【食べてみた】所沢駅;家系ラーメンのお店 大和家

お店紹介
スポンサーリンク

こんにちは!ラーメン大好きとりてんです。

昔、横浜に住んでいた時期があったというのもあって、無性に家系ラーメンを食べたくなる時があります。

家系ラーメンって、食べる人によって好き嫌いが大きく別れるというか、もう臭いからダメと言う人も多いですよね。

僕も初めて食べた時は臭いし塩っぱいしで、なんだこりゃという感じでした。

でも、それでいて中毒的というか、僕の場合はいつの間にかハマってましたね。

今回は、そんな家系ラーメンをご紹介します。

スポンサーリンク

そもそも、家系ラーメンの由来は?

家系ラーメンの元祖

今や「家系ラーメン」は、広く知られていますが、そもそもいつどこで生まれたものなのでしょう。

家系ラーメンの始まりは、1974年に神奈川県横浜市新杉田にオープンした「吉村家」です。当時、長距離トラックの運転手を務めていた店主が「九州の豚骨と東京の醤油を混ぜたらうまいんじゃないか」と思い立ったことがきっかけでオープンするに至りました。

お店は産業道路沿いにあり、工場が密集するエリアでした。吉村家は、あれよあれよと言う間に工場労働者やトラック運転手の間で評判のラーメン店に。

そのあと、ほかの場所にも店舗ができ、その弟子によってもその味が広がっていきました。

家系ラーメンの特徴

家系ラーメンの特徴は、

・濃厚な豚骨醤油ベースのスープ

・太いストレート麺

・トッピングはのり、チャーシュー、ホウレンソウ、白ネギ

があげられます。濃厚なスープにひたして食べるのりは絶品ですよね!

太る〜とは思いつつも、ご飯は外せません笑

名前の由来

ところで「家系」は、”かけいでも”やけい”でもなく、「いえけい」と呼ばれていますね。

それはどうしてなのでしょう?

「○○家」系列のラーメンだから「家系」だということはわかりますが、読み方の由来ははっきりしません。

本来であれば、「○○家=○○や」と読むのですから、「やけい」と呼ぶのが正しいような気もしますが、「やけいラーメン」と耳で聞いたらきっと「夜景ラーメン」をイメージし紛らわしいため、「いえけい」と呼ぶようになったんだとか。

スポンサーリンク

早速、食べてみた

今回、訪問したのは所沢駅すぐの大和家さんです。

ノーマルのラーメンを頼んで、出てきたのは海苔、うずら、ほうれん草、ネギ、チャーシューの乗った家系ラーメンとしてはスタンダードなトッピングですね。

さて、肝心のお味の方は…

うん、家系特有のご飯が欲しくなるお味です。個人的に家系ラーメンの中でも、クリーミーさが大分強い部類かなと感じました。

麺も王道な中太麺。しっかりと濃厚なスープを絡めたってきてくれます。

ランチタイムに関しては、ライスが無料なのも嬉しい所。次回使えるトッピング無料券も戴けました。

所沢駅と本場横浜からは大分離れた所で営業されていますが、本場にも負けない大満足なお味でした。

御馳走さまでした!

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました