【食べてみた】セブンイレブン:上州地粉のおっきりこみ

食べてみた
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!とりてんです。

最近は急に冷え込んできましたね。そうなると、温かいものが恋しくなってきますよね。今回はそんな季節にぴったりな商品を見つけたので、早速食べてみました。

スポンサーリンク

上州地粉のおっきりこみ

○群馬県内で収穫・製粉された「上州地粉」で作った麺は、つるつる・もちもち した食感と、野菜の旨みの溶け出したつゆとの一体感が特長。

○人参、ごぼう、大根、里芋、ぶなしめじなど 10 品目の具材を使用し、見た目の 彩りと具材の食感が楽しめる仕立て。

○つゆには隠し味に味噌を使用し、野菜の甘味が引き立つ濃厚な味を実現。

○電子レンジで温めるだけで本格的な味わいが楽しめる商品。

○「ひめラボぐんまちゃん」のワンポイントシールを商品パッケージに貼付。

おっきりこみって何?

おっきりこみは、幅の広い生めんを醤油または味噌ベースの汁で煮込んだあたたかい郷土料理です。群馬の一部では、煮ぼうとうとも呼ばれています。野菜やきのこなど、旬の食材も具として入れるのが特徴で栄養たっぷりです。色々な食材の出汁がスープに溶け込んで滋味深い一杯を生み出すのです。うどんやそばとは異なり、麺を下茹でしないのもおっきりこみならではと言えます。

麺を切ったら汁にそのまま投入してクツクツと煮てしまうのです。打ち粉として使用した小麦粉も一緒に鍋に入りますので、とろっとした食感もプラスされて体があたたまります。そのため、かつての群馬県では冬の代表的な食べ物の一つとして作られていました。現在では通年を通して食べられる地域の味です。

ひめラボぐんまちゃん

群馬県産農畜産物のブランド化を考える女子会「ひめラボ」が、女性目線で県産農畜産物の魅力を発信するため、『ひめラボ時間(タイム)』の配信を始めました。
毎月テーマに沿って県産農畜産物の情報を配信していきますので、ぜひご覧ください。

ひめラボ
“ぐんまの食でおいしく楽しく美しく”群馬の食材を女性らしくおしゃれに発信!!群馬県産農畜産物のブランド化を考える女子会「ひめラボ」

官民協働で地域を盛り上げていく活動の一環みたいです。行政主体とはいえ、活動に取り組むメンバーさんは民間で活躍する女性ばかり。女性目線で群馬の魅力を発信しています。

早速、食べてみた

栄養素:タンパク質15.7g、脂質7.3g、炭水化物63.2g

<一日に摂取したい参考栄養量>
成人男女に必要な脂質20~30g

麺類ばかりだと栄養が偏りがちですが、具沢山だからこそ栄養も豊富なのは良い所ですよね。

蓋を開けると、ほうれん草・大根・ニンジン・白菜・長ネギ・しめじ・油揚げなど具材がたくさん。
しかもどれも群馬で摂れる野菜がたっぷり10種類使われています。

野菜をたくさん摂れるので健康的です。
野菜はしっかりと煮込まれていて、汁の味が野菜の芯までしみこんでいます。

スープは醤油ベースに隠し味の味噌の味・たっぷりの具材でとてもポカポカするスープです。

麺は山梨名物ほうとうとそっくりです。もちもちツルツルで極太の麺はしっかりと汁と絡みます。

生麺から具材と一緒に煮込んでいるからこそ、汁にとろみもつき、しっかりと馴染んでいるのですね。

群馬に根付き愛されている、おっきりこみ。たくさんの具材に身体がとてもポカポカした感じになる逸品でした。

というわけで、本日も大変美味しくいただきました。御馳走様でした!

ブログランキング参加中!
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました