毎月19日は『シュークリームの日』個性派揃い!?かわいいシュークリームの仲間&絶品お取り寄せシュークリーム5選【食の雑学】【食の記念日】

本日の一品
スポンサーリンク

シュークリームをより身近なおやつにしたいとの願いからモンテールが制定しました。

日付はシュークリームの語呂と似ていることから毎月19日に。

個人的にお手軽に食べられるスイーツNO1はシュークリームです。

コンビニスイーツの競争も激化し、今や美味しいシュークリームが簡単に手に入るようになりましたね。

カスタード、ホイップ、贅沢に二種遣い。どれも、それぞれの良さがあって大変美味です。

たまに食べるデパ地下やケーキ屋さんのシュークリームも、また趣向を凝らした珠玉の一品ばかりで目移りしちゃいますよね。

今回は、そんなシュークリームについて記事をお届けします。

スポンサーリンク

シュークリームの歴史

シュークリームはスイーツの本場フランス生まれ!名前の由来は意外にもアノ野菜…

私たち日本人が大好きなシュークリーム。いわずと知れたふんわり膨らんだシュー生地にクリームを詰めたお菓子です。日本人はシュークリームと呼びますが、本場フランスでは「シュー・ア・ラ・クレーム」と呼ばれます。「シュー」はフランス語で「キャベツ」の意味。かたちが似ていたことから、このように名付けられたといわれています。「クレーム」はフランス語でクリームを指します。

外側のいわゆるシュー皮は「パータ・シュー(シュー生地)」といい、そこにクリームを詰めたお菓子なので、日本では分かりやすく、シュークリームと呼ぶようになったのでしょう。

「シュー」を使ったお菓子やシューの製法はフランスで発展し、現在のシュークリームのかたちになりました。フランスにパータ・シュー(シュー生地)が持ち込まれたのは16世紀中頃のことです。

イタリアのメディチ家の王女カトリーヌ・ド・メディシスはフランスの伯爵のもとへ嫁いでくる際に、自国から製菓長のポプランを連れて来ました。彼が持ち込んだシューの製法は美食文化を押し進めていたフランスで広まり、改良されていきます。

その後、パータ・シューを膨らませ、そこに空けた穴にクリームを入れたお菓子が生まれ、これが現代のシュークリームのはじまりになりました。

日本でのシュークリーム発祥の地は港町・横浜

日本にシュークリームを伝えたのは、サミュエル・ピエールというフランス人です。彼は幕末から横浜の外国人居留地で洋菓子店を営んでいました。当時の横浜は時代の最先端をいく場所で、さまざまな人が新しい時代のお菓子のヒントを求めて訪れました。ピエールのもとでフランス菓子の修行を積み、独立して洋菓子店を開業する人もいました。

明治の終わりになると、洋菓子は一般家庭にも広まるようになりました。明治37年に村井弦斎が書いた『食道楽』には随所にシュークリームが登場します。冷蔵設備が発達した昭和になると、クリームの入った生菓子もおやつとして気軽に食べられるようになりました。

個性派揃い!シュークリームの仲間たち

シュー生地とクリームだけのシンプルなスイーツだからこそ、シュークリームにはたくさんの仲間がいます。同じフランス生まれのスイーツ・稲妻の名を冠するエクレアなんかは良い例ですね。

ここでは、そんな個性派揃いのシュークリームの仲間達をご紹介します。

フランス

パリブレスト

1891年、フランスのパリ市とブレスト市を結ぶ自転車レースを記念して、近隣の菓子店が考案したのが始まりといわれている。自転車のホイールをかたどったリング状のシューにプラリネやモカのクリームを挟んでつくる。

サントノーレ

名前の由来については、さまざまな説があるが、「サントノーレ」というのはお菓子の守護聖人の名前。パリの通りの名にもなっている。パイ生地の土台の周りにプチシューを王冠のように並べ、中にクリームを詰めるのが特徴。

クロカンプッシュ

フランスの結婚式では欠かせない晴れの日のお菓子。カラメルを接着剤にして、小さなシューを円錐形に高く積み上げる。「クロカンブッシュ」の名前の由来は食べた時のカリッという音。

ルリジューズ

「ルリジューズ」は修道女という意味。現在は大小の二段重ねが主流だが、もともとは大きなピエスモンテ(組み立て菓子)であった。パリではポピュラーな伝統菓子。

ぺ・ド・ノンヌ

揚げシューに砂糖をまぶしたもの。修道院発祥のお菓子で名前を直訳すると「尼さんのおなら」に。口にするのをはばかる人のためには、スピール・ド・ノンヌ(尼さんのため息)の呼び名もある。

スイーツの本場だけあって、フランスはシュークリームひとつでも色々な形がありますね!

ヨーロッパ

ドイツ:ブロッケンザーネトルテ

SONY DSC

シュー生地を薄く焼き、生クリームとサワーチェリーを重ねたドイツのお菓子。ドイツ語で、フロッケンとは雪のかけら、ザーネは生クリームのこと。

ドイツ:クラプフェン

シューの祖先ともいわれる、揚げ菓子。1581年に書かれた本には「底に小さな穴の空いた壷のなかに生地を入れ、沸騰した油のなかに落として揚げる」というクラプフェンの作りかたが書かれています。現在は、カーニバルの時期に食べられることが多い。

イタリア:ゼッポレ

ナポリのお菓子。イタリアの父の日にあたる聖人サンジュゼッペの誕生日3月19日に食べられる揚げシュークリーム。シュー生地は焼いたものもある。

アイスランド:ボッルダーグル

ジャムとクリームをシューに詰め、チョコレートをかけたお菓子。イースターの前の「Bollidagur(ボッルダーグル)」という記念日(bun dayとも呼ばれる)には、飾りのついた棒で人のお尻をつつき、このシュークリームをねだるという風習がある。

ポルトガル:ティビア

骨の形をしたシュー菓子。サクッとしたシュー生地に生クリームと卵黄クリームが入っている。

ひと言にシュークリームと言ってもこれだけの仲間がいます。あまりの種類の多さに驚かされますね♪次のページではお取り寄せできるおすすめシュークリームをご紹介します。

BAKEDMAGIC 人気シュー5個入set【冷凍便】ベイクドマジック BAKED MAGIC スイーツ お土産 プレゼント チーズ お中元ギフト お中元 クリスマス 冬ギフト お歳暮 御歳暮 冬ギフト バレンタイン ホワイトデー お返し 母の日 父の日
created by Rinker
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました