【食べてみた】吉野家:月見牛とじ御膳

お店紹介
スポンサーリンク

吉野家初となる“お月見”メニュー『月見牛とじ御膳』が2019年9月5日(木)から期間限定で販売開始されています。

『月見牛とじ御膳』は、吉野家秘伝のたれで煮込んだ牛丼の具に、特製すきやきたれと2つ分の溶き卵をまわしかけて「牛とじ」にし、その上に月に見立てた生卵を追加して仕上げる吉野家初のお月見メニューです。なんと、卵が3つも使われてるらしい。牛丼の具とご飯の量は、牛丼並盛と同量とのことです。

『月見牛とじ御膳』並盛の価格は630円(税別)、カロリー967kcal。

ご飯大盛無料なのも、個人的には嬉しかったです。

スポンサーリンク

吉野家の牛丼、3人に1人が卵を注文してるらしい

ここで吉野家に関する豆知識をひとつ。
牛丼と相性の良い「卵」ですが、吉野家で牛丼を注文する人の3人に1人は卵(半熟卵、ねぎ卵含む)を一緒に注文する傾向にあるそうです。
そこに着目して開発されたのが吉野家初の月見商品『月見牛とじ御膳』とのことです。

僕も
僕も

僕も牛丼×卵の組み合わせは鉄板だと思っていましたが、ここまで人気とは思いませんでした。

早速、食べてみた

卵は別皿で出てきます。卵をといてからかけるも良し。そのまま、乗せてお月見気分を味わうも良しという感じです。

今回は写真のように気分を大事にして、とかずに乗せてみましたが、といてから食べた方が食べやすかったかもしれません笑

肝心のお味の方は…

普段の吉野家の牛丼の味に加え、すき焼きの甘辛いお味がしっかりとついています。これはご飯が進みます。

アツアツのスキレットで提供されるというのもあり、おこげのような感じで少し味や玉子の食感に濃淡ができているのも、個人的にGOOD

ご飯の進むすき焼き味に、大好きな卵がたっぷり。大満足の逸品でした。ごちそう様です!

夜は少し冷えるようになってきた今日この頃。たっぷり卵とすき焼き味で、身も心も温まるこの逸品。ぜひ一度、お試しくださいませ!

月見牛とじ御膳 | 吉野家公式ウェブサイト
月見牛とじ御膳 のメニューページです。サイズ別の金額やカロリー、テイクアウト、セットメニューなど、メニュー情報を掲載しています。

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました