7/20の注目食品:7/20はハンバーガーの日

本日の一品
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。

とりてんと申します。

当ブログでは、『食』についてより深く知り、

日々の生活をより豊かにする情報の発信を目指していきます。

7/20はハンバーガーの日!

1996年に、1971年の東京・銀座マクドナルド日本第1号店オープンから25周年を記念して日本マクドナルドが制定しました。

日付は7月20日がオープンした日であることからとされています。

本日は、ファストフードの代表ともいえるハンバーガーに密着します。

スポンサーリンク

日本におけるハンバーガーの歴史

ハンバーガーそのものの歴史においては諸説ありますが、

1904年アメリカで開催された、セントルイス万国博覧会の会場で、“ハンバーガー”としてサンドイッチのように丸いパンにハンバーグを挟んで売り出したのが始まりといわれています。

日本においては、意外かもしれませんが日本マクドナルドが発祥ではありません。

戦後まもなく佐世保等の米軍基地周辺の飲食店でハンバーガーが作られ、地元の人たちには評判となりました。

佐世保バーガーは今でもご当地グルメとして有名ですね

1970年(昭和45年)東京・原町田にハンバーガーショップが登場し、翌年、東京・銀座に外資系のハンバーガーショップが上陸すると爆発的にハンバーガーの人気は伸び、1973年に登場したテリヤキバーガーなど日本独自にアレンジした製品も多く開発されるようになりました。

もちろん、日本に上陸した外資系ハンバーガーショップとは日本マクドナルドのことです。

日本のハンバーガーの歴史とにとって、マクドナルドは切り離すことのできない存在です。

1971年~マクドナルドが日本に上陸した時の衝撃

1971年7月に日本第1号店として銀座店がオープン。

関西第1号店は1年後の1972年7月、京都藤井大丸1階に誕生しました。

開店2カ月後には、マクドナルドの1日当たりの売り上げで世界記録を更新したといいます。

その後、順調に店舗数を増やし、5年間で100店舗を突破します。

当時を知る人なら今でも耳に残るCMコピー「味なことやるマクドナルド」は1973年に登場しました。

100%ビーフパティで登場し、現在も変わらぬおいしさのハンバーガー。

登場当時は1個80円で、当時としてはちょっと贅沢な値段です。

もっとも当時は牛肉そのものが贅沢品で、庶民にとってビフテキが夢だった時代、ワンコインでおいしい「ビーフ」が食べられました。

ビッグマックはアメリカで1967年に誕生したメニューで、1971年1号店がオープンした日本では最初からメニューに入っていました。当時の価格は200円。

日本で「ハンバーグ」と言えば洋食や家庭料理で、しかも合い挽肉を使うもの。

そこに100%ビーフで出てきたマクドナルドのハンバーガーは衝撃的でした。

ドリンクメニューのマックシェイクも斬新な味で、アイスクリームでもミルクセーキでもない新しい食感が多くの人々を魅了しました。

この快進撃からわすが5年で、マクドナルド・ハンバーガーは日本の食生活に浸透していきます。

平日65円キャンペーン

僕個人としては、この時代の印象がとてつもなく大きいです。

2000年代初頭に、ハンバーガーの価格は130円でしたが、平日半額キャンペーンが打たれていました。

そのため、ハンバーガーは65円で食べられたのです。つまり130円、という缶ジュースを買うくらいの値段でハンバーガーが2つ食べられた時代があったのです。

しかし、2002年にこのキャンペーンは終了し、ハンバーガーの価格は曜日に関係なく、80円となりました。

こちらも現在に比べれば安い価格であるといえます。

しかし、当時の消費者にとっては65円で食べられたものが80円に値上がりしたという印象を与えてしまったようです。

下りに下がって59円へ

そこで、マクドナルドはハンバーガーのさらなる値下げに踏み切ります。

その価格はなんと59円です。実質60円ですが、50円台で肉とパンが食べられるというのは安いものでしょう。

こうした価格が実現した背景には、円高が進んでおり、1ドル100円以下であったということがあげられます。

1ドル110円前後の円安ベース、なおかつ消費税10%という現在ではまず無理な価格であると言えるでしょう。

日本のデフレの象徴ともいえる出来事ですね…

マクドナルドの現在

昔を知る身としましては、高くなった印象のあるらマクドナルドですが、

今現在はそれに負けない商品力のある商品が多い印象です。

夜マックで、ボリュミーに物足りなさをカバーしたり、

魅力的な新商品が多いですね。

もちろん値段も商品選択の上で重要な要素ではありますが、

美味しさや食べ応えを追求した商品ラインナップが、

ここ数年は続いています。

おうちでハンバーガーを作ろう

最後に個人的にお気に入りなハンバーガーのレシピをご紹介します。

もちろん、外食チェーンのハンバーガーも美味ですが、

おうちで作る手作りの味もまた格別です。

材料

食パン(6枚切り)       2枚

牛乳             50ml

薄力粉            適量

ピクルスなど(付け合せ)   適量

■ A

合いびき肉          100g

玉ねぎ(すりおろし)     1/8個(50g)

中濃ソース          小さじ1/2

ナツメグ           少々

■ B(具材)

スライスベーコン         2枚

スライスチーズ(とろけるタイプ) 2枚

レタス1枚

■ C(ソース)

トマトケチャップ         適量

マヨネーズ            適量

マスタード            適量

作り方

  1. 食パンの大きさに合うマグカップなどでパンを丸く抜く。丸く抜いたパンはオーブントースターで軽く焼く。
  2. 大きめのボウルに切り落とした食パンを細かくちぎりながら入れ、牛乳を加えてパンに染み込ませる。
  3. ②にAを入れて粘りがでるまでこねる。抜いたパンと同じ大きさになるように成形し薄力粉を軽くまぶす。
  4. フライパンでベーコンをカリカリになるまで焼いて取り出す。③を入れ弱めの中火で蓋をして4〜5分焼く。
  5. ひっくり返して焼き色が付くまで焼く。火を止め、スライスチーズ2枚を肉全体を覆うようにのせてチーズが溶けるように蓋をする。
  6. ①のパンにお好みのソースを塗り、⑤、ベーコン、レタスをのせ、さらにソースを塗り、もう1枚のパンで挟む。
  7. お好みでピック等を刺し、ピクルスなどの付け合せを添える。

引用:クックパッド dグルメ様

食パンなのに本格的でとても気に入っているレシピです。

たまには、手作りのハンバーガーもいかでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

デフレの象徴的に語られることも多いハンバーガーチェーンですが、

日本における歴史を調べてみると、

その歴史は意外と長く・しっかりと日本人の食生活に根付いていることがわかりました。

その歴史の中で、日本の経済に合わせて価格が改定されたり、

テリヤキバーガーなど日本独自のものも生まれました。

シンプル、だからこそ幅広い。

ハンバーガーは、実はそんな存在でした。

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました