毎月25日はプリンの日|魅惑のプルプル♪プリンの歴史&おススメプリンをご紹介【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

同社にプリンの人気商品が多いことから、オハヨー乳業が制定しました。

日付は『プリンを食べると思わずニッコリ(25)』と読む語呂合わせから。

ひと言にプリンと言っても様々な種類がありますよね。定番のプッチンプリンのようなプルプルしたタイプから、最近では滑らかなクリームタイプのものが主流になってきているように思えます。

今回は、そんなプリンの魅力に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

プリンの歴史

子どもからお年寄りまで多くの方に愛され、人気となっているプリンは、 日本で馴染み深いスイーツです。しかし、本来はどこの国のスイーツなのか意外と知られていないかと思います。まず、ここではその歴史を紐解いてみたいと思います。

プリンの発祥の国

プリンの発祥の国はイギリスです。プリンの語源となっているプディングは、 イギリスの船乗りが考えた料理です。船上では手元にある食材を有効活用しなければなりませんでした。 肉や野菜の端切れなど、捨ててしまう余った食材を集めて、卵液と一緒に蒸してできあがった料理がプディングなのです。

元々の料理は、日本の茶碗蒸しのようなイメージですね。

それが陸上でも作られるようになり、フルーツやナッツ、パンくずなどを寄せ集めて卵液に入れて蒸すようになりました。 そして、次第に具を入れないで卵液を固めるようなり、18世紀~19世紀のフランスで現在のカスタードプリンが作られました。

プリンが日本に伝わったのは

日本にプリンが伝わったのは、江戸時代後期~明治の初期だとされています。 1872年の文献にてプリンが紹介されています。それから少しずつプリンがレストランなどで提供されるようになり、 その人気は広がっていきました。一般家庭に普及したのは、1964年頃だとされています。

現在のプリン

日本ではプリンというと、一般的にはカスタードプリンのことをいいます。 プリンの発祥地であるイギリスで食べられている現在のプリンは、蒸して作ったスポンジケーキをベースに、 カスタードソースをかけたものや、お米を牛乳で炊いて甘くしたライスプディングとなっています。 アメリカでプリンというと、ゼラチンを含んだムースのようなデザートを連想することが多いようです。

同じプリンでも国によって、想像するイメージが異なるというのも面白いですね♪

イギリスのライスプディング
アメリカではこんなイメージ。日本のものと比べると固く、プルプル感がありません。

市販のおすすめプリン5選

グリコ プッチンプリン

内容量160g / 67g×3個
カロリー95kcal
希望小売価格160g:151円(税込) 
67g×3個:216円(税込)

最早、大定番の一品ですね♪プリンならではのプルプル感と甘みが大満足の一品です。名前の通り、お皿にプッチンして食べると、また一味違う感じがして新鮮です。お皿に出しやすい性質上、アレンジをしやすいのも魅力ですね♪

森永 焼きプリン

内容量140g
カロリー188kcal
希望小売価格130円(税抜)

こちらも定番中の定番商品ですね。それでいて、プッチンプリンとは異なり少し固めの仕上がりも魅力の一つ。焼きプリンになったことで、ほんのりと苦味があり、少し大人味かもしれませんね。

オハヨー ジャージー牛乳プリン

内容量115g
カロリー155kcal
希望小売価格157円(税込)

プルプル、でなくクリーミーなプリンの王道です。こだわりの牛乳の味とコクだけても大満足ですが、上に乗ったクリームがプリンの滑らかさを更に引き立てます。それでいて、牛乳感を重視している為、甘すぎない所も魅力ですね。

グリコ とろ〜りクリームonプリン

こういうのを待っていた!?自宅で気軽にプリンアラモード気分が味わえる一品です。子供の頃、ファミレスや喫茶店で食べるプリンアラモードって何か『特別感』がありませんでしたか?そんな思い出の味をプチ体験できる一品です。プリン✖️クリームということで濃厚な甘みがクリーム好きには堪らないですね。

ファミリーマート 窯出しとろけるプリン

内容量1個
カロリー171kcal
価格128円(税込) 
※店舗により取り扱いがない場合があります。

今回ご紹介する中で、ダントツでの一番です。コンビニで、しかもこのお値段で食べられるプリンの中では文句なしのクオリティです。トロトロのクリーム感あるプリン生地に、さらっとしたほのかに苦いカラメルソースの絡み加減が絶妙です。口に含むとプリンの柔らかさと甘みを感じ、そこに合いまったカラメルソースの苦み。後味は意外とすっきりしているので、また食べたいと思わせてくれるような余韻にひたれます。

スポンサーリンク

まとめ

甘くてプルプル魅惑のスイーツ・プリンの特集でした。最近では、ケーキ屋さん顔負けのクリーミーなプリンも市販されていて、ますます目を離せなくなりました。

仕事のあとに学校の後に。甘いプリンでプチ幸せを体験しませんか。

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました