【食べてみた】天下一品:こってりラーメン

お店紹介
スポンサーリンク

こんにちは!ラーメン大好きとりてんです。今回もお気に入りのラーメンチェーンのご紹介です。

今回は天下一品です。天下一品も濃いスープ・ドロドロのスープが特徴的なラーメン屋さんですよね。

家系ラーメンと同じく、天下一品との出会いもまた、最初は良い印象ではありませんでした。

濃厚ドロドロなスープは、液体?かとそこから疑問に思うような半液体状のスープに驚かされたものです。

今回はそんな天下一品のこってりラーメンを食べてきましたので、ご紹介致します。

スポンサーリンク

天下一品のラーメン

天下一品のあのドロドロって、どの系統にも属さないものだと思っていました。でも、京都ラーメンとしてご当地ラーメンとなっているようですね。

天下一品誕生秘話

大阪万博が開かれた翌年、昭和46年(1971年)、京都で一人の男がラーメンの屋台を引きはじめた。
それまで15年間勤めていた会社が倒産。
持ち金3万7千円、拾い集めた廃材を板金職人の友人に組み立ててもらってのゼロからのスタートだった。
現在、天下一品グループ5社を率いる木村勉会長、36歳の時である。

初日の売り上げは11杯。
当時の一般 サラリーマン並みの収入を得るには1日100杯を売り切らなければならない。

仕入れのための現金が底をつき、屋台の縄張りをめぐってのいやがらせが毎晩のように続く。

包帯を巻きながら、黙々と麺をさばく頭の中は、「どうしたら、お客さんにもっと来てもらえるような味を作れるんやろ。」という思いでいっぱいだった。

「これなら自分でもできるんとちがうか」とはじめた屋台のラーメンだったが、実際やってみるとたいへん奥が深かった。

屋台仲間のおじいさんから教わった基本のスープは、どこの屋台でもある醤油味のスープ。

「この味ではわざわざ来てもらえない」

屋台を引きながら、いろんな材料で「これもアカン、あれもアカン」と毎日四苦八苦しながら、やっと納得のいく味にたどり着く。
屋台を引きはじめてから4年目、天下一品秘伝のスープの誕生である。

「このコクは、何と何入れたから出るというもんでもないんです。」
鶏がらなどの食材を、じっくりと炊き出すなどしてつくるスープは、口当たりは”こってり”ながらも、後味は驚くほどすっきりしている。

「お客様を待たせてはいけない。
しかし、お客様に待たれる店でなければならない。
“正しい努力”を重ねれば、必ず、”お客様に待たれる店”になる。」
あれから40余年、木村会長はあらためて言い切った。

天下一品 -鶏ガラベースのこってりラーメンが自慢!-
こってりスープが自慢の天下一品のこだわりや誕生秘話のページです。

早速、食べてみた

早速、天下一品のラーメンを食べてきました。選んだのはもちろん、こってりラーメン。天下一品のスープには何種類かあります。定番のこってり、それに加えてあっさり。裏メニューとして、こっさりなんていうものもあります。僕はまだ未体験ですが、味がさねというものもあったり、今回訪問したお店では屋台味なるものもありました。

定番のこってり・あっさり以外は店舗によって違うようなので、それもたま同じチェーン店であるのに色々な店舗に行ってみる楽しみでもありますね。

そして、肝心のお味の方は…

細麺ながらも、濃厚ドロドロなスープなので麺とスープがしっかりと絡んで大変美味でした。

これも独特なスープだからこそ、最初は抵抗がある方もいるかもしれません。ただ、何度が食べているうちにこれもハマってしまうのです!

そして、こってりラーメンのお供にオススメなのは明太子ご飯か炒飯です。濃厚なスープの味にお供のご飯も進みます。

ただ、今回は期間限定商品の麻婆ライスを頼んでみました。

麻が効いたピリリとした麻婆豆腐で、これまたご飯が進みます。壺で出てくるのも何かお洒落でいいですね!

でも、個人的にはやっぱりラーメンとの相性を考えると、明太ご飯か炒飯がベストかなと思いました。

今回も大変美味しくいただきました。御馳走様です!

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました