっと味気ない」「青臭さが苦手」と敬遠している方もいるでしょう。そんな方におすすめしたいのは「中華風七草粥」です。

まずご飯と水、鶏ガラスープの素を鍋で煮ます。そこに、七草をさっと茹でて冷水に取り、粗くみじん切りにしたものを散らし、塩コショウで味を調え、ごま油を回しかければでき上がり。ボリューム感が欲しければ、一口大に切った鶏肉を一緒に煮てもいいですね。

まとめ

という訳で、本日は七草粥の特集でした。

お正月料理に限らず、現代食は胃腸に負担がかかりやすいものが多いですよね。

1日7日の朝食は、今年1年の健康を願って七草粥をいただいてみてはいかがですか。

ブログランキング参加中!応援よろしくお願い申し上げます♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました